三重県の情報を発信している三重テレビの取材を受けた

ある日キャットシッターで使っている電話に知らない着信が。

でられなかったのでかけ直すと・・・

 

けぃ「お電話いただきましたキャットシッターねこのてのけぃです。」

「お電話ありがとうございます。・・・と言ってもお仕事じゃないんですけど・・・。」

けぃ「はい。どうされましたか?」

「わたくし三重テレビのWと申します。キャットシッターのホームページを拝見させていただいてお電話させていただきました。」

 

ふぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!(心の叫び)

 

電話口では冷静を装ってますがかなり興奮。

 

Wさん「ホームページを見るとキャットシッターという猫専門のペットシッターをされているようですが他に何かされていますか?」

けぃ「他に日中カフェをやっています。」

Wさん「なるほどなるほど。取材に伺ってもよろしいでしょうか?」

けぃ 「もちろんです!」

 

ということで取材をうけることになりました。

 

まずは打ち合わせです。

実際テレビ取材を受ける前にデレクターのWさんと打ち合わせをして内容を決めていくそうです。

 

「キャットシッターとはなんですか?」

「どんなお客様がおみえですか?」

「カフェのお客様はやはり猫好きなお客様がおみえですか?」

などなど。

ついに我が家の猫様でありつつ、カフェの看板猫もカメラデビュー!

 

20170121_035129883_iOSめそ「どやっ」

 

しっかり打ち合わせをしていざ撮影日・・・・

 

当日はお店から撮影とのこと。

Wさん「10時過ぎに行きますね」

とのことでしたがめっちゃ早く到着。(その時間9:30)

来店してくれてた友人やそのほかのお客様が慌てる(笑)

そしてあれよあれよと撮影開始。

私はピンマイクを付けます。

(これってしゃべってるやつ全部取られてるのかな・・・)

 

img_7112.jpgばばーん

 

わーわー。

こういうのテレビでみたことあります。

一気に緊張。

前もってOTONAMIEの取材をしてもいいかと聞いていたので質問されながらもしっかりこちらも質問。

音声さんとカメラマンさんとデレクターさんの3人で進行していってくれます。

けぃ「音声さんの持っている大きな肩さげのものには何が入っているんですか?」

音声さん 「倖せがはいっているんです」

けぃ「素敵」

結局何が入っているのかは教えてもらうことはできませんでした。

 

カメラもとても大きなカメラ。

10キロもあるそうです。でかい・・・。

デレクターのWさんの鞄の中には常に新しい替えのテープが入っています。

 

20170204_010301122_iOSWさん「いつでもすぐに出せるように準備してます」

 

カメラマンの方がとても猫好きでうちの看板猫を撮ってくださっている時に

Wさん「猫だけでテープ1本とかやめてくださいね・・・」

いいの。いいのよ。うちの子をたくさん撮ってあげてください!!!(嘆願)

 

20170204_052332596_iOS

 

ディレクターさんとの対談風も撮影しました。

質問をされるのですが、何を質問されていたのか忘れてしまうくらいど緊張・・・。

移動中の車の中も助手席からデレクターのWさんに撮影されたり、とにかく撮影。ばんばん撮ります。

 

お店から移動してキャットシッターの風景も撮ってくださいました。

 

20170204_072647541_iOS人懐っこいピートくんとムギちゃん

 

こういう感じのを撮りますとか、ああいった感じで撮りますとか・・・。

猫さんは気まぐれなのでご希望のものが撮れないかもしれませんとお話していましたがこちらの猫さんはとても上手に撮影に協力してくださいました。

 

20170204_073036295_iOS「おやすい御用ですよ」

 

お客様の声もしっかり撮影してくださったりして無事終了。

8時間ほどの撮影でした。

いつも三重県に密着しいろいろな情報を発信している三重テレビの裏側はこんな感じでした。

発信するための情報を探すところからかなり大変なお仕事だなといろいろなお話をさせていただいて改めて感じました。

 

ちなみに・・・

2月24日(金)18:00~19:15

三重テレビ「とってもワクドキ」

の中で放送されることになりましたのでよかったらご覧ください。

あまからすで食べ過ぎて、ヨットハーバーを散歩したら、幼き日の自分に出会った。

皆様、無性にチャーハンが食べたい時ってありませんか?
わたしの場合、チャーハン衝動が疼くのは、お昼が多いです。

じゃあ、どこそこのラーメン屋に行ってチャーハンを食べよう!となってラーメン屋に行くのですが、

  1. メニューを見る。
  2. 「ラーメンとチャーハンは食べ過ぎかな・・・。」と思う。
  3. まわりのお客さんがラーメンを美味しそうに食べている。
  4. まわりのお客さんから「あいつ、ラーメン屋にきてチャーハンだけ食べてる。変なヤツだな。」って思われないか心配になる。
  5. 結果「あっ、チャーシュー麺ください!」となる、意思弱めの私。

なのでラーメン屋以外で、誘惑が少なく、迷うことなく堂々とチャーハンが食べられるお店を探していました。

そうだ!
以前から気になっていた “あまからす” というお店が、津市港町の青果市場の敷地内にある。

いつも昼飯をパクパクとたくさん食べまくっている知り合い情報によると
「あそこでチャーハン食べた。量が多かったなぁー。」
とのこと。

ネットでしらべたら・・・
・挑戦してきた!
・無理だと思う
・超ヤバイ!
などの情報が。

0218sonIMG_0901

着きました!
気になる外観。

0218sonIMG_0909

ちょっとアジアを感じる店内。なんでだろ。
ちなみに写真の右下に写り込んでいる水は、鈴鹿山麓の湧き水で、たまに四日市追分の湧き水らしい。(以前OTONAMIEサバト記者が取材した四日市追分の湧き水の記事はこちら。)

0218sonIMG_0902 0218sonIMG_0905 0218sonIMG_0907

す、すごいレパートリー。しかも、全て鶏料理。
あぁ、選択できない・・・。
あれ、私は何を食べたかったのだっけ!?

0218sonIMG_0906

ラーメン・・・、じゃなくてチャーハン。
定番っぽいのを注文。

0218sonIMG_0910

で、でかい!
タバコの箱が9cmなので、タバコ4箱分(36cm)はありそう。

0218sonIMG_0913

子どもの顔×2くらいのでかさ。
ご飯はデフォルトで約400g。ざっとお茶碗2杯分。
さらに、大きめのからあげが、3味×3個=9個。
からあげどーん!ですね。

色んな味でおいしい!
そして、味付けが3つあるので、
「飽きがこなくて完食、イケるかも」と一瞬思った。

しかーし、息子とシェアするもギブアップ。
嫁もギブアップ。
優しい店員さんがお持ち帰り用のパックと袋をくれた。

0218sonIMG_0914

今晩は、このからあげで、からあげ丼(からあげ丼の過去記事はこちら)を作ってみよう!

 


 

少し食べ過ぎたので、あまからすからクルマで5分くらいのところにある津の海、ヨットハーバーがある阿漕浦を散歩。

0218sonIMG_0924

地元の穏やかな海はほっこりする。
冬だけど、あたたかい日差しが心地いい。

0218sonIMG_0937

0218sonIMG_0950

そのむかし、日本三大港だった津。
津という漢字は、港という意味だそう。

reIMG_0920

平成33年に行われる三重とこわか国体のセーリング会場に内定した、津ヨットハーバー。その為に取り壊された、津市交通公園(過去記事はこちら)。

reIMG_0932

津市に育った人なら、自転車の練習をした方も多い、なつかしい場所。正直ちょっとさみしいけど、でも、もっと魅力的な場所になるなら嬉しい。

0218sonIMG_0962

この壁ってこんなに低かったかな!?
幼い時に父に連れてきてもらって、飛び下りるのが恐かった記憶。
息子も幼き日の私同様「とーちゃん、恐い。」と、言った。

re0218sonIMG_0959

微力ながら、生まれ育ててもらった穏やかな津の海の魅力を、これからちょっとずつでも発信できたらと思う。

 


 

あまからす
三重県津市港町18−15
059-253-7670

 

 

身体が喜ぶカフェ@cafe green

どうしても寒くて外に出るのが億劫になってしまうこの季節…動かないならせめて身体にいいランチを食べに行こうという事で半年くらい前にオープンしたcafe greenに行ってきました。

私の周りにいる、素敵なotona女子が最近FacebookやInstagramで投稿していたcafe greenがとても気にはなっていたんです。

▲レモネード

どうしても行ってみたかったのが、このレモネードの写真をみたから!はい!レモネード大好き♡このレモネードが飲みたくて行ったのに、注文したのは黒豆珈琲(笑)だって、雪がチラつくすっごく寒い日だったんですもん!


オーナーさんは、2人の子どもをもつママさん!子どもの事を考えて身体に優しいものをお客様に提供しているのかな?と勝手に想像したりなんかしながら黒豆珈琲を堪能♩

お客様が帰られたタイミングで、厚かましく色々とお話しを聞いてみました♩

お店のこだわりは、自分の目で見て厳選したお野菜達。安心、安全な物にこだわりランチにしているという事や私が心惹かれたレモネードやシフォンケーキもオーナーの手作りという事、気さくに色々お話しを聞かせて下さいました。

なんでもcafeをするのは、自分の夢ではあったものの、まだ先かなと思っていたので、あれよあれよと話しが進み、ぼんやりとした中でcafeをオープンさせたという事で、最後に真剣な表情で、これからcafeをしたいなという人は、計画を立てることが大事!と力を込めて言っていたのがとても印象的でした♩

お料理やドリンクはもちろんですが、オーナーさんとお喋りするのも楽しいcafeですよ♡
そうそう店内も素敵な雰囲気でした♩



cafe green

住所 鈴鹿市庄野共進2-6-1
電話08045351169
https://m.facebook.com/cafegreen77/?locale2=ja_JP

海老フライ!?ヒレカツ!?刺し身!?焼きそば!?「ますや食堂」の定食が大ボリューム過ぎる件!@志摩市

物心ついた頃から志摩市阿児町鵜方の中心にある老舗食堂のますや食堂。なかなか行く機会がなかったのですがますや食堂の定食が大ボリューム過ぎるとの噂を聞いたので行ってきました!

