ホーム 04【知る】 “プロサーファーとセーラー服” 成熟的なJK美女の波乗り @ 国府の浜

“プロサーファーとセーラー服” 成熟的なJK美女の波乗り @ 国府の浜

シェア

裸足でビーチを歩くセーラー服姿の女子高生、サーフボードを抱える彼女が海に入れば、プロサーファーに変貌する。

 

 ISELOCALLOCATION

彼女の名は川瀬新波(ニーナ)。三重県立水産高校の生徒だ。JPSA日本プロサーフィン連盟のプロライセンスを2018年に所得し、2019年度からプロのサーフィン大会に参戦している。彼女は国府の浜でサーフショップ(ADDICT Surf Garage)を営む川瀬家の長女だ。妹の中学生プロサーファー(川瀬ここな)と共にプロの道を歩みはじめた。

サーフィンを愛し、国府の浜に移り住んだ川瀬ファミリー記事の続編になる。
記事vo1→TOKYOを目指す中学2年プロサーファー

 

以前「プロを目指している」と話しくれた彼女が、ひとつの目標にたどり着いた事を知ったのは、2018年の三重サーフアワードの際、健闘を表彰され多くの仲間に祝福を受けた時だ。

ホームブレイク国府の浜 契約サーフボード INSPIRE 契約ウェットスーツ GLARE SURF SUITS

全国のプロコンテスト優勝者の勢力図を俯瞰的に言うと、関東千葉方面の海をホームポイントにしているサーファーが強い傾向だ。だが近年、国府の浜をホームポイントにしている若者サーファー達の活躍は、地元関西圏の期待となっている。

記念のトロフィーを受け取るニーナ。

こうした活躍を目の当たりにすると、地元民は勿論、海の香りを忘れた者やサーフィン競技に関心が無くても応援したいと思うものだ。

新しく日本サーフィン連盟三重支部長となった下田泰成さんより、「若手選手が県外や海外で活躍してくれる事は、地元の発展に凄く追い風となっています。 サーファーがより良い環境でサーフィンを楽しみ、また技術のレベルを向上できるよう行政も巻き込み、盛り上げていきたい。」とメッセージを頂いた。

 

 

2019年5月下旬

 

 

小さな波が続いていた国府の浜に久しぶりに良い波が来た。台風のような大荒れとなった伊勢。低気圧が東に移動し、午後には風が変わりサーフィンが出来る状態となった。

テトラと呼ばれる消波ブロックの沖では、サーファーにとって幻の波を想像させる。その岸側の海には、地元中学生の西世古アツヤ、浜村海斗、支部長の下田泰成さんらが波に乗る。そして、仲村拓久未プロが偶然地元に帰ってきている。

こうした状態をサーフィン用語で、エキスパートオンリーと言う。

この日は離岸流が激しい。川のように流れる海では、同じポジションをキープするのに男子サーファーも難儀する。当然初心者には危険な状態だ。

 

 

大きなうねりが海底の砂を巻き上げ、黒く茶色の色が波に混ざる。パドリング、テイクオフ、パーリング。サーフィン用語を使うが、難易度の高い波の状態で波に乗れなくても喜ぶ事もある。経験したサーファーなら想像できるだろう。

第一テトラのアウトサイドの波に挑んでいたワハさん。ワイプアウトの姿でわかる。この日の波は、ただ波を捕まえる事の難易度が高い。またそれも嬉しい。

 

 

 

ニーナが波に乗る。

 

波を背に乗り継ぎ、何度もテイクオフを繰り返す姿は流石にプロサーファーだと頷く。女子プロサーフィンの魅力は、持論だが、男子のダイナミックなサーフィンとは少し違うと考えている。

「波に対しての曲線の美」。サーフィン用語で言うならマニューバーと言う。それをいかにエレガントに見せる事ができるか。例えるなら絵を感じるような感覚で、サーフィンが、乗り手も含め美しいと見せる事ができるかだ。

海から上がり父親のコーチを受けまた海に戻る。この繰り返しは妹と同様だ。自分のサーフィンを客観的な視点でアドバイスを受ける。

普段は父である川瀬ふみやさんがコーチをする。また彼自身も、先輩サーファー達からのアドバイスも受けている。時に「妹にAerial (エアーリアル)の技が必要だと考えている」話をしたと言う。

 

 

Aerialとは

 

滞空時間の長い完璧なダブルグラブ。
360°バックサイドエアー

Air Borne(エアーボーン)とも呼ばれるこの技は、波を飛び出す空中技で、世界プロサーファーの大会では、高得点を得るための必須テクニックだ。

 

仲村 拓久未 契約サーフボード:YU 契約ウェットスーツ:BILLABONG その他契約:VZ ニクソン TENGA コミュニティー FuWAX Pacewave

同じ海に入っていた仲村拓久未プロが、その技を使い世界を転戦している。近代サーフィンコンテストの必勝アイテムで、東京オリンピックでは必ず見る事ができるだろう。記事→ ”これが完璧なサーフィン”

 

 

コンテストで勝つ。

 

