ホーム 04【知る】 おうちでヒノキ風呂

おうちでヒノキ風呂

シェア

内山さんに前回取材したのは、「木の幹からできるお茶を飲む」でした。
クラウドファンディングもされていましたが、無事、2020年8月に目標金額に達成されたと聞きました。本当におめでとうございました。

あれから、半年経ちどうされているのか気になっていましたが、今年早々に新製品をリリースしていました。「おうちでヒノキ風呂」です。自宅で森林浴に浸り「一日の終わりをヒノキと共に」しコロナ禍でのストレスを和らげてほしいとしています。

「森林浴(shinrinyoku)って、sushi、karaokeと同じで海外でもそのまま通じるんです」内山さんは世界を身近に見ています。日本の森の豊かな恵みの希少性はたいへんな魅力で海外でも十分通用すると感じています。

多くの人に、木、森林、林業を身近に感じて欲しいという思い。日常生活を日本の木で彩りたい。「木でくらしに笑みを」内山さんのメッセージです。

 

お茶に続いて新しい木の消費方法の確立に挑戦されています。

内山さんが考える林業の社会課題は明確です。森林蓄積が増加し供給過剰になっていること。林業が持つ解決のために木材の多様な消費方法を確立すること。

「林業が活性化すれば雇用が生まれ森が守られる」「みんなハッピーになると思うんです」と内山さん。「林業が魅力的になり人が集まり資本が投下され参入が増えることはむしろ歓迎されること」「そうやって林業が盛り上がり循環していくといい」内山さんの思いは大きく深い。

多くの人に木や森林の魅力を身近に感じ体験してもらいたい、そんな思いを胸に次はどんなチャレンジをしどんな商品をリリースするでしょうか、たいへん楽しみです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
シェア

この記事のFacebookいいね!数

19