到着しました。こちらがますや食堂!旅館と併設されています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてこちらが店内!写真では一部しか映っていませんがテーブルと座敷席をあわせて20人ほどは座れるようになっています。ちなみに私が食べに行ったときは満席でした。
89581

そしてこちらがますや食堂のメニュー!手元にメニュー表はなくカウンター上のメニューを見ながら注文します。
今回は周りのかたのほとんどが注文していた焼きそば定食(850円)を注文!
IMG_3913 (1)

混んでいる時間帯にもかかわらず注文すると10分ほどで出てきました!こちらが噂の焼きそば定食!
聞いていた通りの大ボリュームです!
IMG_3903

それでは1品ずつご紹介していきます。

こちらがメインの塩焼きそば!こちらますや食堂の焼きそばはソースではなく塩味となっています。さらにキャベツ、豚肉以外に人参、ピーマン、かまぼこと具だくさん!
IMG_3904

そしてこちらがお刺身!この日はハマチでした。※こちらは日替わりのため日によって違うおかずになるとのことです。
IMG_3905

え!?これも!?と思う方もいるかと思いますがそうです!なんと海老フライヒレカツも付いてくるんです!
IMG_3907

定番の冷奴も付いてきます!※こちらは日替わりのため日によって違うおかずになるとのことです。
IMG_3908 (3)

さらにさらにお味噌汁も付いてきます!
IMG_3910 (4)

ライス、焼きそば、海老フライ、ヒレカツ、お刺身、冷奴、漬物、お味噌汁と至れり尽くせりです。これが850円で食べれるなんて驚きです!
さらになんと食後にコーヒーまで付いてきます

そしてこちらの塩焼きそばですが途中でソースをかけてソース焼きそば風にしてもおいしく頂けます。
IMG_3912

三重県内のいろいろな定食屋に行っていますがますや食堂ほどのボリュームの定食はなかなかないかと思います。志摩市へ来て安くお腹いっぱいに食べたければここますや食堂で決まりです!

・店舗情報
店舗名:ますや食堂
住所:三重県志摩市阿児町鵜方2404-3
電話番号:0599-43-0146
営業時間:11:00~14:00
WEBページ:http://www.at-ml.jp/71254/昼メニュー/
駐車場:有り


SHIMAZINE-海老フライ!?ヒレカツ!?刺し身!?焼きそば!?「ますや食堂」の定食が大ボリューム過ぎる件!

食べる離島答志島 Vol.2 六地蔵というシュールな名前にじゎる。桃こまちというブランド牡蠣に唸る。

今日も離島からGood Day!OTONAMIE代表のむらやーまです。
OTONAMIEのともーこさんのマネをして、私も外国人風の呼び名にしてみました。

そんなことはさておき皆様、焼いても煮ても縮まない牡蠣ってご存知ですか?

0215sonDSC_0101

そう、三重県の離島答志島の桃取地区で生産されているブランド牡蠣 “桃こまち” です。

個人的に牡蠣が好きで、三重県各地の牡蠣を食べまくっている私としては「これは食べるしかない!」と思い、答志島の海女小屋に行きました。
するとそこには思わぬ魅力がいっぱい。

0215sonIMG_9578

島に到着。
海女小屋に行く前に、漁港見学。
答志島の答志漁港は、一般の方でも受付をすれば見学ができます。

0215sonIMG_9575 0215sonIMG_9581 0215sonIMG_9582 0215sonIMG_9583

ギョ・ギョ・ギョ。
お魚いっぱーい!
さすが三重県屈指の漁場を誇る答志島ですね。

0215sonDSC_0107 0215sonDSC_0106

そして海女小屋へ。

0215sonDSC_0137

リアル海女さんに牡蠣を焼いてもらうという、なんとも贅沢なオトナの時間。

0215sonDSC_0118

あぁー、ぷるんっぷるん。旨みしかない!
生きているなぁー!私も地球も、そしてあなたも。

wakameDSC_0105
わかめのしゃぶしゃぶ
0215sonDSC_0099
牡蠣以外も海の幸がいっぱい!
0215sonDSC_0098
鯛まである
0215sonDSC_0146
あぁもぅ、貝のパラダイス銀河♪
0215sonDSC_0138
ひもーの!Yeah!

あー、海の幸を食べまくっておなかいっぱい。

0215sonDSC_0569
はまうの濱口さん

答志島のお好み焼き屋、はまうの濱口さんと鳥羽市の風太さんにガイドして頂きながら少し散策。

0215sonDSC_0391

シンプルなガソリンスタンドをパシャリ。

0215sonDSC_0379

急勾配で細い路地。
どこか懐かしい風景。

0215sonDSC_0369歩いていると、生活の音が耳に入ってくる。
なんだかホッとする。

0215sonDSC_0373

答志島の至るところに書いてある、マル八。

八幡祭っていう伝統行事で墨を奪い合って、その墨で書くとのこと。

0215sonDSC_0400

イスが6脚(正確には7脚)。
なんだか不思議だなーと眺めていると、
「以前あのイスの上の壁に “六地蔵” ってお札があったんですよ。」
と濱口さんが教えてくれた。
イスには、島のおじいさんが日なたぼっこのために座っていて、島の知恵袋的な存在だっとという。

0217OTONA_thumb-02
※イメージです。

それにしても “六地蔵” ってネーミング・・・。シュール(笑)

六地蔵付近で日なたぼっこをされていた、おばあさんにお話しを伺ったところ、朝から昼過ぎまで海を眺めながら、日向ぼっこをされているとのこと。

濱口さん「海が大好きなんですよ。島の人は。」
スローライフという言葉が頭に浮かんだ。
何をするわけでもなく、海を眺めながらおしゃべりしたり、お茶飲んだり。
何かしなくては、と毎日バタバタ生きている自分。
なんでだろう。少し自分が哀れな気持ちになってきた。

0215sonDSC_0319

太陽が燦々。
美しい海と島、そして通り過ぎていく漁船。パシャリ。
自分という小さな存在。そう感じた。
そして自分がなぜ、漁村や離島に惹かれるのか。何となく気が付いた。


 

散策を続けていたら島のおばあちゃんに出会った。
私「いま答志島を取材で周っていまして、島の方にいろいろとお話を・・・。」
と言いかけると、島のおばあちゃんが被せ気味に
おばあちゃん「兄ちゃん、わたしらの写真撮ってってー!」

0215sonDSC_0342

取材に同行していた鳥羽市の風太さんが、首から下げていたネームプレートを見たおばあちゃんが、

おばあちゃん「あんた風太って名前かぁ。ええ名前やなぁ。私も次に子ども産んだら、風太って名前にするわ。ガハハ。」

おばあちゃん、オモロすぎ!
なんだろう。楽しい!うれしい!
毎日生活をしていて、こんなにオープンマインドな方に会うことって、そうない。ココロとココロの距離が近い感じ。


 

「海苔の工場があるから、行ってみますか?」
濱口さんに案内され、海苔工場へ。

0215sonDSC_0494

0215sonDSC_0497 以前、答志島には中小合わせて数軒の海苔工場があったという。

0215sonDSC_0479

しかし、すべての海苔工場を閉鎖して、一つの大きな海苔工場を共同組合で作ったと濱口さんに教えていただいた。

0215sonDSC_0490

私「えっ。でもそんなことしたら、本来利益が多かった方とそうでない方の儲けのバランスってどうなるのですか?利益が多かった方が損するじゃないですか・・・。」

0215sonDSC_0499

濱口さん「島全体のことを、みなさん考えているんです。だからそういった問題(損をするなど)は乗り越えられるんです。」

0215sonDSC_0331

わかった。
自分がなぜ、漁村や離島に惹かれるのか。
それは、離島や漁村という限られた範囲のコミュニティで暮らすって、自分のためだけに生きていては成り立たないのだ。

“人のために生きる”
言葉にするのは簡単。でも行動に移すのは・・・。
現状に不満があるわけじゃないけど、少なくとも今の私の毎日でそんな言葉を発したら
「いいヤツぶりやがって、あやしいヤツだ。」ってコトになりそう。
でも、この島には自然とそういう生き方が根付いているように感じた。

reDSC_0351

セカセカしていない暮らし。
ギスギスしていない人間。

忙しいのはイイことだと、よく言われる。
でも、本当に忙し過ぎるとき、忙しいとは小さな病のようなモノだと感じた。忙しいと失うモノも多々ある。

少し自分の中で整理したい、リセットしたいとき、またフラっと島に行きたいと思った。

reDSC_0375

津から1時間チョットで行ける離島、答志島。

最後まで濱口さんにお見送りしていただいた。
バイバ—イって、姿が見えなくなるまで。

0215sonDSC_0583

あ た た か い 。

 


 

【取材協力】
海女小屋:島の旅社(0599-37-3339)
ガイド:はまう濱口さん(0599-37-2016)

 

2017年2月松阪市初のオーダースーツサロンがオープン!!!

 

ついに

ついに…

ついに!!

松阪市初のオーダースーツサロンのsuitstyleがオープンいたしました!!!

