青春のドムドムハンバーガー。東海地区唯一の店舗は三重県にある。

青春のドムドムハンバーガー。東海地区唯一の店舗は三重県にある。

7622
シェア

ファーストフード界の絶滅危惧種といわれているドムドムハンバーガー

ダイエーの子会社”オレンジフードコート”が手掛ける
ハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー

国内初のハンバーガーチェーン店で、初出店は1970年。
(マクドナルドの初出店はその翌年の1971年)
ピーク時には全国350店を超える時もあったが、
ダイエー衰退により販売が低迷。

今や約55店舗にまで減少。

更に今年7月、オレンジフードコートは
「ドムドムハンバーガー」の事業を売却し、
55店のうち36店を新会社に譲渡。

残った店はクレープ店に切り替えたり、
閉店したりする方針との報道があった。

青春の味として馴染みの深いドムドム。

ファンがざわついた。

 

東海地区唯一のドムドムは三重県にあった

東海地区唯一の店舗は、
桑名駅直結の桑栄メイトの中にある
ドムドムハンバーガー桑名店
昭和なビルに、昭和なドムドム。

非常にしっくりくる風景である。

店内は喫煙OK。

雑誌や新聞も置いてあり、
ファーストフードというよりも老舗の喫茶店。

テーブルと椅子は固定式。

落ち着いた雰囲気で客層は幅広い。

特にモーニングの時間帯には、シニア率高し。

ファーストフード=ヤングの法則は、
ここでは崩れる。

一人席も充実。

甘辛祭り??

 

一番の人気メニューは甘辛チキンバーガー

ドムドムの一番人気は、甘辛チキンバーガー

ふんわりバンズに挟まれる、
柔らかくジューシーなチキン。
かぶりつくと、
衣がカリっと音を立て、
チキンの旨味と甘辛のたれ、
くどさのないマヨネーズが調和する。

隣テーブルの青年グループの会話が聞こえてきた。

「このマヨネーズうまっ!」

「最近、意識高い系のハンバーガー多いけど、ハンバーガーって本来これだよなー」

――青年、いいこと言うね。

そうそう、
以前にレモンティーを頼んだら、
ちゃんとスライスレモンが入っていて驚いた。

液体レモンじゃないんだ!って。

ドムドムのコンセプトは、
まじめにおいしい、楽しい

▲公式ホームページより

コアなファンが多いのは、
”まじめにおいしい”からというのはあるけれど、
ドムドム桑名店にファンが多いのは、
あのお二人がすごいから」ではなかろうか。

 

最後の砦 桑名店を守るあのお二人とは・・・

あの二人というのは、
東海地区最後のドムドム”桑名店”を営むご夫婦

なにがすごいって、
もう何十年も変わらずに、
お二人が笑顔で元気に切り盛りされているということ。

▲恥ずかしがりやのママさんはフレームアウト

学生時代よく、
このドムドムに
寄り道していたというお客さんがいらした。
青春時代を過ごした懐かしのドムドムに、
娘さんと来店。

お客さんの中には、
親子3代に渡って通っているという方もいた。

皆さん共通して仰るのが、
「マスターとママが当時からずっと変わらない」ということ。

もはやクローン説も耳にするほど。

友人曰く、
自分が学生だった頃から
ドムドムマスターはおじいちゃんだったけれど、
今も変わらぬおじいちゃんだというのは
桑名七不思議レベルなのだそう。

それほど桑名店を語る上で、
お二人の存在は欠かせない。

 

都市伝説レベルのマスターにお話を伺った

ドムドム桑名店はいつも温かい。

なぜならば、
マスターとママが
注文を受ける時も、
商品をテーブルに届ける時も、
初めてのお客さんにも、
もちろん常連さんにも、
コミュニケーションを取っているから。

「今日は暑いですね~」

「可愛い赤ちゃんですね、おいくつですか。」

「かっこいいカメラ持っていますね」

所謂マニュアル通りのファーストフードでは
中々みられない光景だ。

噂のマスターにお話を伺った。

——桑名店を始めて何年になるのですか??

マスター:「うーん、44年くらいですかね」

——以前、駅前で”寿がきやラーメン”を営まれていたと聞きました。

マスター:「おやおや、よく知っておみえですね。
実はその昔は和菓子屋をやっていました。
その後、パル(昔あった駅ビル)で寿がきやをしていましたね。
そしてこの桑栄メイトに入れることになり、弟がダイエー系に勤めていた縁からドムドムを始めました」

——マスター、菓子職人さんだったのですね。ドムドムは常連さんが多いですよね。

マスター:「そうですね。特にモーニング帯は多いです。
もう常連さんは何を頼むかわかっているから、注文聞く前に「〇〇ですね」と言いますね」

——声かけてもらうと温かい気持ちになります。

マスター:「私たちが話しかけたいんですよ。
お客さんとお話しできるのは楽しいですから」

——ドムドムの象のマーク「どむぞうくん」可愛いですよね。

マスター:聞いた話では、本部がマークを考える時、小学生にいくつか動物の絵を見せ、一番人気の動物が象だったということで決まったらしいです。「どんどん安く、どんどん売る」からドムドムになったとかね。

ーー桑名店での人気メニューは何ですか??

マスター:「うーん、やっぱり甘辛チキンバーガーですかね。
あ、チーズポテトも結構出ますね。私がよく食べるのはフレッシュ野菜バーガーやチーズバーガーです」

——マスターも食べるのですね。

マスター:「はい、朝も昼も食べますよ」

 

お客さんとの印象的なエピソードを聞いてみた

マスター:「色々ありますが、25年程前に、桑名市内の高校の卒業生アンケートで”行きたい場所はどこか”という質問があり、”ドムドムバーガー”という回答がいくつかあったと聞き嬉しかったですね」

——わぁ、それは嬉しいですね!

マスター:「はい。あと最近ドムドム閉店のニュースが出たりすると、心配して来て下さるお客さん多いです。大垣や常滑など県外から来て下さったりするんです」
——想い出の味なのでしょうね。

マスター:「有り難いですね。無性に食べたくなると仰ってくれますね」

——皆さんがご心配されている通り、この桑名店の存続は・・・

マスター:「営業存続する方に入っているから無くなりません。私が生きている間は続けたいと思っています

 


最後に力強いお言葉を頂き、ほっ。
見送られながら店を出る。

入れ替わりで入店されたお客さんは、
20代らしきヤングのペアと、
50代らしきミドルのグループ。

本当に客幅が広い店だ。

どうかこれからも、
思い出を呼び起こす”懐かしの味わい”を
守ってほしいと願うばかり。

▲インタビュー後、「ご苦労さんね」とくださったソフトクリーム券は無期限。ずっとずっと続いてほしい。

hamburger, just Dom Dom!

 


ドムドムハンバーガー桑名店
住所:桑名市桑栄町2 桑栄メイト
電話:0594-21-2537

 

福田ミキ
フクダミキ。OTONAMIE副代表。OTONA MASTER。
仕事は東京の企業の社長秘書兼オフィスワークセンター長。数年前から社会人学生でもある。2014年に夫の都合で東京から三重県桑名市にお引越し。涙したのも束の間、新境地に疼く好奇心。外から来たからこそ感じるその土地の魅力にはまる。この記者が登場する記事
※くわブロにて情報更新中

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で