ホーム 01【食べに行く】 GWは、海イク。(GW直前特集第二弾)

GWは、海イク。(GW直前特集第二弾)

シェア

いよいよ始まってしまうゴールデンウィーク。
昔、ある友人が言った。「海は、眺めるものだ。」

正直、マリンスポーツとかめんどくさい。
でもGWだし、どこかには行きたい。めんどくさいから近場で。
同僚から「GWどこか行くの?」という質問に「ちょっと海でも観ながら、ゆっくりしようかなと思って。最近忙しかったし、いろいろゆっくり考えごともしたいしね。」

本当はめんどくさくて、何の予定も立てていないのに、パーフェクトな回答である。これぞOTONAの立ち振る舞い。しかし、GW明けに同僚から「海へいった写真を見せて〜!」と楽しげに迫られると困る。そんな自分に正直なアナタ。GWはOTONAMIEにお任せください!

写真に撮っても「絵になる」しかも「頑張らなくてもいい」同僚から「へぇ〜お洒落なところに行ったのね!」と思われる、GW直前特集記事、第二弾「海、イク。」です。
ちなみに「海は、眺めるものだ。」と、クールに語っていた友人は、現在38歳、二児の父、無職である。

海に恵まれている三重県。しかし「海、興味ない。」そんな自分に正直なアナタもご安心ください。OTONAMIEでは、そんなアナタも楽しめるGW特集を企画しています。

4/26 GW特集「肉食う。」
4/27 GW特集「海、イク。」
4/28 GW特集「ぶっ飛ぶ!」
4/29 GW特集「ディープな観光地に、イク!」

それではOTONAMIEで過去に掲載されたジモトで人気の海に関する記事、GW特集第二弾「海、イク。」をお楽しみください。


まずは海を眺めながら食べる編!

①この上ない贅沢…五感で味わうカフェ✩海女diningあづり@志摩市

IMG_4838-0

志摩市志摩町越賀の阿津里浜(あづりはま)。海の目の前に建つ 海女diningあづり。ソファーのテラス席、最高でしょ?前に見えるのはすずめ島。すずめが日没頃 集まってくることから名付けられたそうです。

IMG_4855

«てこね寿司 » 800円
海の幸を使ったメニューも豊富ですから、地元の人のみならず、観光客のかたにも嬉しいお店ですよね。他にもパスタ、定食など種類も豊富。
特等席に座ってまったり心地いい風にあたり、お茶やランチ。
どこか遠くに旅している気分♪
コーヒー豆もこだわりの伊勢の専門店から仕入れているそうですよ〜✩

IMG_4839-1

海女diningあづり
西根麻里記者

記事全文

※GW中につき、営業日や時間はお店へ直接ご確認ください。


②ホントは教えたくない!13歳以下お断りのオトナのリゾートが志摩にはある!!

4IMG_7700-e1456738654288

ぽかぽか陽気に誘われて秘密の隠れ家に遊びに来ちゃいました♪
どうです⁉︎このリゾート感。

6IMG_7697-e1456738739126

デッキテラスでまったりカフェラテ。気になったら…ジャック・アマノに会いに来て!!

1IMG_7693

場所:シークレット
tokibirdy記者

記事全文

※GW中につき、営業日や時間はお店へ直接ご確認ください。


③津の海で高虎ドッグ@津市

IMG_5703_s

久々の三重に観光気分も加わって。三重に住んだらまず行ってみたかった海へ。津にはおしゃれなマリーナと呼ばれるところがある!ヨットもあるし!住んでる頃は全然感じていなかったんだけど ヨットがある海っておしゃれじゃない?そんな場所にある、高虎ドッグに行ってきました。

IMG_5689_s

ちょうど、井戸端セットというお得なセットがやっていたので頼みました。ドリンクの値段でハーフサイズのドッグが付いてくるの。もーびっくり!おまけにドッグは選べるからね!

IMG_5685_s

高虎ドッグ@津市
きくちゃん記者

記事全文

※GW中につき、営業日や時間はお店へ直接ご確認ください。


「でもね、ほんとは、サーフィンとか少し興味あります。ほんの少しだけど。」
三重県に暮らしていると「サーフィンができる」ことは、イケている評価に多少なりとも影響している。
「でも始めるのって敷居高そう。めんどくさいし。」自分にあうウェットスーツやサーフボードも必要だ。

「無理したくない。」そんなアナタヘ。とりあえずサーフィンのやる気バロメーターを、1/10から5/10くらいまで高めましょう。

「急に始めて、大きな失敗をしたくない。」わかります。その感じ。とりあえず、サーファーを観に行ってみませんか。そしてサーファーの方に「そのサーフボードかっこいいですね」などと話しかけたら、中古のサーフボードとか、もらえるかも知れませんよ。

と言うことで、「せっかく三重県に暮らしているのだから、サーフィン、擦っておきたい。」とお考えのアナタの、やる気バロメーターを少しだけあげる、特集「海、イク。サーフィン編」です。


 

サーフィン編!