 

2017-2-4-27

お店の撮影を私させていただきました♫

 

サロン経営者M氏のご紹介。

【出身】

伊勢市

【経歴】

大手アパレルショップの接客業として、長年働く。

その後飲食店へ渡りたくさんのお客様を笑顔にするエンターテイナー、そして誰よりも強いビジョンを持ち常に前進してきたが、服への思いが再び強くなり、松阪初のオーダースーツサロンを開くことを決意する。

【コンセプト】

あなただけをモットーにこだわりの一着をご提案します。

 

店内は白と黒を基調としていて清潔感があり、【大人】【高級感】という言葉が似合うインテリアになっています。

2017-2-4-32

 

ぜひあなただけのオーダースーツを探しに行ってみてはいかがでしょうか(*^o^*)


 

suitstyle

TEL:0598-67-9253

三重県松阪市中央町384−1 OZビルシエテ1F

2017-2-4-10


 

 

6年ぶりの新作リリース!LOCAL PRIDEを貫くUPANISADに迫る!のお話。

鈴鹿市を拠点に活動するミクスチャーバンド【UPANISAD】が2017年3月29日に1st mini albumを全国リリースする事が決定!
今回、VoのSATTA氏にインタビューを決行。
CDの事はもちろん、これまでの活動から今後の未来の話までお話をお伺いしました。IMG_1345PROFILE
<左から Dr/KEN Vo/SATTA Gt/SINZI Ba/KG>
ミクスチャーとしての本来の意味合いを常に意識しながら枠に囚われず様々なジャンルのバンドと共演し、変幻自在の固定観念を壊した中毒性の高い”HELLPOP”を武器に活動中。
毎年12月に行う自主企画 “FACE TO FACE”を13年間継続して開催し、地元三重に感謝とリスペクトを持ちながら県外でもライブを行う。


6年ぶりのリリースとなりますが、UPANISADにとってこの6年間はどんな6年間でしたが?
この6年の間にメンバーの生活環境は結婚だったり家族が増えたりで大きく変わりました。
そんな中でも、自分達でペースを決めてひたすらライブをやってきた日々でした。
ぶれることなく続けてきたので、その点については自信になってます。
また、自分たちの地元である鈴鹿にANSWER(ライブハウス)が出来た事はとても大きな出来事でした。それまではホームと呼べるライブハウスがなかったので企画も年1~2回程度でしたが、今では様々な内容で積極的にイベントも行っています。IMG_1349

地元でのイベントが増えたことによる変化は感じていますか?
より地元に密着したやり方を考えるようになりましたね。
そのためにはまず知ってもらう必要があるし、僕らはその手段は選ばずやってきました。
SNSもその一つだと。発信しないと何も始まらないので。そこには何のプライドもありません。
あとは、若い子達のやっているバンドにも積極的に声をかけるようになりました。自分達の事だけでなく先輩として、周りのシーンの事なんかも考えながら行動するようになりました。それは僕らが先輩バンドにしてもらってきた事でもあるので、今度は自分達の番だと感じています。IMG_1346

そんな濃厚な6年間を経て、作成された今回のアルバムですが、曲作りはどのように行っているのでしょうか?
曲自体の主は僕としんちゃん(Gt)がメインなんですが、それぞれがパーツを持ち寄って作る感じですね。
うちはボツ曲というのはなくて、作り出したものはとことん練りに練って形にしていく感じです。もうバンドを始めて18年経ちますが、ずっとこんな感じで作り続けてきました。歌詞に関しては僕が書いています。UPANISAD

前作から歌詞についての意識の変化などはありましたが?
若かった時は、近い将来や社会への不満など抽象的なものが多かったのですが、今はより身近で具体的なものにシフトチェンジしてますね。
良いか悪いかは別としてより伝えたいことをストレートに書いている事でより信憑性は上がっているのかなと。今回の作品も仲間の事や地元の事、さらにはラブソング的なものまで幅は広がってきてますね。imageLTBS24JA

今回は仲間でもありライバルでもある盟友「at Anytime」が運営する「BLACK JACK RECORDS」からのリリースとなりますが、どういった経緯でリリースが決まったのでしょうか?
at Anytimeとは10年以上前から常に三重のシーンの最前線で鎬を削ってきた大切な仲間です。そんな彼らのために僕らが出来ることをやりたいと思って今回のリリースを僕らからお願いしました。仲間だけど馴れ合いなんて一切ないし、よりお互いの強さを増すためにこの形を選びました。image

そんな想いが詰まって完成した今作ですが率直な作品としての感想はいかがですか?
予測不能なミクスチャーサウンドって部分もありつつ、レゲエチックな曲やメロディックな曲など一曲一曲のカラーがバラバラなので、様々なジャンルにフィットする作品になったと思います。昔よりはだいぶ聞きやすくなったなと。笑
より研ぎ澄まされた作品になったと思います。

 

リリース発表後一発目のライブが自主企画「LOCAL PRIDE DESTINATION」となりますが、このイベントを始めたキッカケは?
単純に悔しかったからですね。三重には強固なアンダーグランドシーンがあって、そのシーンへの羨ましさが正直ありました。対バン等で同じステージに立つことはあっても実際認めてもらえていないような気がして。だったら、そのシーンの一番かっこいいバンドを呼んで自分達を見せつけて、どこのシーンでライブをしても戦える事を証明したいというのがキッカケですね。
あとは、若いお客さんやバンドマンにも地元のアンダーグランドシーンを知ってもらうって部分も大きな要因です。imageA4I3RFYI

今回で4回目ですが、実際回を重ねる毎の実感はありますか?
浸透してきていると実感しています。
お客さんは「ウパのイベントだから!」と知らないバンドがいても僕らを信じて遊びに来てくれる。逆に他のバンドマンから「次回は出たい!」と言ってもらえたり、一つの目標にしてもらったりもしていて嬉しい限りです。
やっぱりイベントはこういうのの積み重ねだと思うし、知る機会・知ってもらう機会をお客さんもバンドも欲していると思うので続けていきたいと思っています。IMG_1350

まさに2017年はUPANISADにとって大きなターニングポイントになると思うのですが、どんな1年にしたいですが?
2017年は確かに僕らにとっても大切な1年になるとは思うけど、だからといって何も変わらないと思います。これまでも一貫して現場主義を貫いてきたし、今後もライブが一番なバンドでありたいですね。
どんな変化にも臨機応変に対応してきたし、何より続けてきたからこそ今がある。
変に気負うことなく、UPANISADを続けていきたいと思います。
CDのリリース・イベントと期待してもらっていいので是非出会ってほしいです。UPANISAD


リリース情報
UPANISAD 1st mini album
“MAVERICK ATTITUDE”
2017/03/29 release!!!!IMG_13441. Our popular is…
2. R.I.P
3. Mr.SELLOUT
4. Wannabe
5. 30seconds, 30generation
6. SCREAMING MYSELF (smoky remix)
7. Under the moonlight
8. FAITH OF LOCAL
品番:BJR-06
価格:¥1,500 + 税
流通 : ジャパンミュージックシステム
レーベル : BLACK JACK RECORDS


イベント情報
UPANISAD presents
FACE TO FACE SPECIAL
“LOCAL PRIDE DESTINATION 2017″1483404838OPEN 14:00/ START 14:30
ADV ¥2000 / DOOR ¥2500
■BAND
DADA M REBORN
FRANTIC ABERRATION
free charge
Helix
ISOLA
LAST WAR
pleasure and the pain
POVLACION
SLAPDOWN
ZAY
UPANISAD
■FOOD
FUNKYFRANKY
■SHOP
SNOT


その他のLive schedule
2017.3.25(sat) at 鈴鹿ANSWER

official web
https://upanisad.jimdo.com/

幸せランチのボリューム!色々食べたい欲張りさん向き☆@陶陶 タウタウ

なんと‼️………遂に‼️

プリンセスシンデレラ(略して通称プリシン)
初のグルメコンサルタント・デビューです‼️

\(^o^)/

今日のレビューはビッグニュースだよーーー‼️
❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤

e0292546_22340133.jpg
みんな〜伊勢にある中華レストランの【陶陶 タウタウ】さんって知ってる?

e0292546_22340177.jpg
何十年も前から営業していますが、大元はどこの経営か知ってる?

e0292546_22340220.jpg
知らない人は聞いたらびっくりしちゃうわよ〜ん❤

何と!日本中で知られている【赤福】さんが経営しているお店なんですよ。

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

e0292546_22340329.jpg
2年程前から私のブログをご覧になってチェックしていらしたそうで今回、白羽の矢が当たる事に…。

「プリンセスシンデレラさんに来てもらって辛口でいいので、今の陶陶の率直な意見を聞かせて欲しい」とのご依頼がありました。

えええええーー‼️((((;゚Д゚)))))))
私なんかでいいんですかっっ⁉️(大汗)

今でこそ、これから新規開店するお店にはブログで紹介して欲しいとプレオープンにご招待されるようになって来ましたが…天下の赤福系列のお店からの正式オファーだなんて…すご過ぎる‼️

大丈夫かー⁉️プリシンーーー‼️
(みんなの脳裏をよぎった声がここまで聞こえるわ)

e0292546_23044801.jpg
でも実は、ずーっとやってみたかったの。
お店のコンサルって。(((o(*゚▽゚*)o)))♡

だって私には、壮大なる夢があってね。
笑わないで聞いてくれる?

