ホーム 00夏 菰野町にあるキラキラネームな山「キララ峰」ってどんな山?

菰野町にあるキラキラネームな山「キララ峰」ってどんな山?

シェア

まさか、山の名前がキラキラネーム!?

最近の子供の名前は、キラキラネームが多くってなんて読むの?と考えてしまいます。
まさか山の名前がキラキラネームに?と疑うような名前「キララ峰」
すごいネーミングで、以前から気になっていました。

よくよく調べると「キララ峰」って漢字では「雲母峰」と書くんです。
これが全くの当て字ではなく、PCでも「きらら」といれて変換すると「雲母」に変換されます。
キララと言う響きだけで、小学生の頃女子に人気のあったキキララを思い浮かべてしまいました。
サンリオのキャラクターでツインリトルシスターズのキキとララですね。

キララとは漢字の雲母から、雲母(うんも)は、ケイ酸塩鉱物という鉱物の意味。

 

御在所を目指して走ってアクアイグニスを過ぎて信号を左に入って行くと、
キララ峰登山口到着。

キララ峰のコースは如何に!?

遠くから見て、何だろうと思ったら植林をしているようです。
結構な密度で植えるんですね。

丁度作業されている方がいて、ご挨拶をしたら私の半袖ショートパンツ姿を見てヒルに噛まれないかと心配してくれました。
そう、今回はそれが心配でコースはヒルがいなさそうなルートで走る事に。

コース コース コース コース

たいしたことないコースだろうとなめていたら、結構な急斜面。
距離は短いですが、ずっと急斜面が続くし暑いしキツいです。

雨のあとだったので、立派なキノコを発見。

やっと到着したキララ峰Ⅱ。
通常、山の一番高くなっているピークの名前には、メインとサブがあり、
サブには、メインの所から見て北とか南など方角の名前がついていることが多いのですが、
こちらは、キララ峰Ⅱ。Ⅱですよ。
ギリシャ数字を使うところがオシャレですね〜。

ここは急斜面と木がないことを利用してハングライダー発車場になってました。
すごく景色がいいので、ダムカードでもらった通称キララ湖、正式名称だと菰野調整池のを合わせて撮影。しかし、残念ながらガスっていたのでよく見えませんでした。

メインのキララの景色は!?

そしてメインのキララについたら、木がうっそうと茂っており全く景色が見えません。
どんなにキラキラな場所なのかと期待したのにショック・・・。

そして山頂の看板の文字をよく見ると吉良良山三角点888.1mと。
てっきり”雲母”という字がキララかと思いきや、
最後の最後の山頂で”吉良良”にするとは空けてびっくりな結末でした。
結局どの文字が正式なんだろう?

山頂 山頂

飲む点滴、甘酒と共に。

今回のトレランの補給食は、甘酒をもって行ってみた。

あま酒

ランナー仲間では、甘酒は飲む点滴と言われて、すごく疲労回復に効くと皆さんよく飲まれます。
でもだいたいが缶ジュースなので走りながらちびちび飲めない。
今回持参したものは、ゼリー状になってパウチでキャップがついてるので、
ランナーにはありがたい仕様。
今回は凍らせてもっていったので、丁度いい溶け具合で美味しく飲めました。

下りはヒルが心配な沢ルート。
台風の影響でしょうが、結構崩れていたり木が倒されているカ所も多く走るのが大変。

滋賀県東近江市の日本コバや鈴鹿山脈銚子ヶ口の下りのコースと似ているなと。

途中で大きなミミズを発見。
指ぐらいの太さで、黒光りしてミミズなのにどう猛そうに見える。
コオロギやバッタでも食べそうな肉食では?と思ってしまう。

下山 下山 下山

やっと下山。

そしてやっと下山。
と言いたいところですが、ここからが東海自然歩道のルート。
ほとんどが舗装してあるのですが、トレランで走りに来ている時には、
舗装してある道でも膝が痛くなることがあるのできついです。

キララ湖

帰りには、キララ湖を近くで見るのもオススメです。
遙か彼方にキララ峰、キララ湖、ダムカードのキララを合わせて
3連キララでパチリ。

ちなみに、こんな暑い時期に登る人はまったくいませんでした。

アイシングは、菰野町B&G海洋センターで。

菰野B&G 菰野B&G

しっかり暑かったので、帰りは涼みに菰野B&Gに行ってスイミングでアイシング。
B&Gと言えば笹川会長の「世界は一家 人類みな兄弟 ワッハッハッ〜♬」で有名な
あのCMのおじさまのおかげで、このプールが全国にあり、
200円というお値段で利用できるというのがありがたいですね〜。

菰野B&Gは、すごく空いててゆっくり気持ち良く泳げるのでオススメです。
室内プールなのですが、ビニールハウス式なので結構日差しが当たります。

コース
今回のコース
3Dマッピング

 


菰野町B&G海洋センター

住所:三重県三重郡菰野町大字菰野4775-1

佐野康治

39歳までメタボ親父が運動に目覚めてトライアスロンにはまる。チーム「ランナーズ・ハイ」運営。運動で地域活性、いいとこ再発見でマラソンや自転車でウロウロ徘徊してます。普段は桑名でビジネスホテルを経営
得意ジャンル:マラソン・トレラン・自転車・トライアスロン・観光・レジャー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で