ホーム 03【お店へ行く】 森と人の環~Mori to hito no wa – The Ring of Forest and People.

森と人の環~Mori to hito no wa – The Ring of Forest and People.

シェア

久しぶりに、三重県菰野町へ行ってきました。

今回の行先は「森と人の環」という家具屋さんです。

三重大学の卒業生で、私が今在籍している研究所にいたこともある清水さんがはじめた家具屋さんです。

地元の森林の価値を日本人にもっと知ってもらいたいという想いを持ったお店です。

三重県は林業が盛んで有名な県です。

菰野町では職人達が地元の木々から家具を作っています。

日本の木製品は高価なため、木材を輸入する傾向があります。

したがって、これらの活動により、職人達は日本の森の価値を再構築しようとしています。

この店で売られているものは上質で可愛く、私は本当に驚きました。

全て地元の木で地元の職人が作ったものなので、やっぱり素敵ですね。

そして、この日は箸作り体験がありました。
私たちは色々な種類の木(ヒノキ、ケヤキ、羅漢、キハダ、桜など)を選びました。

私は一つ目はヒノキを選びました。
すごく香りがいいです。
私はこの香りが大好きです。

二つ目は桜の木から作りました。
桜の木はヒノキより硬く難しかったですが、色がいいです。

箸の形を作った後、
いくつかのオイル(オリーブオイルまたは米油を選ぶことができます)を塗って木を磨き、
香りと色を付けました。

また、ヒートプリントを追加することもできます。

そして、自分で作った箸を使って、軽食とたけのこご飯を食べました。

ご飯は美味しくて、箸も香りが良く、とてもよかったです。

箸を作るのは初めてでしたが、
スペシャルな箸ができて嬉しいです!!

昔、日本人は自分の箸を作っていたという話も聞きました。

 


<英語>
It’s been a while, I went to Komono Town. I visited Miro to hito no wa (Forest and People Ring) furniture shop initiated by Shimizu Tamaki, alumni from Mie University used to be in the same Laboratory where I am now. This shop was inspired by the value of local forest for Japanese people. Mie prefecture is known as one of forested prefectures. Here, in Komono, several craftsmen gathered making furniture from local trees. Japanese wood products are expensive that make people tend to import wood/ logs. While there are a lot of mature forests need to be harvest, Japanese lost their interest into forests. Therefore, with this kind of activities, craftsmen try to build again the value of Japanese woods. I was really amazed by things sold in this shop. They look really fine and cute.

Today we had a chopstick making experience. We chose materials from different kind of trees, such as hinoki, zelkova wood, rawang, kihada, and sakura. For my first chopstick, I chose Hinoki. I really like the smell of this Hinoki. Then I made the second one from Sakura wood. It was a little bit harder than Hinoki, but I like the color.

After shaping our chopsticks, we the applied some oil (we can choose olive oil or rice oil) to fine the wood, add some smell and colors. And we can also add some heat prints on it. After that I tried to use my own chopstick to eat snacks and Takegohan. The rice has already been tasty then the smell of hinoki made it even better. While having workshop, I also learnt to make hashibukuro (chopstick wrap) to make the chopstick looks more sophisticated.

This is the first time for me making chopstick, but I am glad that I could make ones really look like sophisticated ones. Heard that most Japanese could make their own chopsticks back in old time.

 


森と人の環
住所:三重県三重郡菰野町宿野56−1
電話:059-329-7711

セパ

三重大学の生物資源学区部の博士、インドネシアから来ました。趣味は歌と水泳です。食べ物、花、音楽に興味があります。得意ジャンル:グルメ、景色、イベント

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
シェア