昔から三重県は【美し国】っていうでしょ?
日本一の神様がいる伊勢はその中でも特別な地域でしょう。

その【美し国】三重県に住むプリンセスが食いしん坊のシンデレラっていうわけ。
勝手にプリンセスだなんて名乗っている私も相当図々しいけどね。
(≧∇≦)

世界一美味しい松阪肉と海の幸が豊富な三重県を銀座じゃなく、日本中で1番のグルメ大国にしたいっていう果てしない夢がね、あるの。

ブログを始めて4年半で1300軒以上自腹で食べ歩いていますから、私で少しでもお役に立てる事が出来るなら…

という気持ちで迎えた今日。
ランチの時間にお伺いしました。

店内、広いんですね〜!(((o(*゚▽゚*)o)))♡

津の【陶陶】さんには行った事ありますが、伊勢店は始めてです。

メニューはどれ、どれ〜?

e0292546_23112738.jpg
 

e0292546_23112848.jpg
 

e0292546_23112913.jpg
 

e0292546_23112946.jpg
 

e0292546_23113034.jpg
写真付きで分かりやすいですね。

e0292546_23195457.jpg
12時までの限定10食(土日祭日20食)の幸せランチ1000円(税別)にしました。

e0292546_23195580.jpg
前菜の盛り合わせ、彩りも綺麗で普通に美味しいです。

e0292546_23325017.jpg
幸せランチのボリュームは盛りだくさん!

e0292546_23325034.jpg
海老チリ、海老マヨ、肉団子、春巻き、唐揚げ。

e0292546_23325183.jpg
ミニサラダと辛くない麻婆豆腐。

e0292546_23325123.jpg
ミニラーメン付きで1000円。

e0292546_23325233.jpg
シンデレラみたいな色々食べたい欲張りさん向きです。

e0292546_23581572.jpg
他のランチメニューはこんな感じです。

e0292546_23581645.jpg
全部、彩りは綺麗でしょう?
担々麺も美味しそうです。

e0292546_23581641.jpg
 

e0292546_23581736.jpg
 

e0292546_23581802.jpg
 

e0292546_23581967.jpg
炒飯も点心も美味しそうですね。

e0292546_23581942.jpg
 

e0292546_23582025.jpg
私の幸せランチの味は…うーむ。σ(^_^;)
普通です。普通過ぎる。

普通に美味しいです。全然不味くはないの。

…が…リピートしたいか?と聞かれたら、なんの印象も残らないので、別にもう来なくてもいいレベルです。

だって、他に中華の美味しいお店って三重県内にいくらでもあるもんね。

県内の中華ランキング10位までのお店は全て回ってみないといけませんね。

辛口でいいと言われていながらも、本当に遠慮なしに正直に言い過ぎて…すみませんっっ!

e0292546_00154206.jpg
プリンセスをイメージして作りましたとサービスして頂いたノンアルコールのカクテルとコーヒーも特別にサービスで頂けました。

e0292546_00154329.jpg
ごめんね。みんなは行っても、これらは付きません。

1年以上前からお昼のバイキングも辞めています。

たくさん食べさせればいいというより、高級感を取り戻したいとの考えから…との事。

そうでしたか。でも、それでいいと思います。
中華は熱々を食べさせるのが基本ですもんね。

じゃあ、味の改良はこれからですよね。
みんながイナバウアーする位、これから絶品の一品を考えて行きましょう!
ここでしか食べられない物を!

伊勢に来たら絶対に【陶陶】さんに寄って食べて帰らなくちゃ伊勢に来た意味がない!と言われる程の目玉商品を作り出しましょうよ。

だって観光客が来たら必ず【赤福】さんには寄るでしょう?

駐車場もたくさんあります。
接客態度も親切丁寧でいい感じなんですよ。
集客の仕方の問題もあるのか、もったいないです。

今回、料理写真がないHPの改善から、味の改良、インテリア、器、レイアウト、イベントの告知の仕方、メディア戦略、色々な事をお話ししました。

今日は、まだまだ初回の訪問です。

プリシンがコンサルに加わったらこんなに変わったよ!
と言われるお店作りに、これから私も微力ながら力になれれば!
継続して【陶陶】さんに通いたいと思います。

三重県内のお店は三重県民、みんなで盛り上げていきたいです。

みんなもこれからの【陶陶】さんに、ぜひ、ぜひ、行ってみてね!

\(^o^)/


陶陶 (タウタウ) 伊勢店

住所:〒 516-0043 三重県伊勢市 藤里町岩ヶ崎691-1

電話番号:0596-22-1010

営業時間
  Lunch  :11:00~14:30L.O
  Dinner :17:00~21:00L.O
定休日:第2月曜日(祝日の場合は第3月曜に振り変わります)

個室/有り
席数/180席 (大小個室あり) 貸切/可能
駐車場/50台


 

転載元:プリンセスシンデレラBlog

 

寒い冬は温泉でしょ@さるびの温泉

日本人のお風呂好きは、世界的に有名ですよね♩
三重県にも、湯の山温泉を始め何箇所な有名な温泉地がありますが、伊賀地方にも温泉があるんです♪

という事でさるびの温泉に行ってみました。

まだ雪が残る山道を抜けて、さるびの温泉に♩さるびのというだけあって猿がお出迎え。


さるびの温泉の効能はこんな感じ♡


さるびの温泉ではなく大山田温泉という事に、ここで気付く(笑)
いざ温泉に!
内風呂が3つ。露天風呂が2つ。よくわからなかった釜風呂というものもあり。何がよくわからないかというと、釜風呂と書いてあるが、すのこが敷いてあってお湯がない!暖かくもない!サウナでもない!
使い方わからん!(笑)
あっ!源泉掛け流しなお風呂も2つありました。
残念ながら、さすがに温泉の写真は撮れませんでしたが、ヌルヌルのお湯でお肌はツルツル気分♩まだ雪も残り、雪見風呂♡熱くもなくずっと入っていても気持ちいい。

お風呂上がりには、売店へ。伊賀のお酒や三重のいいものなんかもありたくさんの品揃え。

軽食やお食事も充実♩伊賀牛や伊賀豚もリーズナブルに楽しめました。

なんでもさるびのの由来は、三重県が生んだ歴史上の有名人!松尾芭蕉が詠んだ俳句と、昔の地名から来ているらしい。「はつしぐれ さるもこみのを ほしげなリ」ねっ!猿が入ってるでしょ(笑)

津方面から来る163号沿いにこの俳句を詠んだ、芭蕉の碑があるという事なので、歴史の散歩道を通って、温泉に辿り着くのもいいかも知れませんね♩


大山田温泉さるびの
住所 三重県伊賀市上阿波2953
http://www.sarubino.com/


★☆星のソムリエと星空ナイトクルーズ☆★@賢島withこども

新婚旅行に地中海クルーズへ行ったことで、
なんとなくクルーズが好きな私。
(単に飛行機が嫌いで、乗り物の選択肢が少ないだけかもしれない)
船に乗りたくて近場のクルーズを探したら、滋賀県の琵琶湖クルーズがヒットし、
琵琶湖まで行ってきたくらい、たまに船に乗りたくなる私。
しかし、
一番近い三重県のクルーズ船に乗ったことがない!!!

ていうか、
三重県にもクルーズ船あったんだ!!!!!?
(三重県は完全に漁船のイメージ)

ということで、OTONAMIE記者のご縁で、
「あご湾星空ナイトクルーズ」に行って参りました(^^)
o0480065713863274807
20時すぎ、賢島駅付近に車で到着。
真っ暗で、駐車場みつけられるかドキドキしつつ、すぐそばに駐車場を発見!
(港は超駅近ですが、残念ながら桑名からは電車を使うと終電を逃します)
↓煌々と明るい賢島駅。
o0480064013863265440
↓駅前の道を直進
o0480036013863265449

↓すると突き当り右手前にきっぷうりば

o0480036013863265464

↓あご湾定期船のきっぷ販売機

o0480064013863265474

 

 

o0480036013863265484

↓あご湾遊覧・あご湾定期船のリーフレットは外国語対応してます!

o0480064013863265490

↓スタッフの方に案内され港へ・・・
真っ暗闇に浮かび上がるエスペランサ!

o0480064013863265498

↓いよいよ乗船です!
o3648273613863296668
↓中はまるでレストラン!
o0480036013863265541
↓おっと!子連れには見逃せないこんなサービスも。
o0480036013863265508

↓展望デッキへあがると・・・!!!

o0480064013863265512

あぁ、なんだかちょっとこわい(笑)
緑色にライトアップされたデッキをうろうろ・・・
o3648273613863296793
↓改めてご紹介、写真の中をうろうろしているパンダの着ぐるみはうちの子たちです。
o4000300013863304750
この日、2月にしては日差しが暖かく、
あろうことか上着を家に忘れてきたので、急遽西松屋で着ぐるみを買いました(笑)
↓さすがにデッキの上は寒く、待ち時間は中でビデオを見て星座の勉強も。
単調な星座の説明も、なぜか興味津々で見ている子どもたち。
o0480036013863265529

いよいよ出航!
そしてデッキで、星のソムリエ宮本秀明さんの星空観賞会!

 

宮本さんが、レーザーポインタで星空を指しながら、
星座を教えてくださったり、

 

金星はここで、星の色は温度の違いで、、、など、宇宙の神秘のお話も。
ロマンチックな星座のお話にわくわく♡
が、しかーーーーーーーし!!!!
普通のカメラじゃ
星空写りませんwwwwwww
ごめんなさいっっ
でも、本当にたくさんの星が見えましたよ。
半月のお月様の光がそれはもう明るくて、
真っ暗なおだやかな湾の中で、
静かに星を眺めるなんて、贅沢な時間・・・
カップルは寄り添ってロマンチックな星空観賞を楽しんでましたよ~

私たちの現実は、こどもたちが飽きて、「さむいーなかはいろう~」と騒いでいるのを必死でなだめてましたが(苦笑)
乗るまでは船を相当楽しみにしていたのになぁ。。。やっぱそうだよねぇ。

 

星のソムリエ宮本さんを迎えての星空ナイトクルーズは今回が初企画で、
次回は夏休みを予定しているそう。
子ども達って、ほんと乗り物が好き。
パルケエスパーニャ(志摩スペイン村)で遊んで、
星空クルーズを楽しんで、
スペイン村の温泉入って帰る・・・なんて夏の思い出作りにいかがでしょうか?

