世界に通用する日本美が、多気町に登場!!伊勢宮川の里「鄙茅(ひなかや)」

世界に通用する日本美が、多気町に登場!!伊勢宮川の里「鄙茅(ひなかや)」

15207
シェア
三重県多気町日本料理「鄙茅」ひなかや
LINEで送る

昨年11月、多気町にすごいものができました!

伊勢宮川の里「鄙茅(ひなかや)」さん。

三重県多気町日本料理「鄙茅」ひなかや

多気町の高校生レストランのある五桂を抜け、しばらく車を走らせると、広い畑のよくある風景の中に、突如、

「なんだあれ!?」というような建物が見えてきます。

そこが、ひなかやさんです。

三重県多気町日本料理「鄙茅」ひなかや

日本料理のお店。

40年の念願で、1万坪の敷地を買って、そこに茅葺の民家を建築したという、オーナーさんのこだわりの詰まった場所です。

1枚目の写真の畑は全て、ひなかやさんの敷地。

昔ながらの田園風景「里」の良さを、思う存分感じられる一角になっています。

鄙(ひな)=田舎、山里という意味だそうです。

三重県多気町日本料理「鄙茅」ひなかや

さらにすごいのが、清流宮川を一望できるロケーション。

山の木を切ったら、こんな風景が広がったんだとか。

三重県多気町日本料理「鄙茅」ひなかや

桜の時期、山肌を彩る薄ピンクも格別でした♪

三重県多気町日本料理「鄙茅」ひなかや

もちろん店内からも、この景色を存分に楽しめます。

この日はランチでお邪魔しました。

三重県多気町日本料理「鄙茅」ひなかや

三重県多気町日本料理「鄙茅」ひなかや

三重県多気町日本料理「鄙茅」ひなかや

三重県多気町日本料理「鄙茅」ひなかや

三重県多気町日本料理「鄙茅」ひなかや

三重県多気町日本料理「鄙茅」ひなかや

先附、造り、箸休・・・・・・・というコースですが、

それぞれの内容は、その日の仕入れによって決まるとのことで、
スタッフさん泣かせだとか、笑。

その通り、旬の素材をふんだんに使ったお料理の数々でした♪

三重県多気町日本料理「鄙茅」ひなかや

建物の中には、かまども。

白川郷などの茅葺では、天井が真っ黒になっているのを見かけますが、

煙で燻すことによって、茅を、虫などから守る効果があります。

このかまどは、そのためのものとのこと。

三重県多気町日本料理「鄙茅」ひなかや

店内には、こんな囲炉裏のあるお部屋や、

三重県多気町日本料理「鄙茅」ひなかや

2階には、個室もあって、色んな用途でお邪魔できそうです。

多気町民として私が嬉しかったのは、こちらのオーナーさんが、多気町の方だということ。

都会の会社がこういう良さを発掘して、ドドーンと資本投入、なーんてのはよくある話だと思うんですが、
そうではなく、多気町では知らない人はいない、

鮎の甘露煮の老舗「うおすけ」さんが作られました。

多気町にもともといらっしゃる方は、「田舎の本当の良さ」みたいなものを、感じてない方が多いのでは?というのが、私がここに5年住んだ感想だったので、そこが嬉しかったわけです。

でも、書きながら、ここまでこだわった、本格的な和の建物と景色は、地元のオーナーさんだからできたのかな、とも思ったり。

都会の会社が作ったら、もっとアレンジされたものになるのかな、と。

どちらにしても、ひなかやさんは、海外や、日本全国から来てもらう価値のあるお店だと思います!

広告は積極的に出してないとのことなので、予約が取りやすい今のうちに、ぜひ訪れてみてください♪


伊勢宮川の里「鄙茅(ひなかや)」

住所:三重県多気郡多気町相鹿瀬615
TEL:0120-080-201
鮎の甘露煮の老舗「うおすけ」HP

りょうちん
川辺良子。OTONAMIE公式記者。福島県で18年、東京で18年暮らし、36歳で三重県は多気町の兼業農家の嫁に。フォトグラファーの仕事の傍ら、田舎暮らしや、お伊勢さん、猫との暮らしなどを楽しむ。得意ジャンルは写真、グルメ、田舎暮らし。この記者が登場する記事