ホーム 01【食べに行く】 地物でつくる、みえごはん!野あそび餅で、もっとあそんでみた。年末特別編

地物でつくる、みえごはん!野あそび餅で、もっとあそんでみた。年末特別編

シェア

皆さん!赤福ってご存知ですよね?
おかげ横丁に本店がある言わずと知れた伊勢の名物です。
この赤福から、毎日500個限定で発売されている『野あそび餅』ってご存知ですか?
赤福ファンの私は並んで買って来ました!

ジャンッ!!
野あそび餅!!

4色のお餅。食べたい…。

なになに?白あん、緑あん、黄あん、黒あん。
それぞれこだわりが!食べたい…

食べたい…のを我慢して今回はアレンジを加えてみました!
せっかくの野あそび餅を…とか思ってるでしょ!?
そ・れ・が!!
このアレンジ、とっても美味しくできたのです!是非試してもらいたい!

さぁ!
まずは白小豆と手亡豆を合わせた『白あん』から!

さっぱりに見える白あんですが、しっかり甘みがあるので、ジューシーフルーツと合わせて頂きます。
う〜ん!じゅわっと広がった果汁を追いかけてあんこのトロッと甘みが交わります!その後に豆の余韻が。
逆大福のような味わいに!

続きまして、大麦若葉の『緑あん』
抹茶じゃないんだー!!
こちらは塩のジェラートと一緒に最中に挟んでみました。

あらま、なんて美味しいの!?パリッと最中を割ると爽やかな緑の味わい。抹茶とも違う、なんと説明したらいいのだろう大麦若葉。一度ご賞味あれ!
ちなみに最中は某駄菓子が入っていた入れ物の最中。

やっぱり気になるのはこの黄色。
とうもろこしの『黄あん』です!
食べてみたかったのよ!ちょこっとあんこをつまみ食い。ふむふむ、これはアレが合うぞ!
クリームチーズ!

大胆に乗せて、バーナーでコーンと一緒に炙ってみました。こ…これは。我ながら美味しすぎました。
先に炙りの風味が口に広がり、チーズの酸味も追いかけてくるのですが、さすがあんこ!
そのあとにしっかり主張してくるのです!この味の変化で、更にとうもろこしあんの風味を際立たせることができました!
なかなかバーナーはご家庭には無いと思うので、魚のグリルやコンロでチーズだけ炙るのもオススメ!炙らなくてもクリームチーズとのコラボもオススメ!

最後になりました。
黒砂糖風味の『黒あん』
これは色合いから考えました!

この濃い色のあんこといったらコレだよね、おしるこ!
深い甘みの黒糖にはお湯で溶いてみました。
少し水を加えるだけで、お餅に纏っていたあんこはホロホロと崩れ、柔らかそうな真っ白なお餅が顔を出しました。火にかけて温まったら、最後にひとつまみ塩を加えて味を引き締たら…うん。決まった!!
なんとも美味い!!あー日本に産まれてよかったー!!
たまにちょっと放置してしまったお餅がカピカピになっちゃったりしません?そんな時もこのおしるこアレンジはいいかもしれませんね。

こんな風に今回は勝手に『野あそび餅』にアレンジを加えてみました!みなさんも是非アレンジを楽しんでもらいたいと思います。
あ、そのままでももちろん!赤福は美味しいですけどねっ!!
それでは良いお年をお迎えください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
シェア

この記事のFacebookいいね!数

65