志摩マリンレジャー
賢島営業所 志摩市阿児町神明752-11
0599-43-1023

暖かく穏やかな雰囲気とコーヒーの香り『NaYA coffee』

「おはようございます」

securedownload (2)

くぐり戸をくぐって入った場所、
そこには明るい声と暖かな空気とコーヒーの香りがあった。

securedownload

小さな納屋を改造して開いたというコーヒーショップは、伊勢ののどかな風景の中にある。

知人に教えてもらい取材させてもらうことになったこのお店は、元の建物にちなんで『NaYA coffee』という。

開店と同時に入店させてもらい、窓際の席に着いた。

空が見え、雲の流れから、外の寒さがわかったが、そこからは光がたっぷり差し込み、

そしてストーブの炎でとても暖かかった。

securedownload (1)

私が席に着いてまもなく、くぐり戸が開き、にこやかにおじさんが入ってきた。
「おはようございます、いらっしゃいませ」
お店の方の声のトーンで、常連さんなのだとすぐにわかった。

私は本日のおすすめのコーヒーの『メキシコ』と欲張ってコーヒーゼリーときび糖のシフォンケーキを頂いた。
本日のコーヒー

securedownload (2)

きび糖のシフォンケーキ

securedownload

「今日も海行ってたんですか?」
「今日はいってないよ」
「そうなんですか、はいどうぞ〜」

常連さんと交わされる他愛ない会話。

securedownload (7)

「やっちゃん」
と呼ばれているこの方はヤスコさん。
このお店を作った方の1人だ。
そんな声を聴きながら一口目のコーヒーを頂いた。

コーヒーに最近目覚めたばかりの私には味を語ることはできないが、好きだ。

最初の程よい苦味、スッキリした後味、こだわりのカップに口をつけた時の口あたり。好きだ。

きび糖の優しい甘さのシフォンケーキ

ゼリーに合うように深入りのコーヒーで作ったゼリー

securedownload (1)

本当にほっこり美味しくて、自然と微笑んでいたことに気づく。

取材をしにきているという事を忘れ、くつろいでいると、かかっていた音楽やコーヒーカップをソーサーに置く音、時計の針の音、豆を選別するシャカシャカとした音が心地よく響いてきた。

securedownload (3)

ぼーっとしていると
「ねーちゃん窓際に座ってると絵になるよ」
と常連さん。
ちょっとカッコつけて足を組んで浸っていた私には嬉しいお言葉。
そう、この空間ではどこを切り取っても絵になるのだ。

securedownload (4)

 

securedownload (5)

 

securedownload (6)

securedownload (8)

securedownload (9)

 

securedownload (10)

このお店を開いたきっかけを聞いた。
ヤスコさんの旦那さんである優樹さん
タバコをやめた事を期にコーヒーに目覚め、どんどんはまり自家焙煎してみる。
そしたら美味しくて、調子に乗ってお店をしてみようとなった。と
そして、コーヒーについて勉強して勉強して今に至ったそうだ。
豆のグレードやこだわり、仕入れや管理など丁寧にゆっくりと話して頂いた。

securedownload (11)

新鮮な豆を焙煎すると油が滲み出て来る。
優樹さんが豆の瓶を開けようとすると
「ポンっ」
と気持ちいい音が響いた。
生きて、呼吸して、ガスが発生しているのだそう。

securedownload (13)

深い。コーヒーは深い。

それを面白みと捉え、お店を開く事にされたこの方々はもっと深いのだろう。

そしてお父さんの行洋さん。
ニコッとされる顔や、気遣いが優しく、お店の雰囲気を柔らかくされている。

3人でつくりあげたお店には手作りもたくさん。

 

テーブルやコースターには屋号であるヤマカの焼印が。おじいちゃんが使っていたものだそう。
味のある色を出す為にオリーブオイルやワトコオイルなど色々塗って試してみたとのこと。深みのある温かみのあるテーブル。お店にしっくりと馴染む。

securedownload (12)

提供する物だけではお店は出来ない。
もちろんコーヒーやお菓子はおいしいのであるが、
なんとも言えない穏やかな雰囲気も一緒に。

開村300年の村に出来た新しい集いの場。今日もコーヒーの香りに誘われて。

 

securedownload (14)

 


 

『NaYA coffee』

〒515-0506 三重県伊勢市植山町 植山町74-5


 

アートと文化をオシャレに愉しむ「ひらのきかく舎」

私がご縁あって通っている「ひらのきかく舎」さんの「文化講座」。

県内外からまぁー本当に著名な方々を講師に招いてくださる代表の平野昌さんが、

一体どんな方なのかを知りたくて、ご自宅にお邪魔してきました。


07

平野さんは

県職員として32年間勤められたそうですが

その職歴が驚きの連続!!

 

入庁すぐの頃は税金の滞納整理、生活保護のケースワーカー、公共用地の買収など、

なかなかの度胸と根気のいる経験を積まれ

 

地球環境保全に努めるアイセット「ICETT」の設立では

破格の交渉人として周囲をざわつかせ

https://www.icett.or.jp

 

阪神淡路大震災を機に、県の防災計画の見直しをすることになり「消防防災課」へ。

3年間は本当に大変だったそうですが、その最中に研究者と

大勢のボランティア仲間とで作り上げた「災害図上訓練DIG」

今では日本中に広がる災害対策訓練となりました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/災害図上訓練

 

その後、1年かけた文化イベント「みえ歴史街道フェスタ」は

ボランティアさんが517名も集結し、県民目線のイベントとして

大勢の方が参加した地域づくりのきっかけとなり

 

続いて、「エコな職場づくり」を目指した3年間は

県のすべての庁舎で、両面コピーや照明の節約などを徹底。

「家で過ごすように職場でも過ごそう!」を職員に意識してもらえるようになり、

なんと!国際認証ISO14001を取得!!(≧▽≦)

今ではどこの企業でも当たり前になった「職場でのECO」は、これがハシリだったんですね。

http://www.env.go.jp/policy/j-hiroba/04-iso14001.html

 

それから「世界遺産・熊野古道伊勢路」について8年間、

専門家や地域の方々と腰を据えて伊勢・熊野に深く携わり

「文化の力はすごい!」と感じ、学んだそうです。

今の平野さんを更に熟成させたのはここにあるのではないかと思います。

05

その後、県立図書館勤務時代には

職員さんと一丸となって図書館改革に取り組み、

なんと日本国内3000館以上ある図書館の中で

「ライブラリー・オブ・ザ・イヤー」を受賞!!

http://www.iri-net.org/loy/loy2012.html

 

平野さんの行くところ行くところで花火が上がる??大輪の花が咲く??ような。

配属先で必ず大きな結果を出すことに、驚きのあまり言葉も見つかりません。

 

 

 

そんな一言ではご紹介できない平野さんは

ご両親のお世話を優先するため、一昨年前に早期退職。

02

 

これまでの経験や出会った沢山の方々との繋がりを大切にして

「楽しいことを自分だけのモノにしたくない! みんなで楽しく!!」

をモットーに

「ひらのきかく舎」の看板で音楽講座や文化講座をはじめました。

これまでに

宗教人類学者 植島啓司さん

金峯山寺執行長 田中利典さん

パティシエ 杉野英実さん

ドキュメンタリー映画監督 松本貴子さん

ノンフィクション作家 中村安希さん

自然写真家 丹葉暁弥さん

ワタリウム美術館代表 和多利浩一さん

編集者 尾崎靖さん

クリエイティブ・ディレクター 近藤ヒデノリさん

盆栽研究家 川崎仁美さん

関西学院大学教授 西山克さん

 

などなど。。

錚錚たるメンバーの講座を開催されました。

 

三重にいながら、いろんな世界を知れる。。

毎回そんな気持ちになれます。

 

本当にありがたい!!(≧▽≦)

06

今後の情報など

ひらのきかく舎 平野昌さん

https://www.facebook.com/atsushi.hirano.9?fref=ts

(Facebookで友達リクエストされる方はコメントをお送りください)

 

近々

あの有名な写真家であり小説家の

藤代冥砂さん

2月18日(土)の文化講座です!!

津市の中津軒さんにて。

まだ若干名大丈夫だそうです。(2月9日現在)

16266286_1421181034582387_3558690384791097399_n これまたスゴイ人を!!

 

 

これからも楽しみにしています!

ありがとうございました!!

上木食堂。古民家利用のお店がオープン!@いなべ市北勢町阿下喜

最近…
あったか〜いところへ逃げ込みたい。。。

ってことばかり

考えてるワタシです。。。

日は長くなったけど、まだまだ寒いですね…

さてさて!行って来ました!
気になっていたお店へ!!

いや、父が気になっていたお店へ!

・阿下喜にある

・古民家(民宿)を食堂にした

・有機野菜のみを使用

・古き良き落ち着く空間

・そのなかでも現代要素がチラリ

風が吹いていたので暖簾が

うまく写らなかったのが

残念。。


天井もレトロな感じ

でもドアは英語表記

そこがオサレ♬

真ん中の柱にささっている物が
すごく気になった…

出入り口横に有機野菜がずらり

八風農園さんのお野菜。

上木食堂のお野菜のほとんどは

八風農園さんのお野菜。

ご友人の作るお野菜、お肉

地元中心の食材が使われているそうです。

お仲間で運営されている喫茶・居酒!

いいですねー!!

\ランチはこんな感じ/

父が写メ撮ってくれたんですが

よく見ると端が切れてる

豚肩ロースのバルサミコ煮

すっごく美味しかったー!

わたしの好みの味です(*≧∀≦*)

ところで。

バルサミコ煮って早口で言えます?
バルサ煮込みになる。。。

そんなことはさておき。

ご飯も炊き方がすごく上手で…

お汁も出汁がきいてて温まる…

おいしいー!!

