ホーム 04【知る】 04伝統・団体を知る 初めての般若心経の写経に参加してきました。

初めての般若心経の写経に参加してきました。

シェア

インドネシアから来ましたセパです。
三重県の大学で日本の森林コミュニティと環境教育を研究しています。

先週末、三重県伊賀市北山にある上津山 宝珠院に行って、写経をしてきました。

写経とは経文を書き写すことで、私は初めての経験でした。
私の国では、インドネシア語を書くために通常のローマ字を使用します。
ですから、漢字や特殊文字は共通していません。

以前、三重大学にて書道に参加しました。
その時、漢字を書くのが楽しいと感じました。
だから、私は写経をすることを楽しみにしていました。

漢字を書くことは私にとって挑戦的なことでした。

書き写すだけでなく、手順にも注意を払っています。
文字は、上から下へ、そして左から右へ始める必要があると言われました。
それまでに、私たちは文字を書く際の滑らかさと強調力がどこにあるのかを判断することができます。

写経は、かなり多くの漢字を書かなければなりません。

その写本は、「心の経の経典」または「般若心経の写経」と呼ばれていました。

私は正直なところ、その言葉の意味を理解していません。
私は仏教徒の祈りだと言われました。
私はそれが美しい祈りだと信じています。

すべての文字を終わらせるためには忍耐が必要だったので、それも挑戦的でした。
ついに、写経、私の名前、日付、そして私の願いを書きました。

まだ日本語で私の願いを書くことができなかったので、インドネシア語で書きました。

私は書いたのは“Damailah negeriku” です。
“私の国に平和がありますように”という意味です。

私が日本にいる間、私の国では多くのことが起こっています。
私はすべてがうまくいくことを望んでいます。

私にとって写経は、日本の文化と仏教の文化を学ぶ良い機会となり、貴重な経験でした。

最近は日本ではかなり寒いです。
私は写経に参加した何人かのおばあちゃんを見て嬉しさを感じました。
とても寒かい中でしたが、皆さんとても熱心でした。

この寺院の写経は毎月第三土曜日に開催されています。

 

 

<英語>
Last weekend, I went to Ue Tsuyama Hōshuin, a temple located in Kitayama, Iga City Mie Prefecture Iga City to try writing Sutras or写経 in Japanese.

That was my first experience writing Sutras by copying the letters. In my country we use the usual romanji for writing Indonesian language. So we don’t use Kanji or any special characters in common.

In Mie University, I have joined a small calligraphy class. That time I felt fun writing Kanji characters. That’s why I was looking forward to do Sutras.

Writing Kanji characters has always been challenging for me. It is not only about writing by copying the letters, but we have to pay attention to the steps of writing.
I was told that for one character, it must be started from top to bottom and from left to right. By then, we then can determine where the smooth and emphasis in writing a character.

While writing Sutras, there were quite lot of kanji characters I had to write. The manuscript was called Sutras of the Heart Sutra or 般若心経の写経 in Japanese.
I honestly don’t understand the meaning of the words. I was told that prayers in Buddhist were written there. I believe it is a beautiful prayer. It was challenging too, because it needed patience to finish all the characters in one paper.

At last I wrote the date of Sutras, my name, and my wish. Because I was still not able to write my wishes in Japanese, so I wrote it in Indonesian language. I wrote, “Damailah negeriku” means “Peace be with my country”. Recently a lot of things have been happened in my country while I am in Japan. I hope all be well.

For me, writing Sutras was another good thing to learn Japanese culture and Buddhist culture. It was a precious experience for me.
It is quite cold recently in Japan. I felt glad looking at some grandmothers participated in writing Sutras. It was so cold, but they looked so enthusiastic.
Writing Sutras activity in this temple is being held in every third Saturday.


Music: https://www.bensound.com

 


上津山 宝珠院
住所:三重県伊賀市北山1424

セパ
三重大学の生物資源学区部の博士、インドネシアから来ました。趣味は歌と水泳です。食べ物、花、音楽に興味があります。得意ジャンル:グルメ、景色、イベント

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で