ホーム 01【食べに行く】 伊賀へ大人のショートトリップ~ゲストは宇宙に魅了されたもじゃもじゃな物理学者~

伊賀へ大人のショートトリップ~ゲストは宇宙に魅了されたもじゃもじゃな物理学者~

シェア

三重県の観光名所である城下町 伊賀上野。

忍者の町として有名だけど、それだけじゃない!

駅から徒歩圏内の観光スポットを、
東京から来たゲストと共に、
むぎゅっと短時間で満喫してきました。

 

ゲストはもじゃもじゃな物理学者

今回、伊賀上野を巡るのはこの人。

もじゃもじゃ頭がトレードマーク、
通称もじゃさん

すっかり忘れてたけれど、本名は林田将明さん

漫画『ドラゴンボール』に登場する、
ピンクのぷよぷよしたキャラクターを連想させる彼は、
東京大学やスタンフォード大学などで、
宇宙について研究し続けてきた物理学者。

主な研究対象は、
ブラックホールの周りで起きている現象や、
放射線の一種であるガンマ線について。

国際的な総合科学ジャーナル”Nature”でも、
論文を執筆し、
業界に影響を及ぼした方でもある。

3歳の頃から数字が大好きで、
ジャポニカ学習帳の裏表紙にあった円周率に、
大興奮して200桁以上暗記したという変わり者。

(数字の羅列がツボだったらしい)

そんなもじゃさんは、
何度か三重県に遊びに来たことがあるが、
伊賀は初めて。

本日のショートトリップに期待することは、
「楽しくて美味しいもの!」とのこと。

 

9:00 伊賀市駅で忍者列車

伊賀市駅に到着すると、
ちょうど伊賀鉄道の忍者列車に遭遇。

やった、ラッキー!

この忍者列車は、
「銀河鉄道999」で有名な
漫画家 松本零士氏によるデザイン。

車内もユニークとのことで、
忍者列車を目的に訪れる人も多いのだそう。

駅前には銀河鉄道999の主人公メーテルと星野鉄郎像もある

駅前の観光案内所にて、観光マップを入手。

ついでにマンホールカードと47都道府県おそ松くん札もゲット

最初は、伊賀上野の伝統工芸くみひもの
体験が出来る施設へ行こうと、
キョロキョロ風景を楽しみながら歩く。

伊賀市の堂々宣言!!
だんじり会館前の忍者カー

 

9:30 伊賀くみひも体験

伊賀伝統伝承館 伊賀くみひも 組匠の里に到着。

映画『君の名は。』で一躍注目されたくみひも。

映画の舞台は岐阜だったが、
実は伊賀上野は全国90%を占めるくみひもの生産地。

奈良時代以前から伝わる歴史深い伝統工芸なのだ。

絹糸も伊賀で染められている

今回教えて頂いたのは、丸台での手組み。

吊おもりと糸玉との重力について話すもじゃさん

絹糸の手触りを確かめながら、
カランコロンと柔らかな音を刻み編んでいく。

ふと映画のセリフが頭によぎる。

”寄り集まって形を作り、捻れて絡まって、時には戻って、途切れ、またつながり。それが組紐。それが時間。それが結び”
 
”糸を繋げることも結び、人を繋げることも結び、時間が流れることも結び”(映画「君の名は。」より)

うーん、深い!

そして完成した作品がこちら。

ブレスレットとキーホルダー

伝統工芸に触れ、手作りの価値を感じる時間。

また自分だけのオンリーワンな作品はプライスレス!
(といいつつ体験は1,100円)

体験の後に、
くみひもの歴史などを紹介した展示室も回ると、
更に深くくみひもを知ることができる。

英語の解説もあるのです

 

10:30 伊賀流忍者博物館で忍者ショー

やっぱり忍者ははずせない!

忍者を知るには、伊賀流忍者屋敷

一見普通のお屋敷内の
どんでん返しや抜け道などのからくりを
実演まじえて解説してくれる。

忍忍!

併設された忍術体験館・忍者伝承館では、
手裏剣をふくめ、忍具や古物書などがずらり。

伊賀忍者特殊軍団「阿修羅」による忍者ショーも、
迫力満点。

海外公演も開催している人気軍団

なんとくノ一によるくみひもを使った闘いも!

※撮影承諾済

曜日によっては、
手裏剣体験も開催されており、
的の中心に当てた人には、
忍者学習帳がもらえるとのこと。

学習帳大好きなもじゃさんも挑戦したが想像以上に難しい

 

11:30 くらさか風月堂の酒くりーむ大福

城下町として発展してきた伊賀では、
菓子文化も根付いており、
老舗の和菓子屋が軒を連ねている。

その中で以前から気になっていたのが、
くらさか風月堂の酒くりーむ大福

参考:新酒の季節、酒粕とアレを御餅で包んだ「酒くりーむ大福」を頬張る大人が続出@伊賀

パカっと割ると、
若戎酒造「義左衛門」の酒粕が練り込まれた餡、
生クリームと、
刻まれたビターチョコが包まれた大福。

食感が色々で、これ美味しい!!!

一緒に買ったいちご大福も、
大粒かつ味の濃い苺がごろりと入って絶品だった。

この日は伊賀市駅前で、
月1開催の伊賀風土FOODマーケットにて
くらさか風月堂の大福を入手。

大正9年から続く店舗の方も、
趣あってとても素敵と聞くので、
ぜひ今度訪れてみたい。

 

12:00 昌苑で伊賀牛焼きしゃぶ

お昼ご飯は、焼肉ステージ昌苑へ。

「味は究極、価格は家庭的」をモットーにしており、
名物は伊賀牛の焼きしゃぶ。

伊賀牛は生産量が少なく、
伊賀近隣にしか流通しないため
「幻の牛」とも呼ばれている。

昌苑では、
そんな伊賀牛の中から、
更に厳選したものを提供。

自信の焼きしゃぶを炙ると、
じわじわ表面に出てくる脂。

旨みが落ちぬようくるっと巻いて、
オリジナルのタレに絡めていただく。

ぬぉぉ!うまーーーーい!!!