仕事の合間に立ち寄った父

カレーを注文


息子もパパの頼んだカレーを

たくさん食べて…

鼻歌が出るほど美味しかった様子。
パパはとられたので足りず…


デザートを注文。

キャロットケーキに

クリームチーズがどーーん!

息子はさらに

クリームブリュレと

100%みかんジュースを注文。

わたしはほうじ茶ラテ!

ランチ注文した人は

ドリップコーヒー200円で

みかんジュースは300円でつけられます。

そうそう、花咲かタイムズで

紹介されたばかりだそうです

2016.11月にオープンしたばかりで

テレビ取材ってすごいですよね♬
もしかすると、この収録の日。

わたしこのサインのお2人に遭遇して

お話しちゃった時かも!昨年末!

ミーハーなわたしは

思いだしてニヤニヤ。

あ。そうそう。
藤原岳かな?きれいだなーと

窓辺に目をやる。。。


ん!?

ん!?

カップの底にもロゴがあることに気づく。
旦那ちゃん、、、

頼んでもないのに、うまいこと

ロゴがまっすぐ見えるように

飲んでくれていて思わず激写!

このお店、

すごく落ち着く空間でした。

カフェとしてだけでなく

居酒屋としても夜オープンされているので

父はおっさん5人の飲み会をするべく予約してた!ワイワイガヤガヤしそうですね…

でも快く受けてくれていたー!
こちらのお店のお名前

上木食堂の上木(アゲキ)は

阿下喜の旧表記らしい。
わたしの調べた地図では

お店の場所が

少しわかりにくかったのですが

郵便局とこの写真の反対側が銀行なので

その間にある駐車場の奥がお店です。

↑  駐車場から見るとこんな感じ

5台ほど停められます

みなさんもぜひ行ってみてね(*≧∀≦*)

上木食堂Facebookページ
住所   三重県いなべ市北勢町阿下喜2057

TEL   0594-82-6058

営業時間  11:30~22:00

定休日    水曜日・第1木曜日・第3木曜日

野菜たっぷり!ステップアップカフェ cotti菜

今回ご紹介させていただくのは、cotti菜さんです。


 誰もが1度は訪れたことのある三重県総合文化センターの

フレンテみえ内に新しくオープンしたカフェです。

2014年12月にオープンし、今年で2年目を迎えました。

正直、三重県総合文化センターには何度も訪れたことがありますが、

し、知らなかった!!

こちらのお店は水耕栽培の野菜を使ったサラダバーやスムージー

栄養を考えられた定食や、野菜たっぷりのカレーなど、

見た目もですがカラダにもとっても優しいお店です。


 おうどんやお野菜も地元で採れたものを使っています。

私は野菜がたっぷり使われている日替わり定食を注文。


ご飯も雑穀米でカツは、なんとっ!

豆腐でできていました!

おいしい!!こだわりに感動です。

そしてこちらのカフェはステップアップカフェという名があります。

その理由は障害のある方も一緒にお店作りをしているからです。

障害者の方への新たな1歩を刻むカフェ。

ここで働かれてる方はみなさん笑顔で明るくて

お食事をされている方からも

「おいしかったよ~!またくるよ!」

と会話が飛び交っていました。

こちらのカフェを利用することで、

障害をもつ方への支援や交流に少しでもお役に立てればと思いました。

ステップアップカフェ Cotti菜。

気付けば私もステップアップできました!

人と人との繋がりのある場所になれればと思います。

またお邪魔したいです。


cotti菜

店名:ステップアップカフェCotti菜

住所:〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234 (三重県総合文化センター フレンテみえ1F)

電話:059-233-1233

営業時間:9:00~17:00

定休日:月曜日の他、三重県総合文化センターの休館日に準じます。


 

艶情と哀情。なまめかしい程の最高級松阪牛フィレ肉を愉しむ、オトナの時間。

オトナには、特別な時間が必要だ。
上質な空間、最高の料理。
できるだけじっくりと目で味わい、ゆっくりと舌で堪能する。

DSC_04821c

名古屋の歓楽街、錦。
店へ向かう。
待ち合わせの時間は午後8時。路上では、早くも酔っ払っている大学生達が大声で笑っている。
今日は金曜日。街に繰り出す人々の足取りも軽い。

0131_IMY2285

今宵は極上の肉を堪能する。
とある女性と。

 

【 指を染める addictive 】

和食、イタリアン、フレンチ・・・。
よくジャンルで食を語る者がいるが、私は少し違和感を感じる。
食べ物は生き物で、人間も生き物だ。
ジャンル分けされたカテゴリーで食すのではなく、人間という生き物として単純に美味しい食を愉しみたい。

0131_IMY2299

まずは生で。

0131_IMY2313

生きている海老を、手でつかんだ感覚を思い出していた。
反ったり丸まったり、全身をうねらせ、生を表現する。

0131_IMY2321

「おいしい。」

0131_IMY2343

白ワインを少し口にして、ママは小さな声で言った。
錦でクラブを経営する人気ママだ。

DSC_0419

身がふっくらと、そして照り具合が食欲をそそる。
閉じ込めた甘みとコクを逃がさずに、旨みを舌の上で堪能する。

0131_IMY2773

「私、やっぱり煮付けはキンメが好き!」
好みの味を口にして、ママに笑顔が出てきた。
ピンと張っていた二人を繋ぐ糸が少しだけ緩み、アルコールも手伝ってか、いまここで同じ空気を吸っているのだと、急に意識をした。

 

【 触覚 sence 】

「そういえばこの前、潮干狩りに行ってね、貝つかまえたよ。」
顔立ちの整った年上のママ。凜とした雰囲気だが、口を開くと茶目っ気があり、つい多くを話してしまいそうになる。

0131_IMY2272

三重県の桑名でとれた沖しじみ。木曽三川の栄養を含んだ漁場を持つ桑名は、ハマグリが有名だ。ハマグリの影的存在だった沖しじみ。

0131_IMY2529

「最近まで、地元の漁師さんが食べていて、あまり一般に流通していなかったんですよ。」と、三重県出身である、寿司・和食の料理長が教えてくれた。

話は変わるが、貝は不思議な生き物だと思う。
堅い殻を覆い、身は外の世界に出ることがない。しかし、艶のある柔らかな弾力の身は、熱で旨みをコントロールされながら調理され、最高の味に仕上がる。

0131_IMY2603

写真の牡蠣は、三重県答志島桃取産のブランド牡蠣「桃こまち」だ。答志島は鳥羽にある離島で、木曽三川と宮川が森の栄養をもたらす、三重県屈指の漁場だ。桃こまちはそのような漁場で育った影響か、熱を加えても身が縮みにくいらしい。

0131_IMY2469
沖しじみと鯛のアクアパッツァ

 

 

【 温 warm 】

0131_IMY2491

「シャリは人肌。」
むかし、老舗の寿司職人に聞いた言葉を思い出した。

しかし日本人は、なんとも情緒ある言葉をつくり出す。
人肌・・・。

0131_IMY2558

適度な温度を持ったシャリが、寿司ネタである身の脂を程よく口で溶かし、旨みが口の中でじわっと広がる。

脂といえば、この店のルーツである国産黒毛和牛のホルモン(詳しくはこちら)。

0131_IMY2421
瓦型の洒落た皿は三重県四日市の萬古焼。皿を火で熱っしたまま頂くので、脂の旨みを最後まで堪能できる。

口で溶ける驚くほどサラっとした脂と、パリっとした焼き目、そして口のなかに残る上品な食感のホルモン。
さすがこの店のルーツというだけあり、相当なホルモンへのこだわりを感じる。

0131_IMY2450

串刺しのとろけるホルモン。
上手に熱を伝えてやると、やわらかくて、あたたかい。
そう、最高な状態を堪能できる悦び。

 

【 歓楽極まりて哀情多し so authentic 】

0131_IMY2610

いよいよ今日の目的であった、極上のフィレ肉を堪能するためにワインを赤へ。

0131_IMY2615

最高級松阪牛フィレ肉。

0131_IMY2657

その美しく焼き上がった身に、とろみのある大蒜を大胆に擦り込み、ナイフを入れる。

0131_IMY2683

至福のひととき。

0131_IMY2667

オトナの愉しみ。

_IMY2750上品で柔らかく、そして繊細。
私ごときが味わってはいけないのではないか、と思えてくる。

0131_IMY2691

まさに、歓楽極まりて哀情多し。

16442709_1252789208135349_834966097_o

オトナには、特別な時間が必要だ。

 

Model:クラブ綺ら(kira) ゆきママ
Photo:井村義次


 

2017年2月7日(火)OPEN

0131_IMY2890

桒名 本家はり本

松阪牛をはじめ国産黒毛和牛のみ使い、また北から南まで豊富な漁場である三重の海産物や野菜を、寿司・和食とイタリアンの三重出身の料理人が腕を振るいます。
食材だけでなく、三重の地酒やはり本発祥の地である桑名の文化も紹介しています。

住所:愛知県名古屋市中区錦三丁目18-21
(東京第一ホテル錦2F)
電話:052-253-6039
時間: PM5:00〜
定休:日曜・祭日

現在、ホールスタッフを募集しております。
ご応募・お問合せはお電話にてご連絡下さい(担当:泉)

知る人ぞ知る、紀伊長島の【紅梅】を見に行ってみた‼︎

紀伊長島の港から歩いて数分の距離にある『長楽寺』で、三重県では珍しい

【紅梅】を見に行ってきました。

お寺付近は道が狭いため、少し離れたところに車を停めて散歩しながらお寺に向かうと、なんとビッグサプライズ!!!