勝利するサーフィンをするため、謙遜にアドバイスを求める川瀬さん。すると先輩は意外な答えを返した。「その技より、もっと大事な技術があります」と。「大事な技術」私は答えを聞いて納得した。それは私の職業にも、またこれは全ての人に共通する事だと悟ったからだ。

この話を題材にニーナに課題を与えた。次回ロケ撮影の際、彼女の考えを聞く事にした。

 

 

 

高校で学ぶ。

ところでニーナの通う県立水産高校には、課外実習でマリンスポーツを体験する授業がある。果たしてどんな事を学んでいるのだろう。彼女の通う高校へ出向き取材の許可を頂き、フィールドワークを取材する事ができた。

実習では、ダイビング、カヤック、サーフィンなど、マリンスポーツを幅広く経験できる。

この日はウインドサーフィンを体験している。実習で得るとこができた教訓をニーナに聞く、すると「ウインドサーフィンは風を捕まえるために、風の事をよく考えます。そして推進力を効率的に受けるために、サーフィンとは足の立ち位置が違う事が新鮮でした」と話す。彼女の通う高校は、海に対する知識を立体的に学ばせていた。

 

数日に渡りうねりも落ち着き天気も良好となった。まさに撮影日和だ。カメラと望遠レンズで彼女を追いかける。

プロサーファーの仕事には大きく二つあると思う。一つは大会に出場し良い成績を収める事。もう一つは支援してくださるスポンサーの力になる事だ。

国民のヒーローとしての活躍を夢を見る少年少女の熱い心は見ていて麗しい。

クライアントと呼ばれる依頼主に対して、利益を返す義務が生まれる。また地域社会に貢献する事などの活動や、自ら研究分野を探し活動したり、海に関わる仕事とプロサーファー活動を両立する者も少なくない。

サーフィンの競技生活だけで、生涯の生計を成り立たせる者は一握りだ。女子プロサーフィン界で彼女は、どう活動をしていくのだろう。彼女の未来地図、その磁石は果たしてどこを指しているのか。

 

 

 

 

進路

 

撮影3日目。セーラー服を着たままロケ地で合流した。

三輪車にも理由がある。撮影地提供 志摩地中海村

 

 

日焼けした肌とサーフボード。おしゃれな街なみに映える姿を見ると、彼女のタレント力を直感する。Instagram

ニーナは高校三年生だ。私は「進学かプロサーファー活動に専念するのか」を尋ねた。彼女の通う高校には、卒業後さらに2年の専攻科と言うコースが設けられている。彼女は「さらに海に対する知識を身につけたい」と話し、進学を希望している事を教えてくれた。

三重県立水産高校の「かけがえのない海を護り、命を尊び、海の恵みを活用する豊かな人間性を備えた人材を育成する」と言うスローガンをまさに、エレガントに乗りこなしそうだ。

大きな船に乗る航海士が希望だと話す。

 

 

彼女はすでにサーフィンが軸となっている。だが将来それだけでは不十分であると感じているのだろう。フワッとした愛らしさの中に、学ぶ事への意欲を感じる。

私の感性で彼女を例えるなら、確実に写真を撮る時の三脚に似ている。一本や二本では自力で立つ事が出来ないが、三本の支えがあれば確実にカメラは安定する。

ニーナは自分を支える三つの足、自ら文武両道が必要だと言葉にはしないが、取材で見えてきた人柄の奥にはその特質がみえた。それは両親が思うよりしっかり屋さんで、面倒見のよいお嬢さんであった。

 

 

成熟とは

 

成熟を具体的に何かと聞かれたら、私なりにサーフィンで例える。

「take off 」、サーフボードに乗って波に乗りはじめの事。「Bottom Turn」、波の1番低い位置でするターンのこと。「Top Turn」、波の上の部分でターンする技。

波に乗る基本的な技をどんな環境においても、無意識に行動できる事。これを成熟だと定義する。

基本動作は「もう自分は大丈夫だ」と言う人もいる。また「フィジカルも伴うので奥が深い」と言うサーファーも多い。

若い頃「サーフィンで一番大切な技は何か」と仲間と激しく言い合った事を思い出す。お互いに譲り合わない議論は、今では楽しい思い出となっている。

私なりの経験で解った事がある。それは、どれだけ経験を積んだ職人でさえ、初心者の様な失敗をする時もあるのだ。「単純な仕事だと侮る事」、これが川瀬父の先輩が話した「もっと大事な技術がある」の答えに繋がる。

 

 

 

ニーナの返答は

ロケ先の志摩地中海村で支配人の坂さんを交え、課題の答えをニーナがどう返答するかを聞いた。すると彼女は「メンタルですね」と話した。とても正しく、とても良い答えだ。

地中海村スタッフの対応はすばらしい。人への接し方はテイクオフだと教えられた。

支配人の坂さんが、ニーナの答えに「自分が活動できる基礎には家族や仲間、そしてプロであるなら社会の繋がりがある事、活動できる環境への感謝がないとダメですよ。」まさに真実を貫く言葉を付け加えてくれた。

