ホーム 04【知る】 三重弁ももたろう 第3話「ちみぎるの巻」

三重弁ももたろう 第3話「ちみぎるの巻」

シェア

三重弁ももたろう第3話「ちみぎるの巻」

三重弁の魅力について、熱く妄想を膨らませるコーナー。方言を毎回ひとつピックアップして話に。みんなもこれを読んで、スマートに三重弁を使いこなそう!そして、生きた三重弁を聞きに、三重県においない!
※【解説】おいない:動詞。おいで、いらっしゃいの意味。いないの丁寧語ではない。

オトナミエ非公式キャラクター「音ナミエ」

image

非公式だから好き勝手していい?

◆前回のあらすじ
川に洗濯に行ったナミエちゃんが底なし沼に沈んで
着いた竜宮城で、飲み食いしすぎて動けないっス
三重弁ももたろう第1話「ふんごむの巻」
三重弁ももたろう第2話「ずつないの巻」

三重弁ももたろう第3話「ちみぎるの巻」

「くっはぁ〜〜〜〜〜〜♩ 」

「もう、お腹いっぱいやぁ〜♩」

「もう食べられへん〜♩動けへん〜♩」

「めっちゃ幸せやなぁ〜〜♩

乙姫:今日はもう遅いですし、一晩泊まってかれますか?

「ええ!?そんなん悪いしぃー…うーん…」

「で、で、で、でも、そこまで言ってくれるなら…」

「じゃ、じゃ、じゃあ、好意に甘えて一晩だけ!」

そんな小さな、

赤福ぜんざいについてくる

塩昆布ほどの小っさな気持ち…

おにぎりせんべいよりもサクッと軽い気持ち…

それが、悲劇の始まりだった…

3年の月日が流れ…

ナミエはまだ食っちゃ寝していた

帰るタイミングをとっくの昔に失い、贅沢の限りを尽くした料理をむさぼり喰らっては、寝るという、何も生み出さない、非生産的なニート天国から逃れる術を完全に失っていた。

3年寝太郎 嗚呼…ずつない(意味は2話参照)

「お〜〜〜〜〜〜ぅい!!」
「お酒が切れましたよぉ〜〜!!」
「早く持ってこんかぁーい!!」

カメ:はい、はーい!今、行きますからぁー!!
はぁ…しかし、あの人いつまでいるんですかねぇ…

乙姫:困ったわね…恩人みたいだし、今さら帰れとは言いづらいし…

猿山:お悩みのようですね?

そこに現れたのは全身を茶色のスーツで包んだ一人の男

乙姫:さるやまさん!

猿山:お悩みのようですね。私が悩みを解決しますよ。

猿山は、自信に満ちた表情でナミエの元に向かった。

猿山:お嬢さん、初めまして。

「ん?あんた誰なん?…ムシャムシャ…」

猿山:この店の常連の猿山と言います。

「へぇー…常連さんなんやぁー…ムシャムシャ…」

猿山:ここの料理、美味しいですよね〜
三重の地場産の食材をふんだんに使ってて
松阪牛とか、伊勢エビとか、あわびとか…

「へぇー…モグモグ…」

猿山:ふふっ♩お嬢さん、ほうばりすぎですよ♩

「ひぁってほいひぃんだもん(だって美味しいんだもん)」

猿山:ふっ…ほっぺたが、こぶとり爺さんさんみたい…

「なぁに〜〜〜〜ぃ!?」

猿山が言い終わるより早く
ナミエの声が店内に響きわたった

「誰が小太りじいさんや!?」

猿山:いや、ちが…ちがいます!小太りじゃなくて、コブ取り…

「誰が小太りでムチムチだぁ!?」

猿山:いや、そこまで言ってないし…

「そこまでって、少なからず思ってたんか!!!」

「ジロジロジロジロ、いやらしい目で!!!」

「小太り、小太り、うるさいんじゃ!!エロザル!!」

ち…

ち…

ち…

ちみぎったんぞっ!!!!

鬼ナミエおにがあらわれた

さるはにげだした

YOU ARE SHOCK!!!!!

 

 

つづく…

【解説】ちみぎる:動詞。つねるの意味。ちみぎるって、ちぎるっぽくて、肉を引きちぎるっぽくて、めっちゃ痛そうだよねー。ブチッ!っていうイメージ。スナックの小悪魔的ママ風に「もう〜♩よっちゃんったらぁ〜♩そんな親父ギャグばかり言ってると、ち・み・ぎっ・ちゃう・ぞぉ〜♩」と甘く使おう!さぁ、レッツトライ!

3話目、なにこの展開。大丈夫か?この話、ももたろうで間違いないんだよな?( ´Д`)y━・~~ま、細かいことはさておき、さて、次回!どうなる竜宮城?うら若き乙姫の運命はいかに!?You are shock!!!!! I am shock too!!!!!

いや〜♩方言っていいなぁ…♩(*´∀`)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
シェア

この記事のFacebookいいね!数

175