2017-1-30-11

ニャンコのお出迎え(≧∇≦)

いらっしゃいと行ってくれました♫(多分

そんなニャンコに癒されながらも到着。

2017-1-117-5

 

お目当ての紅梅は本堂の裏にありますが、お寺の住職の方の自宅の隙間を通るため、一声かけるなどマナーを守って入りましょう。

本堂の裏はどんなところだったか・・・

一言でとても素敵なところでした。

2017-1-30-15

 

梅2

梅の花びらが敷き詰められた地面もまた素敵です。

2017-1-30-5

 

2017-1-30

苔もまた素敵ですね♫苔萌えです(´∀`)

住職の方にお寺の歴史や紀伊長島のお話に、最近はイノシシの被害があって困っているということなどいろいろなお話を聞かせていただきました。

話によるとお寺の歴史はなんと、400年で梅の木は樹齢300年‼︎

棒に支えられながらも綺麗な梅を咲かせていました。

2017-1-30-9

過去に専門家によるこの紅梅の調査をしたことがあるらしいのですが、実際のところ何の梅の木かわからないみたいで、いろいろ謎のある梅の木のようです。

見頃は1月中旬から2月中旬です。

今がチャンスでーす(^○^)


長楽寺

住所:三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区長島969


 

空白の夜こそ音楽と共に。地元バンドCDリリース&レコ発イベントの話。

四日市市を拠点に活動している4ピースエモーショナルロックバンド「空白の夜」
今回は新しい音源とレコ発イベントの開催が決定している彼らにインタビューを決行。
CDの話からイベントに対する思いまでお話しをお伺いしました。
空白の夜<左から、Dr/池田 祐輝 Gt/岡山 諒 Vo.Ba/堤 愛理 Gt.cho/安藤 小雪>

結成から現在まで

まずは、バンド結成のキッカケを教えてください。

(愛理)
大学の軽音楽部で私と小雪(Gt/cho)と池田(Dr)が出会ったのがキッカケですね。 卒業後も何か活動したいなと思っていて、前身バンドを結成して活動していました。その後メンバーは変わらずバンド名を現在の「空白の夜」に改名しました。

(岡山)
改名して少したった時期にギターで僕が加入して現在の形になりました。この4人でやり始めたのはこの1年半くらいですね。

thumbnail_IMG_1342結成当初からの変化は?

(小雪)
やはり楽曲的な変化はありますね。昔はJ-ROCKの要素が強かったのが、岡山の加入でよりエモーショナルな要素が強くなってきたと感じています。

その変化の理由は?

(愛理)
曲の作り方を根本的に変えました。前までは私が曲のほとんどを予め作ってきていたのですが、今はメロディーラインのみでアレンジはみんなで考えながら進めています。

(小雪)
全員が普段聞く音楽がバラバラなのでいい意味で意見やアイデアがたくさん出てくるのはプラスになってますね。

(池田)
それをまとめるのは確かに大変なのですが、よりよい物をこの4人でという意識が変化の理由なのかもしれないですね。pf_ai

前作から1年ぶりとなる新音源

今回の音源で苦労した点は?

(愛理)
曲がどんどん生まれてくるタイプではないのでそれはそれは難産の連続でした。笑
アレンジなんかも結構みんなでこだわってやっていたので時間との戦いでした。

(小雪)
前からある曲ももちろんあったのですが、せっかくなら新しいものをという気持ちが強かったですね。結構絞り出した感はあります。

(岡山)
ただ、前回からの反省をいかしてプリプロからしっかり準備をする事ができたのでレック本番自体はとてもスムーズに進んだなと。

(池田)
撮りはもちろんなのですが、ジャケット等も前回以上にこだわったのでその点も見てほしいですね。pf_koyuki

新音源発売イベントも開催

昨年も2月にレコ発イベントを開催していましたが何か理由があるのでしょうか?

(小雪)
そんな深い理由はないんですが、私たちの曲に「二月」という曲があってそこからですね。

(岡山)
一種の憧れの部分もありますね。三重の場合だと各バンドが毎年恒例の年1イベントみたいなのがあって。そういう形で2月は空白の夜のイベントがあるなと認知してもらえるようになるまで続けていきたいと思っています。

レコ発もいよいよ迫ってきましたが、今回のイベントはどんな内容になってますが?

(愛理)
各メンバーが1組好きづつ好きな仲間を呼んだらこんな形になりました。
結果、県内は私たちだけになりましたが、この1年で出会った素晴らしいバンドばかりなので自分自身がとても楽しみです。

(岡山)
三重ではあまり見る機会が少ないバンドばかりだと思うので、新しい発見が必ず生まれる内容になっていると思います。

最後にレコ発イベントに向けた意気込みをお願いします。

(小雪)
この1年での成長や経験をCD、イベントに詰め込んでお届けしたいと思っています。あんまり熱くなるタイプではないのですが、こればっかりは熱くなります。

(愛理)
私は当日までに本当に痩せたい。(一同爆笑)

(岡山)
去年同様自分たちが自信をもってお届けできる内容になっているので是非現場でライブ・CDに出会ってもらえれば嬉しいです。

(池田)
僕らを知らない人たちにも多く出会える機会になればと思ってます。

(愛)
真面目に言うと、CD・ライブ共に今の「空白の夜」に出会っていただきたいです!是非現場でお待ちしてます!


空白の夜 2nd E.P [美しい夜行]
thumbnail_IMG_13432017.2.18 ライブ会場で発売開始

1.二月
2.夢遊
3.凍てつく森で
4.郷愁

¥1,000-(tax in)

視聴用トレーラーはこちらから↓


レコ発イベント
2017.2.18(sat)

空白の夜 presents [朝が来る前に]
at 四日市 CLUB CHAOS
C3Yx1W5VYAAP05U

<出演>
うたたね(東京)
Shift Control(岐阜)
虚ろ(名古屋)
jointrally(名古屋)
空白の夜

opne/18:00 start/18:30
ticket/¥2,000-(前売)¥2,500-(当日)+1drink(¥500-)


その他のライブスケジュール
2017.3.18(sat)at 四日市 CLUB CHAOS

CDの詳細・ライブチケット予約はオフィシャルサイトへ。
offical web
http://necorob.web.fc2.com/

清少納言が愛した榊原温泉。 榊原温泉は今、未来へ向かって発信開始‼️

縁あって榊原温泉の湯治モニターに参加させて頂きました‼️
榊原温泉は、清少納言が「枕草子」で詠った事でも知られ、恋の病を癒す いで湯としても古くから愛されている神秘的な温泉地♨️ こんな魅力的なお話し…知らなかったー(泣) 知って良かったー(嬉) がぜん気合いが入った私。

まだ残暑厳しい9月、青山高原に立ち並ぶ風車を眺めながら車を走らせ 旅館 清少納言へ。

この季節の榊原は空気がとっても心地よくて 窓全開で走りたくなります‼️

開会式に「3ヵ月(週2回)通い湯治(日帰り)モニター」、「4泊5日プチ湯治モニター 」に選ばれた計40人が集まり「温泉」に関する本を出版されているグローバル温泉医学研究所所長の松田忠徳さんの講習を受けました。
「湯治」という響きからか、ご年配の方の参加が多く 緊張してしまいました(^◇^;)

講習では”効果的な入浴法”をはじめ、入浴後の過ごし方 をご伝授頂きました。
「通い湯治モニター」と「4泊5日プチ湯治モニター」では体験期間の違いはあれど 基本的に源泉風呂(冷たいお風呂)と主浴槽(大きな加温したお風呂)に1時間ほど交互に浸かる分割入浴❗️ この入浴法が皮膚に対して刺激を与え、自律神経系やホルモンのバランスを整える効果的な入浴法なんだそうです。 家風呂では出来ない温泉ならではの贅沢浴です(^-^)  入浴の割合は源泉風呂が10〜20分、主浴槽に3〜5分浸かるというもの。源泉風呂は榊原温泉の名物で低温 30〜32度❗️耐えられるかドキドキ(^_^;)

始めに 採血、血圧、頰、手の甲の水分量等 7項目を測定し体質チェック❗️  そして「通い湯治モニター」の私は週2回の温泉浴を3ヶ月間スタート‼️
3ヶ月後、改めて同じ項目の測定を行う。かなり本格的な検査で結果が怖いような 楽しみなような。。。 「通い湯治モニター」が利用するのは日帰り温泉「湯の庄」 笑顔のスタッフさんに迎えられ受付へ。モニター証を毎回提示。スタッフさんに可愛らしいハンコを押して頂き、タオル&作務衣を受け取り いざ温泉♨️へ。

無色透明、混じりっけのない単純泉というそのお湯は 浴びるほど肌にからみ つるつるスベスベ〜✨ 頭のてっぺんから つま先までゼリーに包み込まれてるかのよう。
初めて利用されたお客さんも 「全身、いくら流しても落ちないトリートメントしたみたい‼︎」。
ホント、入浴後の 肌、髪の潤い感 半端ありません❗️身体が喜んでる〜〜😆

温泉は「もえぎ」と「むらさき」があり 男湯と女湯が毎日 入れ替わり迎えてくれます。雰囲気も作りも少し違う2つの温泉を楽しめますよ。

そして私のオススメポイントは 気分転換程度にならと許しを得た露天風呂。
ゴツゴツした岩肌の中に きっと自分の身体にぴったりフィットするくぼみを見つける事ができるかも‼️
ぜひ見つけてみて‼️ ウトウトしてしまうくらい癒されてしまいました(´∀`)

通っているうち顔なじみになった地元の方がたくさんいますが、発信力の強い若い層の利用が少なく、もったいないです。
モニター終了後の質疑応答での話題はやはりそこ‼️ 温泉の泉質や効能には自信があっても お客様に来ていただかないと‼️今回、貴重な体験をさせて頂き こんなに素晴らしい温泉が近くにある幸せを感じました。地元だけにとどまらず、県外の方にも知ってほしい温泉です‼️榊原温泉のさらなる活性化を応援します📣

ぜひ、心と身体を癒しに 足を運んでみて下さいね!!


