ホーム 01【食べに行く】 01バー・スナック パパラッチ!!記者が新米ママ&チーママに?!同伴付きの『スナック オトナミエ』

パパラッチ!!記者が新米ママ&チーママに?!同伴付きの『スナック オトナミエ』

シェア

2015年10月24日
本格運用が始まったOTONAMIE。

おかげさまで
1周年を迎えることが出来ました。

この1年で、
登録記者は100名超、
Facebook、3000イイネ
PV数は1日約3千6百、月間では11万
タブロイド判は2版発行し、
県内外のメディアとの連携を持ち始めました。

これまでに配信された記事は
565本(2016.10.24時点)となりました。

いつも応援ありがとうございます。

そんな1周年を記念し、
先日、1日限定イベント
スナック オトナミエが開催された。
f1c2274c02bcaa39bac5777b9d8bec0f


場所は、「日本三観音」の一つである津観音の
門前町として栄えた大門

「いちご大福」や「天むす」の発祥の地でもある。

会場は、その大門にある・・・
美人館(べっぴんかん)。
img_8967

ド直球な店名にキャッとなるけれど、
店内は落ち着いたOTONAな空間
img_8970

1日限定ママに扮し
お出迎えしたのは
OTONAMIEアイドルのともーこ記者と、
ad-53

チーママ 福田ミキ
ad-52

スナックと言えば、
オジサマの場所という印象があるけれど、
今、スナックに通う女性も多い。

都心部にはもちろんのこと、
ほぼお店がない田舎にも
スナックだけは数軒連なっている・・・
というシュールな光景もよく見掛ける。

スナックとは一体何なのか。

そもそもスナックの由来は、
スナックバーの略称で、
スナック(軽食)を提供するバーのこと。

ただお酒を飲みたいだけなら、
居酒屋や自宅でよい。

疑似恋愛を求める人もいるかもしれないが、
それでは長く通う常連さんはつかない。

『スナック』は
コミュニケーションの場であり、
癒やしの場であり、
情報交換・現実逃避・人生相談の場。

つまりは、
お客様に合わせた居心地の良さを追求している
奥深~い社交場。

素敵・・・・♡

そんな癒せる夜の蝶を目指して、
美人館マジママのえりちゃんから
お・も・て・な・しの心得を教えてもらう
新米ママともーことチーママ福田。

dsc_0258
美人館マジママの絵里さん。この日はスタッフとして使ってと「ちゃん付け」で呼ぶことを許可頂いた。

お酒の量や注ぎ方、
おしぼりの渡し方、
ライターの付け方、
灰皿の交換方法、
カラオケのタイミング、
会話に寄り添う姿勢と
話題のチョイス等々・・・。

えりちゃんからともーこ記者へおしぼりの渡し方レクチャー
えりちゃんからともーこ記者へおしぼりの渡し方レクチャー

とにかくお客様に
気持ちよく過ごしてもらうことに
頭フル回転させること。

お酒の席なので、
多少の無礼講もあるかもしれない。

でも最後は
しっかり丁寧にご挨拶し、
礼儀を大切にすることを教えてもらった。

ママの座を譲り受けたともーこ記者
ママの座を譲り受けたともーこ記者

本日のアドバイザーに、もうお一方。
dsc_0267

年間300日は、
スナックにいると噂のビーさん。

パパラッチごっこにもお付き合い下さる優しいオジサマ
パパラッチごっこにもお付き合い下さる優しいオジサマ

福田   :「年間300日スナックに通っているって本当ですか?」

ビーさん :「いやいや、月に20日~25日くらいだよー」

はい、噂は大概事実だった為、
連行・・・同伴します。
dsc_0276-2ビーさんという呼び名の由来を伺うと、
職場に同じ姓の方がいて、
「●●(苗字)Aさん」「●●(苗字)Bさん」と
呼び分けされているうちに
「ビーさん」が定着したらしい。

スナックに通う理由や、
求めている事など
色々と聞かせて下さった。

この後、ともーこママから親しみを込め「Bちゃん」と呼ばれていた
この後、ともーこママから親しみを込め「Bちゃん」と呼ばれていた

因みに福田の髪型は、
美容院へ行って、
嘘でしょ?というくらいに盛って下さい
とお願いした結果です。
img_8938↓↓↓

知り合いに会う度に「仮装か?」と笑われましたが、今日はめげません。
知り合いに会う度に「仮装か?」と笑われました

そんなこんなで
スタートしたOTONAMIE1周年記念イベント。

始めに、
佐藤編集長と、
dsc_0285

村山代表からご挨拶。
dsc_03031年前、
たった二人でスタートしたOTONAMIE。

涙なしでは語れない思い出もあるようで、
大変な道のりだったことがうかがえる。

ご尽力への労いと、
応援して下さる方々への感謝、
今後のOTONAMIEの発展・・・
・・もう色々ひっくるめて乾杯!!

