ホーム 01【食べに行く】 尾鷲でマンガスクール開催!いいわけファミリー旅!

尾鷲でマンガスクール開催!いいわけファミリー旅!

シェア

桑名から三重県を南下シリーズ!

母子で南伊勢旅が思いの外好評だったので第2弾!

と言っても今回は夫も同行なので、

なんのトラブルもない普通旅です(笑)

ハイ、トラブルを起こすのは私だけー\(//∇//)\

行ってきたのは、
南伊勢よりももっと南下して、
尾鷲の先、九鬼町!(熊野の手前)

こどもマンガスクール

に行ってきました!!

クッキングパパの作者、

うえやまとち先生と、

味いちもんめの作者

倉田よしみ先生が講師で、

お魚の絵を描こう!な企画!

な、な、な、なんて贅沢!!

 

クッキングパパ・味いちもんめのリアル世代からは少し離れるので、読者ではなかったのですが、この作品を知らぬ人はいませんよねー!

どんな人なんやろー!ワクワク!

ふ、普通のおじさんや、、、!(黒Tのお二人)

 
あぁ、もうね、
親世代がそうなんやから、
まだマンガもほとんほど読んだことないこどもたちは、

きょとーんとしてるっ(゚∀゚)

キャー!という黄色い声は
兄弟の参加のために連れてこられた乳幼児のぐずる声くらい(笑)
ゆる〜く始まったワークショップ。

今朝水揚げされた魚介類さんたち!

ちゅーやさん(真ん中のヒゲの人)がお魚達を説明。

イカが新鮮で、

模様が動いてる!

触るとまた色が変化するので、みんなのお触りターゲットに。

気になるお魚を持って、

それぞれテーブルでスケッチスタート!

描くより観察(°▽°)

全然描いてなーい(笑)

そしてこれが目玉?

先生方の生デッサン!
ナマーーーーーーーーーー!!!
群がるこどもとおとな。
こども達、遠慮がないので近いです(笑)

1時間経ったところで、
ハーフタイム休憩ー!
「先生からの差し入れです!」
って博多の通りもんをもらい、

みんなで食べました(^^)

超アットホームなワークショップ!!(゚∀゚)

その後、こども達の絵を回収して、

先生達から一言タイム。

もちろん記念撮影も(^^)

みんな上手に描いてた!

その集中力すごいよー!

上手い下手とかでなく、集中力、描く意欲がやはり重要なのです。

描く意欲が抑えられない私は、
娘の横で便乗デッサン。
それをうえやま先生に見つかり、
「お母さんプロ?」と怪しまれたり(笑)
いや、趣味趣味!描くのが好きなの!\(//∇//)\

さて、そんなこんなで12時に終わって、お腹が空いたのだけど、

私がどうしても行きたい場所へ!

ウ・ワ・サの

トンガ坂文庫へ!!

トンガ坂文庫のアレコレはOTONAMIEの記事をどうぞ!

OTONAMIEは漁村ネタが好き。

つまりOTONAMIE好きは漁村が好きなのである。

その、「ザ・漁村」に出現した

謎の古本屋がトンガ坂文庫。

みんながお勧めするトンガ坂文庫!

行かねばなるまい!!

で、いきなり迷います。

地図貰ったけど、
まるで宝の地図だった。
目印が特にない線の地図を眺めながら、

なんとなくそんな流れ?と、坂道をどんどん登る。

あ、あった。
景色に見とれて一旦通り過ぎた入り口。

草で看板見えない(笑)

中は小さいけど素敵な空間。
すぐに絵本を手に取り座って読み始めるこども達。
すると、こねこが!

いたずらっ子なこねこが店内を走り回り、

本よりそっちを目で追ってしまう私たち(゚∀゚)

お腹も空いたので、ほどほどに

絵本と漫画を買ってお店を出ました。
「紀伊半島海町ごはん」という読み切り漫画

今歩いた九鬼の海岸もお話に出てきます!