サーフィンに限らず社会で成熟した者として働くならば、基本動作がどんな職場においてもできる事が望ましい。それにはフィジカルメンタル、感謝や理解からくる心、マインドが不可欠なのだ。

 

 

成熟とは単純ではなく

いつの間にか身についている事。

プロの猫は、どこでも気持ちよさそうにうたた寝をする成熟者だ。

 

 

 

 

 

海で命を守る術

 

波情報が便利になり、良い波をオートマチックに知らせが届く時代になった。波を逃す確率は低くなったが、天気図を読む事が出来ればまた違った動きもできる。

高校生であれば、当たり前の様に通学で制服を着る事に疑問は持たない。でもどうして学生服を着るのか。

裏付けのある知識は広い視野を持ち、理解によりマインドがさらに高くなる。それが自分のサーフィン生活や社会生活を豊かにするのだ。

妹の川瀬ここな記事で話を伺った向井教頭先生と話が弾む。20年前、地元中学の制服改革の担当教論だった事を話してくれた。

私は勉強は嫌いだが、何事も疑問を持つ事をすすめる。例えば、制服はなぜあるのかと考えてみた。スカート丈や、頭髪など校則は当たり前として捉えているが、私はその正当な理由を聞いた事がない。ただ「規則に従いなさい」と命令で済まされてきた。

 

ひまわりが群生して生息するような形として黙想する。花びらに色を付けるのは、受粉の効率を上げ、生存競争に勝つ知恵だ。群れの中で色が変わる事は、外敵からの標的となりやすい。

調べると、日本国の学校では集団に強弱を持ち込まない教育をする。集団の目的とは全体で強くなる事だ。学生服にその強弱をつけない事は、個人の弱さをわからなくする事であるのだ。

若いうちは個性をがんじがらめにされていると思うかも知れないが、それは他の集団のから自分を守る術なのだ。

社会に出れば集団と個人の格差を実感する時がある。自分は社会の成員という一点の歯車で、学生生活はその縮図となっていたと気づく。校則や学生服は、社会に順応するためのひとつの親切であり、ひとつの知恵であったと時間が過ぎると知るのだ。

無知はサーファーにとって命取りになる。つまり知識は身の守りだ。

 

 

 

 

波にも上と下あがる

美と汚れ、失敗と成功。またそれを乗り越え、くぐり抜けた世代の賜物が生きる今。私たちは対立で成り立つ現代世界に住む。

恐怖と侮りは光と陰の関係の様だ。当たり前の平和として気がつかなくなる自分がいる。社会の波に乗るその背後、当たり前に仕事ができる足元を忘れてしまう時がある。

もっと視野を広くするなら、まさに一種の競技のように世界は大きく動く。「ゲームと同じだ」と表現する者もいる。

光と闇は戦争と平和、国家や政治にも当てはまる壮大な競技だと言う者も。

 

社会で波に乗る事、それは生きる事。いまの世代は最初は簡単なファンウエーブかもしれない。だが侮ってはいけない。恐怖を感じる波が来るかもしれない。そんな時こそ自分の浮力を使い、上手く推進力へと転換するのだ。

基礎動作、メンタル、感謝の3つの車輪。

大切な三本の柱。誰もが自分を支える3つの柱があればと思う。それを車輪とするなら、また三輪車とするなら進む事ができる。

学生時代の校則を、自分はどう捉えていたのだろうかと自問するなら。当時の自分の愚かさがわかってきた。

具体的に言えば、フィジカル、メンタル、それだけでは足りない。マインドのような「人のコミニティーを3つ持っているか」と大人の話に置き換えてみる。これは社会で信用と信頼を育てていく事が関係し、どの分野のコミニティーでも基礎である。

 

答えがないとしても、海で鍛えられたサーファーは、危機的状況になった時ほど感性が活躍する。

 

切迫した言葉になっていないが、大人に頷きまた腐っていれば反面教師とするべきだ。対立は言葉より行動の伴う情景が答えになる。つまり自分が正しいと思う事は、自分で掴まなければいけないのだ。

また波から降りる選択肢も忘れてはいけない。私たちは誰でも波に乗るサーファーなのだ。

 

 

サーフボードは人の命と同じだ。

サーフボードは波に乗る自分の事だ

成熟者は自分の採点を他者に託さない。 評価が良いとしても、「自分が納得した仕事ができたかと」問いかける。

 

命の板を手放さない限り、

挑むことができる。

新しい波が、

喜びを運んでくるのだ

 

 


Special Thanks

志摩地中海村

快くロケ取材の協力を頂いた志摩地中海村には、ロケ撮影に適した街並が再現され、観光でなくても少し息抜きで訪れる地元の人も多い。近年さらに地中海の雰囲気が強くなり人気を高めている。
またインスタ映えポイントがたくさんある。中でもハートのポイントや、ひまわりポイントが地元女子高校生に人気だ。

 

  OceanPacific

 

グレアサーフスーツ

 

INSPIRE サーフボード

 

三重県立水産高等学校

川瀬ファミリー

https://www.facebook.com/addictsurfgarage/


 

おまけの動画 “プロサーファーとセーラ服”編

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で