新米ママも、
dsc_0317

新米チーママも、
お客様の笑顔の為に奮闘します。
dsc_0294-2

盛り上がる会場。
dsc_0313-2

カウンターでは、
南伊勢の漁師ジュン記者が
差し入れのお魚を捌き中。
dsc_0250

ゴージャス!!
dsc_0287
超高級魚のマハタと伊勢まだい、
コリコリで甘くてとても美味しかった。

働き者のママは
グラスやお水の補充に
ついつい自ら席を立って動いていた為、
どっしりと構え、
お店の子達を上手に使うようアドバイスを受ける。
dsc_0299-2

結果、
ボーイ代わりに使われる
若手メンズ記者

うむ、イイ仕事してたヨ
うむ、イイ仕事してたヨ

魚も見守るOTONAなカウンター。

あれ、村山代表、3日前に禁酒宣言していたような・・・
あれ、村山代表、3日前に禁酒宣言していたような・・・

衝撃的に美味しかった魚の皮

dsc_0336
この後、あらも煮付けにして頂いた

魚に与える餌の栄養は
皮部分に多くいき、
皮の色味にも直結する。

漁師さん達は、
実は魚の皮には
かなりを入れているのだそう。

なので皮は栄養価が高く、
コラーゲンもたっぷり。

コラーゲン!?

”夜の蝶”見習いの福田、
接客を途中放棄し、
魚の皮にがっつく。

お酒の差し入れも
沢山頂きました。
dsc_0341-2テーブルでの話題は、
着物やふんどし文化、
東海から世界の話まで豊富。

真面目過ぎることに悩む若者に
真面目にふざける為のアドバイスを
真面目にしているOTONAもいた。

どっちみち、真面目・・。
どっちみち、真面目・・。

ふと気付くと、
ともーこママに熱視線を送っていたビーさん。
・・・・・・もしもーし・・

お酒の作り方を見守ってくれていたらしい。
お酒の作り方を見守ってくれていたらしい。

というのは不思議なもので、
しっとりゆったり時間が進み、
初対面同士は打ち解け、
二度見されていた福田の髪型も見慣れられた。

長いような短いような大人な時間。


ママ&チーママ体験で感じたこと

ad-53 ママ:ともーこ

スナックのママの気配りは熟練の技
料亭での接客経験があるが、
気遣いの細やかさと視野の広さが違う。

特に、料亭での宴席は、
コミュニティ毎の空間になっているから
キーマンがわかりやすい。

スナックの場合は、不特定多数
興味ある話題もそれぞれなので、
同時対応の難しさを感じた。


ad-52 チーママ:福田ミキ

飲食を準備しつつ、
自らも飲みながら話しながら
複数のお客様から醸し出される空気に神経張るって
ものすごく体力使う。
(途中放棄して、魚の皮食べてた)

コミュニケーション能力を高めるには、
日々鍛錬だな思った。

またママのタイプによって、
店の色や雰囲気
如実に変わるということを実感。

この頭の疲労感、
英会話を必死に理解しようとした時の感覚に
ちょっと似ているかも。

ちょっとね。。

最後に、
宴会の参加者としての感想だが、
今回の「チーママ」のように
明確な役割があると、
皆さんとコミュニケーションがとりやすく
楽しいということもわかった。

良い経験させて頂きました。


創刊1周年を迎えたOTONAMIE。

これからも三重の暮らしを
よりしく、より魅力的にすべく、
頑張っていきますので、
何卒よろしくお願い致します。
14713682_516518161879999_455354505031846626_n

福田ミキ
フクダミキ。OTONAMIE副代表。OTONA MASTER。
仕事は東京の企業の社長秘書兼オフィスワークセンター長。数年前から社会人学生でもある。2014年に夫の都合で東京から三重県桑名市にお引越し。涙したのも束の間、新境地に疼く好奇心。外から来たからこそ感じるその土地の魅力にはまる。この記者が登場する記事
※くわブロにて情報更新中

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で