焼きしゃぶうまーーー!!!

口いっぱいに広がる肉の香りと甘みに一同歓喜!!

昌苑のご主人が、
伊賀牛の美味しさやこだわりについて教えて下さり、
皆すっかり伊賀牛ラブ♡

「うちはどこよりも伊賀牛よ」と

1頭で10人前もとれないという、
超貴重な極上はらみも追加で注文。

希少すぎて仕入先の精肉店から全て昌苑へくるそう

ぐぅぅ、うまーーーーい!!!!!

これまた絶品。
口の中でとろけました!!

「伊賀牛は日本一」というご主人のお話に、
もう、いいね!ボタン100回押したい。

 

13:00 伊賀上野城で圧巻の高垣

雪がちらつき、
静かな町並みが一層落ち着いた佇まいに。

藤堂高虎により築城された上野城。
現在建っているのは、再現された模擬天守。

ここで圧巻なのは、
日本有数の高さを誇る内堀の石垣

ぎりぎりのキワまで行けてしまい、
見下ろすと足がすくみまくる。

ココを教えてくれた女性から、
「死ねるほどキワまで行けるよ」
と聞いていたがまさにその通り。

高所恐怖症の方はご留意を!

 

13:40 日本酒バルでプレミアム酒

上野駅から徒歩1分の商店街「新天地Otonari」へ。

この日はちょうど、
商店街内にある「italian bal ono」にて、
日本酒バルが開催されているとのこと。
(毎月第二日曜日に開催)

新酒や限定酒、レア酒などプレミアムな日本酒を、
立ち飲みスタイルで飲み比べできるイベントだ。

なかなかお目にかかれない伊賀酒も色々。

酒あてに頼んだ肉豆腐がまた美味しいったら。

酒の味の差にあーだこーだ言いながら、
好みのお酒との出会いもあり、
冷え切った身体はぽかぽか。

もじゃさんご満悦!

せっかくなので、
ここでちょっともじゃさんにインタビュー。

--物理学者を目指したきっかけは?

もじゃ:「父親も宇宙を研究している物理学者なんだけど、僕が小学生の時、皆既月食があって、父が観測に連れて行ってくれたんだよね。夜に出掛けるということにもわくわくしたし、2,3時間ずっとしてくれた宇宙の解説がとても面白くて、自分も研究者になりたいって思ったんだ」

--物理ってそもそもなに?

もじゃ:「言葉のままで言うと、物事の理(ことわり)を研究する学問かな」

--もじゃさんの研究、具体的にはどんなこと?

もじゃ:「専門は主にガンマ線。ガンマ線とは放射線のことで、X線の100万倍とも言われていてね、人類では作れないほどの高いエネルギー。つまり人類のテクノロジーが追いついていない自然エネルギーということ。太陽でも作れないレベル。そういうものが存在していて、一体なんなのか。どこで作られているのか。諸々まだ解明されていないんだけど、候補の一つに挙がっているのがブラックホールなんだよね。これが解明されたら人類にとってハッピーなことに繋げていけると思うんだ」

立春にお祓いを受けている日本酒。ラベル裏には「大吉」の文字が!

--最後に伊賀はいかがでしたか??

もじゃ:「いや~、すっごくいいね!!楽しいしうまいし最高!!」

ほろ酔いで日本酒バルを出たもじゃさん。

帰りには、日本酒が豊富に揃っている、
明治39年創業の名酒商 ナガタヤに立ち寄り、
気に入った伊賀酒をお買い上げ。

弾丸で巡った大人の伊賀。

短時間だったけれど、
見どころがコンパクトにまとまっており、
車がなくても観光しやすいのがとても良かった。
(お酒が飲める!)

そして、伊賀牛や伊賀酒など、
生産量が少なく、あまり流通していないものを、
現地では堪能できるという大人な楽しみも満載だった。

おまけ:旅のおもひで(もじゃさんが買ってくれたせんべい)

今回訪れた場所はこちら。


伊賀伝統伝承館 伊賀くみひも 組匠の里
住所:伊賀市上野丸之内116-2
電話:0595-23-8038

伊賀流忍者屋敷
住所:三重県伊賀市上野丸之内117
電話:0595-23-0311

くらさか風月堂
住所:三重県伊賀市上野車坂町753-3
電話:0595-21-2866

伊賀風土FOODマーケット
住所:三重県伊賀市上野丸之内
※毎月第2日曜日定期開催

焼肉ステージ昌苑
住所:三重県伊賀市上野忍町2520-5
電話:0595-24-3194

伊賀上野城
住所:三重県伊賀市上野丸之内106
電話:0595-21-3148

日曜日の日本酒バル(Italian bal ono)
住所:三重県伊賀市上野丸之内23
※毎月第2日曜日定期開催

ナガタヤ
住所:三重県伊賀市西明寺623-1
電話:0595-21-0205

ゲスト:林田 将明 HAYASHIDA Masaaki(もじゃさん)

ガイドアドバイザー:ライター kanzaki

 

福田ミキ

フクダミキ。OTONAMIE副代表。OTONA MASTER。
仕事は東京の企業の社長秘書兼オフィスワークセンター長。数年前から社会人学生でもある。2014年に夫の都合で東京から三重県桑名市にお引越し。涙したのも束の間、新境地に疼く好奇心。外から来たからこそ感じるその土地の魅力にはまる。この記者が登場する記事
※くわブロにて情報更新中

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で