なんかこういうの嬉しい!
坂道を楽しく降りていきます。

途中、なんでもないもので寄り道できる子どもの特権。

ちょっと横道逸れたりしてうろうろ。

苔むしてはいるけれど、

ゴミとか落ちてなくてとてもキレイ。

細い道を下り切ると、いきなり海!

堤防とかなくて、ほんといきなり海です。

小さい青いお魚がいっぱいいる、透き通った海でした。

こんな、「いきなり海」がすごく新鮮。

夜、街灯もない道で、落ちたりしないんだろうか?

街中では、側溝には蓋が敷き詰められ、
用水路には柵が取り付けられ、反射板がついている。

これでもかと安全対策がされてるのが当たり前。

ここ、九鬼の道は、信号もなければ、柵もない。

横断歩道も消えかかってようが問題なしな感じ。

今回のイベントがなければ、
観光マップ片手に、
尾鷲の市内か、熊野へは行っても、

九鬼という街を歩くことはなかったと思います。

こういう旅もいいなぁ。

さてさて、これで終わりかと思わせて、

オマケはお昼処のご紹介♪

遅いお昼ご飯、

向かうは

ラーメン!!!

 

尾鷲まで来たのになぜラーメン。

海の幸は??
と思いながら、

そこはファミリー旅行。

こどもに「何食べたい?」と聞いてしまったら最期、

わかっているのに聞いてしまうあるある。

こどもはいつだってラーメン食べたいのだ。

 

尾鷲市内はラーメン屋が乱立していましたが、

そこは抜かりなくリサーチ済み!

海山(みやま)の方に車を走らせ、

たどり着いた先は、


「らぁめん・つけめんケンぞ〜」
さん!

NAGI(三重県の情報誌)の記者をしている友人から聞いてきたラーメン屋さん。

彼女が勧めるなら間違いない!

でも実はすでにOTONAMIEの記事でも登場していた!!

さっすがー!

何食べよ〜?

ラーメンとつけ麺がお勧めなのかなー?

とメニューを拝見。

メニュー多!!!

このほかにも限定メニューや新メニューのチラシが何枚も。
まあでも、「イチ押し」マークがついた

まぜめんをチョイス。

美味しかった!

ふつうに!!
ふつう?じゃあなぜお勧めなのか?
それは、、、
優しいラーメン♡
ラーメンに優しさとか求めちゃいけないと思ってた!
でも、
こどもが好きだからこそ、
優しいラーメンって嬉しい!!
化学調味料無添加なのに、
ふつうにおいしい。
たったこれだけだけど、
それでもポイント高い!
家族で行くなら、ふつうが一番。
あ、こどもたちは390円のお子さまラーメンにしてました。
(写真撮るの忘れた)
醤油ラーメンと、ジュースとオモチャ付き

ごちそうさまでした♡

その後、道の駅やサービスエリアに寄りながら、地元の濃口のお醤油や、干物、更に、尾鷲ひのきの立派なまな板買ったり、楽しみました。

まだまだ行きたいところはあったけど、

そうはいかないのがファミリー旅。

無理しないのがファミリー旅。

なんのトラブルもないのが一番のファミリー旅。

(トラブルある方が記事のネタにはなるが)

また行きたいな!
三重県南下の旅!
トンガ坂文庫
三重県尾鷲市九鬼町121
九鬼漁村センターより徒歩2分
tel 070-4340-2323
hp https://www.tongazakabun.co
fb https://www.facebook.com/tongazakabunko/
in https://www.instagram.com/tongazakabunko/
tw https://twitter.com/tongazaka

らーめん ケンぞ〜
住所:三重県紀北町海山区相賀1483-1 熊野古道馬越峠登り口そば
営業時間:11:00〜14:30 17:00〜21:30
定休日:毎週火曜日の夜 第3日曜日
電話:0597-31-4064

しおママ

しおママ。OTONAMIE公式記者。7歳と4歳の姉妹のママです。こども食堂・くわなアンジープロジェクトなど、「こども」キーワードで活動中。桑名で子育て!しおママブログ♪更新中!得意ジャンルは、食べ物・子連れスポット・イラスト・手作り・イベント。
この記者が登場する記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で