①伊勢志摩には伝説を作るサーファー達の話がある!@志摩市

一本の電話が入った。ワハさんからだ!彼は若い頃プロサーファーとして世界大会に出て戦った経歴を持つサーフィン界のパイオニア、今はサーフィンショップを経営し60歳になった。

IMY0596

波に乗ったとしてもライン上には二つの岩をよけて乗っていかねばならない。決して真似はしてはいけない、素人にはとても危険なポイントだ。

IMY0578

私の周りには波に乗ることを人生に例える先輩サーファーがいるが、その例えを借りるなら「人生の波に苦しい事が現れたらあきらめるのか?」と問いかけられているように聞こえる。もし困難が前に現れたら進もうとするだろうか、その波に乗ろうとするだろうか。

IMU2091

記事:y_imura記者

記事全文

②”これが完璧なサーフィン” 平然と波のトンネルをくぐり抜けるチャンピオン!@ 国府の浜Surf Session

IMY3031

今では日本プロサーフィン界を代表する仲村 拓久未プロ。彼の完璧なチューブライディングをするために、今までどれだけの失敗を経験したか想像できるだろうか。

IMY3035

チューブの中は空気が圧縮されている、そこでは聞こえる音も感覚も地上とは別世界となる。IMY3039

もし今トンネル中で先が見えないとしよう。でも転ぶのを恐れず、情熱を持って何度も挑むならどうだろうか。すると彼らのように「はっきり見えていましたよ」といった出口をみつける事ができるのではないだろうか。

IMY3199

記事:y_imura記者

記事全文

③春一番!大切な夢 “SHAPER” 全てはサーフボードのためだった @ 南張海岸

IMY1572

「今日の波は捕まえにくかったです。」と海から上がってきた彼は、サーフボードを自ら制作するという森川さんだ。

IMY1694

彼の作る板は「 MOCCA SURE BOARS 」と言い、口コミだけの注文を受けて制作している。サーフィンが大好きだと言う彼は、青年の時の好奇心が自分を動かし、今日のサーフボード作りに至っている。
少し話をしただけだが、彼が熱い思いを持ってサーフィンに取り組んでいる事、また情熱ある生きかたに、私は興味を持った。後日ゆっくり話を聞きたいと申し出ると、彼は快く承諾してくれ、彼の工房を見せてもらう事になった。

IMY6783

記事:y_imura記者

記事全文

 

④サーフカルチャーを発信するお店。R2 SURF UNION@伊勢市

430ee525946bb57dfdd20f887ffc04b0

サーフボード、ウエットスーツは既製品もありますが、基本的にオーダーメイドなんです。自分の身長、体重、サーフィンのスタイルに合わせてボードを注文。また、ウエットスーツも自分のスタイルに合わせて注文できる。こうして世界にひとつだけ、自分だけの遊び道具ができるのです。こんな贅沢な遊びは他に無いと思います。

c71a9f4865582a8f3fa018cd7aa1240b

サーフ以外にもアパレルにもこだわり、かっこいいサーフカルチャーを追い求めてます。こんなくつろぎスペースもあります。
他にも、One G’s (R2 SURF隣り)海をイメージしたご飯屋さんや、R2 HOUSE (国府ビーチ前)ビーチフロントには専用駐車場などあります。

3392e305225bab895628edc42a347919

記事:kengod記者

記事全文

※GW中につき、営業日や時間はお店へ直接ご確認ください。


GW直前特集、第二段「海、イク。」いかがでしたか。

三重県には、アナタが楽しめる海の過ごし方がきっとあります。

そっと寄り添う心地よい風を探しに、「海、イキませんか。」

明日は第三弾「ぶっ飛ぶ。」です。お楽しみにー!

※GW中につき、営業日や時間はお店へ直接ご確認ください。

OTONAMIE事務局

三重に暮らす・旅するWEBマガジンOTONAMIEの、広報的なお知らせを投稿していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で