ホーム 02【遊びに行く】 作家モノの器が体感できる!?「青い鳥」の初企画展が話題~3月10~16日開催@伊賀

作家モノの器が体感できる!?「青い鳥」の初企画展が話題~3月10~16日開催@伊賀

シェア

伊賀の玄関口、上野市駅前のNEWスポットとして話題の「新天地Otonari」。

P1120439
「新天地Otonari」は伊賀鉄道「上野市駅」から南へ徒歩1分

P1120444数年前までシャッター通りだった商店街をリノベーションし、

20~40代の女性をターゲットとした雑貨店、飲食店、サロンなど素敵な店舗が並ぶアーケード街です。

P1120441

P1120446

P1120501その「新天地Otonari」の第1号店として、2013年8月にオープンした「手しごとの器と雑貨 青い鳥」が

3年目を迎える今年、初の企画店を開催すると聞いてお店を訪ねました。

P1120448

P1120450

 


✳✳河原崎優子 うつわ展✳✳

3月10日(木)~16日(水) 11:00~16:00   入場無料

会場:「青い鳥」隣り「the SPACE」(レンタルスペース)

※作家在廊日:12日(土)、13日(日)を予定。

★河原崎さんのカップでいただくハーブティー講座★︎

3月10日(木) ①13:00~、②14:30~(各回先着予約4名様)

参加費:3,000円(カップ代含む、feveのお菓子付き)

予約&詳細は「青い鳥」facebookをご覧ください。


 

「河原崎さんの作品は、シンプルで日常の食卓にすっと馴染むデザインと、カラーバリエーションの豊かさが魅力。さまざまな用途に使えるフォルムやサイズ、スタッキングできる点など、女性ならではの目線でよく考えられた使いやすさも好きなんです」と話すのは、店主の堂下洋子さん。

P1120465

「普段、お店の販売では、展示スペースの関係ですべてのバリエーションをなかなかご覧いただけないのですが、今回の企画展では、彼女の作品をたっぷりとご覧いただけますので、色みの豊かさにも注目して欲しいです」と、にっこり。

店内には企画展初日のハーブティーイベントのために河原崎さんがつくったカップが並んでいました。

12834682_1753554508212959_865963626_n

この中から好きなカップを選んで、春をイメージしてブレンドしたハーブティーを特製のお菓子と供に楽しむ趣向。もちろん、カップはそのままお持ち帰りできます。

作家モノの器を見るだけじゃなく、体感できるこのイベント。「日々の暮らしの中に、手しごとの器を取り入れてもらえたら嬉しい」という堂下さんならではの催しです。

P1120480
店主の堂下洋子さん

「素敵な手しごとをする作家さんとお客さまをつなぐ、幸せの“青い鳥”みたいな場所になれたらいいな…」と、スタートしたこのお店。

店内には店主の堂下さんがセレクトした器や雑貨が並びます。

セレクトポイントは店主自身が実際に見て、触れて気に入ったもの。そしてもちろん「手しごと」であること。

12825667_1753554488212961_2135803921_n  12788675_1753546778213732_783736381_oP1120490「青い鳥」を開くまでは、普通の主婦だったという堂下さん。

器が好きで、お店や作品展を見て歩くうちに、作家さんとの交流も広がり

いつか自分の店を持ちたい…という思いを形にしました。

主婦視点でセレクトした器たちは

普段の食卓で使いやすく、

それでいて作家モノならではの個性があり、

買いやすい価格帯(←これ大事ですよね)のものばかり。12784761_1753546788213731_176799738_n

P1120468 12804355_1753554494879627_1277664935_nP1120472小さなお店なので、展示できる点数には限度がありますが

センスの良いセレクトと、暮らしをイメージさせるディスプレーで

何でもかんでも大量に置いてあるお店よりも断然選びやすい!というのが私の印象。

自宅用からギフトまで、ここに来れば欲しい一品が見つかります。 P1120378P1120451お猪口コレクターの私は酒器にも目移り。

どの作品についても、楽しそうに笑顔で語ってくれる堂下さん。

作家さんのこと、使い方のこと…

ひとつひとつ愛情を持って選んでいるからこそのお話ばかりです。

 

上野市駅前を元気に盛り上げる「青い鳥」の3年目の挑戦。

初の企画展にぜひ足を運んでみてください!

13日(日)は新天地Otonariのすぐ横、上野市駅前広場で「伊賀風土FOODマーケット」も開催中です。P1120442

 


手しごとの器と雑貨 青い鳥

住所:三重県伊賀市上野丸之内23新天地OtonariB
電話:090-6194-0096
営業時間:11:00~16:00
定休日:水・日曜日(不定休あり)
青い鳥フェイスブック
青い鳥インスタグラム


 

ライター kanzaki
kanzaki chiharu。OTONAMIE公式記者。伊賀市在住のフリーライター。出身地、広島のタウン誌→東京の編集プロダクション→フリーランスとして独立して早十数年。現在は伊賀に拠点を持ち、伊賀の情報誌の執筆をはじめ、企業広告コピー、イベント企画提案などを手掛ける。日本酒好きが高じて、「伊賀酒DE女子会」の企画運営をはじめ、日本酒関連の執筆、コーディネート、イベント運営も行う酔っぱライター。得意ジャンルは日本酒、伊賀情報。2016年「日本酒女子普及委員会」会長に就任。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で