ホーム 01【食べに行く】 01ランチ・スイーツ・カフェ・パン・女子会 あのサフラン難民は今。漂流先とみられる和室喫茶”銀のすず”に潜入してみた。

あのサフラン難民は今。漂流先とみられる和室喫茶”銀のすず”に潜入してみた。

シェア

長年通っていた喫茶店が閉店し、
行き場を失い路頭に迷う。

そんな経験がある人も多いのではなかろうか。

2016年10月。

三重県桑名市にて、
惜しまれつつも46年間の歴史に幕を閉じた、
喫茶サフランの客もそうだった。

そう、サフラン難民である。

参考 【哀報】46年間地元で愛され続けた喫茶サフランが閉店へ。どうするサフラン難民。

 

閉店から早2年。サフラン難民は今。

あのサフラン難民が、
新たな溜まり場を見付けていると聞き、
潜入することにした。

揖斐川と長良川の堤防から、
徒歩2分程のところにソコはある。

和室喫茶 銀のすず

まず外観にビビる。

えっ、入っていいのかしら。

躊躇するほどに”普通のお宅”

もちろん靴は脱ぐ。

そして自然と出てくる、
おじゃましまーす」という言葉。

 

知らない者同士が向かい合うのも当たり前

だ。

スリッパはなく、
足に感じる柔らかな畳が気持ち良い。

部屋の中央には大きなテーブルが一つ。

大人たちが、
ギュッと座っている光景にギョッとするが、
これがここの文化。

知らない者同士、
向かい合うのも当たり前。

なんというか相席を越えたスケールなのだ。

品の良いママさんに、
モーニングをお願いし、ちょっと一息。

ぼーっと庭を眺めていると、
”サフラン難民”というワードが聞こえてきた。

--えっ、もしかして、サフラン難民ですか??

 

あの人もこの人もサフラン難民!!

サフラン難民だけど何か?

そう答えてくれたお客さんたちを
よく見ると知った顔ばかり!!!

サフラン難民だ…

2年ぶりの再会に軽く感動を覚える。

あれから一体どうしてここに漂流したのか。

経緯を聞いたところ、
やはりサフランがなくなってからというもの、
腰を落ち着かせられる場所は見付からず、
彷徨っていたところに、
畳が敷いてある面白い喫茶店がある
と友人に聞き、来てみたら、
その心地良さにはまったのだそう。

「俺ら、やかましいし居座るけど大丈夫?」
と最初にママさんへ確認も行い、
「よろしいですよ」と答えをもらったのだとか。

少々疑ってママさんに聞いてみた。

―—ママさん、それは本当ですか??

ママ:ええ。何故こんな男の人ばっかり漂流してきたのかしら?と不思議だったのだけど、お話聞くうちにサフラン難民だということがわかったの。居座るといっても、待つ程のお客様がいらしたら、皆さんスッと替わってくださるからとても有難いのよ

客:それにええ男ばっかりやしな!

そんな冗談が飛び交う中、
玄関にまた新たなお客さんの気配。

―—もしかしてサフラン難民ですか??

客:えっそうだけど、何か?

 

モーニングはチンチンのゆでたまご。時にカレーパンも。

銀のすずのモーニング。

こだわりは熱々なゆでたまご。

「温かなゆでたまごの方が美味しいでしょ」
とママさん。

とろみのあるヨーグルトはお手製。

付け合わせは果物だったりサラダだったり、
毎日来るお客さんのために日替わり。

レアだが、
ママさんの気分によっては、
揚げたてのオリジナルカレーパンが登場する日も。

不定期なので出会えた人は超ラッキー。

 

出会いと憩いの場

8年前に始めたという銀のすず。

老後の楽しみとして、
自宅の部屋で何かできないかなと考えたのがきっかけ。

当時ママさんは、
珈琲もパンもあまり好きではなく、
その発案にご家族は衝撃だったとか。

今は毎日、ユーモラスなお客さん達から、
元気をもらっていると仰るママさん。

―—そういえば、店内にBGMかけていないのですね。

ママ:以前はかけていたんだけどね、会話の邪魔になるからやめようってなったの

この日は土曜日で席はゆったりしていたが、
木曜と日曜はお客さんが多く、
長テーブルがギュギュっといっぱいになる。

そして他愛のない会話で盛り上がり、
自然と皆、友達になってしまうというのが、
この銀のすずの楽しいところ。

 

銀のすずという”居場所”

こういう雰囲気だからそりゃはまるよね

サフラン難民含め、
常連さんたちがこの銀のすずを愛してやまないのは、
この雰囲気と居心地。

気さくで優しいママさんと、
目と声が届く程よい距離感で、
お客さん同士も和気あいあいと寛いでいる。

まるで親戚の家に来たような気分で、
ついまったりしてしまう。

気付けば時刻はお昼前。

さて、そろそろ・・・と、
徐々に席を立つお客さんたち。

ではお先に失礼します

”おじゃまします”に始まり、
”お先に失礼します”で終わる。

喫茶店というよりも、
元気をもらえる出入自由なサークルとでもいうのであろうか。

サフラン難民が居つくのも俄然納得の、
素敵な”居場所”がそこにあった。

Photo by y_imura


和室喫茶 銀のすず
住所:三重県桑名市東太一丸13
電話:0594-23-4357

福田ミキ

フクダミキ。OTONAMIE副代表。OTONA MASTER。
仕事は東京の企業の社長秘書兼オフィスワークセンター長。数年前から社会人学生でもある。2014年に夫の都合で東京から三重県桑名市にお引越し。涙したのも束の間、新境地に疼く好奇心。外から来たからこそ感じるその土地の魅力にはまる。この記者が登場する記事
※くわブロにて情報更新中

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で