ホーム 01【食べに行く】 #大台町PR vol.5 私、気になります アイデア満載の大台町ご当地土産

#大台町PR vol.5 私、気になります アイデア満載の大台町ご当地土産

シェア

「えっ!何これー」

旅先で見つけたお土産に、胸が踊ってしまった経験ってありませんか?

今回はブロガーによる大台町PRの最後の締めくくりとして、清流 宮川をはじめ大自然が広がる大台町のご当地土産を紹介していきます。

#大台町PRに関しては、「vol.1 全国から大台町にブロガーが集まったら一体どうなる?・・どうなるの!?」をご参照ください。

ばぁちゃんずが作るお団子と鮎が干物になりました

場所:森の中のホテルへ 奥伊勢フォレストピア

奥伊勢フォレストピア 売店7
大台町の奥伊勢フォレストピアの売店は、お土産が充実しています
奥伊勢フォレストピア 売店5
清流 宮川の湧き水 ミネラルウォーター森の番人
奥伊勢フォレストピア 売店6
森の番人の日本酒もあります
奥伊勢フォレストピア 売店3
健康で注目されているえごまの商品や
奥伊勢フォレストピア 売店4
色鮮やかな奥伊勢ゆずシリーズも
奥伊勢フォレストピア 売店1
こ・・これは

そして、とても気になる商品を見つけてしまいました。

奥伊勢フォレストピアで手に入る土産① ばぁちゃんず ほうのき団子

奥伊勢フォレストピア ほうのきだんご1

もうパッケージからにじみ出るご当地感に絶対帰りに買っていこう、とロックオンしていました。

奥伊勢フォレストピア ほうのきだんご3
パックをあけると良い香り
奥伊勢フォレストピア ほうのきだんご4
中からよもぎ餅が
奥伊勢フォレストピア ほうのきだんご5
いただきます
奥伊勢フォレストピア ほうのきだんご6
餡こが白い!

モクレン科の落葉樹 ほうのきの芳醇な葉の香りが特徴的で、よもぎ餅の中にはそら豆餡が包まれています。別名は野上がり団子と呼ばれていて、田植えのを終えてから食べる習慣があったそうです。食べると、何だか元気が湧いてきます。

奥伊勢フォレストピアで手に入るお土産② 鮎の干物

奥伊勢フォレストピア 鮎の干物2
こ・・これは

丸干し、かんぴんたん、みりん干しと伊勢湾や熊野灘で獲れた魚の干物は最高です。ただ、奥伊勢フォレストピアの売店で販売されていたのは、伊勢湾や熊野灘で獲れた魚ではありませんでした。

奥伊勢フォレストピア 鮎の干物

ありそうでなかった、川魚 鮎の干物です。ピチッと真空パックで軽くて持ち運びも楽チン。常温品で袋を開けたらそのまま食べられますので、場所の選びません。

奥伊勢フォレストピア 鮎の干物3
軽く炙ってパリッと食べるのも美味しいです
奥伊勢フォレストピア 鮎の干物茶漬け
鮎の干物茶漬け。あぁ、ずっと噛んでいたい

半身を晩酌のつまみに、もう半身をお茶漬けにしていただくアレンジなんていかがでしょう。

大台町のレアなご当地自販機で爽やかゆず飲料GET

場所:道の駅 奥伊勢おおだい

道の駅大台 奥伊勢ゆず自販機1

道の駅大台 奥伊勢ゆず自販機2

オトナミエ記者でお馴染み キャスターマミさんが紹介されていた大台町のレアな自販機に初遭遇しました。DIYしてオリジナル自販機に変身したそうです。ご当地自販機は道の駅奥伊勢おおだいに設置されていますので、ぜひ探してみてください。

道の駅大台 奥伊勢ゆずラインナップ
奥伊勢ゆずっこシリーズ

道の駅大台で手に入るお土産① ゆずっこ

道の駅大台 ゆずっこ グラス
午後の休息

柚子の爽やかさとトロッとした喉の潤いをお求めの方には、奥伊勢ゆず使用のゆずっこです。一口飲めば柚子に癒やされ、気分がリフレッシュします。

道の駅大台で手に入るお土産② ゆずっこサイダー

道の駅大台 ゆずっこサイダー グラス
キンキンに冷えたゆずっこサイダーは爽やかさ倍増!

柚子の爽やかさと喉越しをお求めな方には、奥伊勢ゆずの微炭酸飲料 ゆずっこサイダーです。氷でキンキンに冷やして飲むのもオススメです。

たぬき×ラグビーボールなおにぎり?

場所:奥伊勢PA(パーキングエリア)

奥伊勢パーキングエリア タヌビーボール1
こ・・これは

大台町の高速道路パーキングエリアには、ユーモアあふれるご当地おにぎりがあるのをご存知ですか?そのおにぎりには、3段階の驚きが隠されています。

見て驚き、かじって驚き、味わって驚くおにぎり。その名も、タヌビーボール。

奥伊勢パーキングエリア タヌビーボール2
ななな・・なんと

出汁つゆで炊かれた少し甘めの御飯と天かすとねぎ、そして煮玉子が丸々1個入ってます。食べごたえもあって、とっても美味しいです。自然散策や長距離車移動のお供にも最適です。

お土産を渡した相手の反応は?

「えっ!何これー」

家族や友人にお土産を渡した時の反応にデジャブを感じます。そう、旅先で土産に胸が踊った自分自身と重なっていました。どこに行ってきたの?そんな会話からはじまる楽しかった旅の思い出。お土産を食べなから咲かせるのは、いわば楽しい旅の番外編ですね。

 

 

-この前な、大台町に行ってきたんさ。

 

 

#大台町PRシリーズ バック・ナンバー

#大台町PR vol.1 全国から大台町にブロガーが集まったら一体どうなる?・・どうなるの!?

#大台町PR vol.2 地元で1泊 忘れられないプチ冬旅行 森の中のホテル 奥伊勢フォレストピア

#大台町PR vol.3 北総門山バス&ハイキングツアークイズの挑戦状 目指せ100点!

#大台町PR vol.4 お元気でした 大杉谷山荘の仙人、オトナミエに再び!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で