榊原温泉振興協会

住所:三重県津市榊原町5824-1
TEL:059-252-0017
URL:http://www.sakakibaraonsen.gr.jp/


 2月23日(木)に今回の泉質&モニター調査の報告会が開催されます。

「清少納言がも愛した美肌の湯」を「温泉学」の第一人者、松田忠徳氏を講師に招き行われる報告会。温泉の専門家が果たして榊原温泉の魅力をどう説くか?
興味のある方は是非参加してみてください。(参加無料・先着100名)

16389152_1271538932926725_1051739365_o


榊原温泉郷 温泉調査報告会

▽お問い合わせ
榊原未来会議事務局(津市久居総合支所地域振興課内)
電話:059-255-8846(産業振興担当)・059-255-8819(地域振興担当)
E-mail:255-8812@city.tsu.lg.jp


 

恩情と温情。おもいやり、いつくしむ心。

終戦直後の昭和20年

その日の食べ物ですら
ままならなかった食糧難時代に、
三重県桑名市の地で開業した
ホルモン焼き「本家はり本

WS000088
食肉なんて滅多に手に入らなかった混乱期。

「何とかみんなに栄養価の高い物を食べてもらい、元気を取り戻して欲しい」

そんな想いで、初代店主は、
どこよりも先駆けて、
屠場で廃棄されていた内臓系の肉に目を付けた。

当時の日本に、
内臓系の肉を食べる習慣はなく、
「放るもん」とも言われていた部位。

これが、放るもん=ホルモンのはじまりらしい。

無添加の生味噌と天然調味料にて
開発した特製味噌ダレをつけ、
直火で網焼きにする。

安くて美味しくて栄養価が高い。

見事ごちそうに生まれ変わったホルモンの評判は桑名で知れ渡り、連日大繁盛となった。

 

―――愛され続けたはり本。その恩情と温情。

一方、ホルモン焼きの匂いに惹かれ、
職もなく、お金もなく、食べるものもない人たちも、店の前に集まった。

慈悲深い初代は見るに見かね、
賄い飯だったどて煮を施しふるまっていたのだそう。

当時を知る人たちは言う。
”忘れられぬ想い出の味”だと。

恩情と温情。

助け合いで生き延びた激動の時代。

その後も本家はり本は、
桑名から隣町の四日市にも展開し、
地元の人々に愛され続けてきた。

 

―――新たな展開。そのギャップがすごい。

2017年2月。

その本家はり本が、
三重県の若手寿司職人とイタリアンシェフを率いて、名古屋の錦に登場することとなった。_IMY2892

松阪牛などの和牛をはじめとする、
美し国 三重の食材を新しいスタイルで楽しめる高級和食店。_IMY2237

厨房を任されたのは、
地元三重県出身の若手料理人。

ホルモン焼きで民衆に愛されていたはり本が、
ネオンきらきらの錦で高級店?!

このギャップ、いかすでしょ。

それもはり本の温情を受け継ぐオーナーが、
若手料理人に、
食通を唸らすフィールドを与えたいという情愛からきたもの。

そして、食の宝庫といわれる三重県の食を、
もっとたくさんの人に知ってもらいたいという
地元への愛と恩。

現に、肉は三重の和牛にこだわり、
魚介類は、県内の漁業関係者とのリレーションを構築(漁村リーグ等)。
_IMY2599食を通じた地方創生の一助となれる展開を考慮しているのだ。

 

―――新進気鋭の若手料理人コンビはジャンルを越える。

挑戦する料理人のひとりは、
地元四日市の老舗寿司店の新進気鋭寿司・和食職人、泉氏。_IMY2238

寿司職人である父の背中をみて育ち、
京都の鞍馬口『割烹 寿星』、桑名の老舗『江戸川』での修行も積んだ実力派。_IMY2485
料理長として、
北から南まで豊富な魚種が揃う三重の魚介を中心に、を駆使して提供する。

_IMY2308
▲刺身醤油は昆布のだし香る料理長のオリジナル

 

——泉さん、名古屋 錦での出店について意気込みをお聞かせください。

泉: 誘惑が渦巻く街なので、仕事どころじゃないです。

_IMY2880
▲とか仰いながらも食材に向き合うと、目つきが職人へと変わる

 

もうおひとりは、イタリアン出身の鈴木氏。_IMY2846
最高の肉質と三重産素材に腕を振るう。

_IMY2469
▲魚介本来の味を最大限に引き出したアクアパッツァ

寿司・和食・イタリアン。

ジャンルを越えた斬新なスタイルだが、
どれも旬を大切にし、素材の持ち味を最大限に引き出すという点は共通している。

 

―――はり本といえば肉!!こだわり続けた国産黒毛和牛がここにある。

提供される肉は
目利きや仕入れルートなどの
ノウハウを存分に活かし、
創業当時からこだわり続けている
最高級の松阪牛や国産黒毛和牛

メインとなるフィレステーキ
_IMY2615味付けは、塩胡椒のみ。

素揚げしたほくほくのにんにくを塗りつけていただく。_IMY2657

口に入れた瞬間・・・・
とろける柔らかさと、広がる肉汁の甘いうまみ。

甘い!!

驚くことなかれ、肉汁が甘いのだ。
噛めば噛むほど染み出るうまみ。

手の込んだステーキソースなんてもういらない。

 

―――ホルモンまでお洒落に生まれ変わっちゃったよ。

ホルモンも華奢に登場。

伝統の味噌ダレをまとった串刺スタイル。

_IMY2405
▲注文を受けてからブレンドする特製味噌ダレ。風味が引き立て合っている

熱された萬古焼の瓦の上で、
チリチリチリ・・・と微かな音をたて、おどる。

こ、この音・・・なんて繊細なの。。

耳を澄ませてうっとりとしていると、
「温かいお料理は温かいうちにお召し上がりくださいね」
と軽くご指摘。

すみません、つい。

では、いただきます。_IMY2449

じゅわぁ。。

とろけました。

コラーゲン・・・?

ぷるぷるな弾力を噛みしめると、
口の中の体温で
さらっとした脂になってとろける。

その後、程よく残るコリコリな歯ごたえ。

輸入肉のホルモンとは全く違う味の深み。

 

―――上質な国産黒毛和牛ってば、イイこと尽くし。

オーナー曰く、
上質な黒毛和牛のホルモンは、
ビタミン豊富でカルビと比べても低カロリー。

また黒毛和牛の脂身は、
オリーブオイルの主要成分であるオレイン酸と、
青魚に含まれるステアリン酸が含有されているのだとか。

なんと、いいこと尽くし。

ありがとう、黒毛和牛。

 

―――ふと思った。当時の日本人はホルモンの美味しさをどう表現していたのかしら。

このプリプリ感、
昭和20年の日本人には衝撃的だっただろうな。

見たことも食べたこともないホルモン。

きっと、おっかなびっくり口に含んだのだろう。

食べられるものがあるだけで幸せな環境下、
この美味しさと食感。

一体どのように表現したのだろうか。

”ぷるぷるぷりぷり”という表現が
あったかも不明。

シンプルに、
「なんやこれ!!こんな旨いもん食べたことない!!」
かな。

 

―――初代の味を守り続けるこころ。

因みにはり本では、
仕入れたホルモンを最高の状態にするべく、
灰汁抜きなどの工程も含め、約50%も除去し、
脂身とのバランスを整えている。

IMG_0421
▲他店から驚かれるという除去率

希少な黒毛和牛は仕入れが高い。
ましてや除去部分が多いというのは、店としては大変なことである。

それでも初代の味を頑なに守り進化させるため、ゆずれない。

本物の黒毛和牛の味を知ってしてもらいたい。

美味しく身体に良い三重の食材を堪能してもらい、明日への活力にしてもらいたい。

先代のお客様を想う心
今もこのはり本に受け継がれている。

 

Photo by 井村義次


~2017年2月7日(火)OPEN~

桒名 本家はり本
住所:愛知県名古屋市中区錦三丁目18-21
(東京第一ホテル錦2F)
電話:052-253-6039
時間: PM5:00〜
定休:日曜・祭日


現在、ホールスタッフを募集しております。

ご応募・お問合せはお電話にてご連絡下さい(担当:泉)

こだわりの手作りランチ

多度大社から徒歩3分の喫茶店「 cafe&れすとらん 花遊舎」

のランチに行ってきました!!

IMG_1537

 

 

 

 

朝は モーニング お昼は 手作りランチが味わえます。

IMG_1538
↑↑ 入口の この看板は有名な書道家が書かれたそうです。駐車場も10台以上!!

 

 

 

 

 

 

 

 

↓↓↓ 本日の日替わりランチ 手作り感 がたっぷり!! ↓↓↓
   これに食後の コーヒー がついて
1000円(税込)  グループで行っても計算がし易い !(^^)!

 

IMG_1533
※ 他にもパスタやサンドイッチもあります。
  image2 image女性の社長さんらしく、店内は雰囲気ある壁になってたり、”木”を基調とした家具で、
とても落ち着いた店内となってます。
IMG_1535↓↓↓ 毎月、第3金曜日「歌の集い」を開催しています。

童謡などを聴きながら、シフォンケーキとコーヒーをどうぞ♪♪               IMG_1541

他にも、お弁当やオードブル等の注文も承り中! 是非お問い合わせくださいませ。

桑名市多度町多度1005  TEL:0594-48-7787   定休日:月曜日

https://kayusha.jimdo.com/

IMG_1534↑↑ 地元・多度で産まれ、現在は知立市に在住の杉原社長!

県外に嫁いだことで、多度の良さを改めて知り、もっともっと観光客や参拝客が増えることを願って

ご実家の近くに「花遊舎」を数年前、開店されました。

是非、お近くにお寄りの際は訪れてみてください。

https://kayusha.jimdo.com/