“サーフィン女子とsurftrip”そして台風1号が来る @ 国府の浜・四国

“サーフィン女子とsurftrip”そして台風1号が来る @ 国府の浜・四国

3139
シェア
LINEで送る

ISE LOCAL LOCATION

_IMY1362-2
大阪らしい場所を探すと心斎橋に行き着く。

大阪の都会で、ある女子サーファーの撮影をしている。「子供の頃からこの辺りはよく来ていました。」という街並みに、サーフボードを持った姿がしっくり馴染む。そんな彼女は、当たり前のように波が上がると志摩の国府の浜でサーフィンをする。

 

他県に生まれ育ちながら地元以上に三重の海を愛し、サーフィンのために伊勢志摩に移住をしようと考える人は少なくない。そんな中でも、若い女子は特に目立つ存在であり、また、モデルの仕事もしているという彼女が、なぜ日焼けしてまでサーフィンをするのか興味を持った。

_IMY1523
国府の浜テトラ前がホームポイントだ。

彼女の名は山本マナさん(25歳)。大阪の中心部に住んでいる。大阪での撮影後、彼女の友人でJPBA(日本プロボディボード連盟)佐藤友香プロと共に四国に向かい、現地でJPSA(日本プロサーフィン連盟)に所属する武知実波プロと合流し、サーフィンを楽しむ事にする。

_IMY2287
台風1号の南うねりにテイクオフする山本マナ。

そもそも、10代の頃から女子が一人で大阪から海に通っている姿を見て、親はどう思っているのだろう。そんな疑問もあって、私は実際に会いに行ってみたのだ。すると判明したのは、彼女の両親もサーファーであったこと、その影響で幼少時から伊勢志摩の海に親しんでいたこと、そして今でもライフワークのようにサーフィンをしているということだった。三重、大阪といった地域の概念が薄く、海外も含めグローバルな視野があるようだ。そしてsurftripの打ち合わせをする。

 

_IMY1357-2
撮影そして打ち合わせ、その場にご両親に来ていただいた。実はこの後ライブ演奏を聴いて頂いたのだが、とても仲のいいご家族でありました。

 

そんな環境で育った彼女だが、サーフィンに目覚めるのに少し時間がかかったと言う。

_IMY1325-2
普段大阪城のお堀付近を自転車でよく通るという。

「生きていても何をしていても、幸せを感じない感謝のない“ガキ”でした。何のために朝起きてから夜寝るまで、楽しくもないのに行動しないとだめなのか?心がNOと叫んでいるのにYESのフリをして過ごしていたんです。」と、彼女は言った。

自分を投げ出してしまいたいと思う気持ちを抱え、何か支えが必要だと感じていたという思春期の頃、女子プロサーファーのベサニー・ハミルトンが13歳の時、サメに襲われ片腕を失くしたという話を知った。多くの人がそんな彼女の活躍に励まされているが、山本さんもその一人となったと言う。

 

 

13621663_1330711113624029_535187963_o
幼少期に波に乗った記憶がなくても写真はその事を記録し、必要性が生まれると記憶のスイッチを押してくれるのだ。

一枚の写真を渡される

そこには、幼い山本さんと伝説のサーファー記事のワハさんが写っていた。幼少の頃、サーフィンを教えてもらっていたのだ。後にサーフィンに目覚めた時、その写真を見て、両親のありがたさに改めて気付かされたと、山本さんは言った。

 

 

 

 

 

 

雨の国府の浜でサーフィンをする

_IMY1560-2
プロ活動2年目佐藤友香さん。「まだまだこれからです!」と自分の成し遂げたい夢をかたる。言葉の芯の太さを持っている、小柄でかわいい方だ。

国府の浜で少し波に乗ったあと、集合場所の昼川駐車場で佐藤友香プロと話が弾む。彼女は京都から志摩に移り住んだプロボディーボーダーだ。仕事をしながらプロ活動の夢を掴み取っている。彼女に「なぜサーフィンなんだろう。」と問いかけると、間髪を置かず「海が好きだから!」と返してくる。

_IMY1764-2
昼川駐車場のゆっこちゃん、娘のきよみちゃんは撮影不可でしたので、代わりにこの二人の写真で代用しておきます。 ちなみに昼川駐車場と言う看板はどこにも立っていません。ここにたどり着きたければサーファーに聞くのが一番はやいです。

そしてサーフボードを乗せ四国に向かう車の中で、自分が海でサーファーとして活動出来る幸せと感謝の気持ちを話してくれた。

_IMY1687-2
雨の中の撮影はカメラ機材にはよろしくないですが、サーフィンはもともと水に濡れに行くので雨はシャワーのようなものです。

車内ではサーフィンの話が尽きる事なく車は進んでいく。例えば海の近くで育った私が当たり前の環境にいた時、自分の原点を僻眼(ひがらめ)した過去の話にもなった。

_IMY1723-2
このウエットのロゴを見せるあたり、スポンサーさんへの配慮ができる大人ですよね。

それは本当に大切な人や、また場所、サーフィン自体への感謝が薄くなるという話だ。

 

 

 

_IMU1072-2
この二人かなりの運転好きであった。

誰でも自分が産まれた時や幼少の時を覚えていないように、人は、自分自身が過ごした時間と記憶を知らず知らずの内に忘れてしまう生き物だ。ある意味、大切な事ほど盲目になるのかもしれない。

 

 

 

 

AM4:00 徳島阿南市

 

_IMY2110-2
LESサーフショップの看板娘であり、阿南市の観光大使という事で地域の顔になっている。そして大学院生で教員免許を持っているなどなど。

武知実波プロの自宅であるサーフショップに到着し合流した。彼女はJPSAの女子選手会長を務め、サーフィンを通じて地域貢献できる事は無いかと考え続ける有望な大学生だ。そして海に向かうと太陽が昇り出した。

_IMY1796-2
有名な海部ポイントはヒザモモのタラタラ波であった。でも天気予報では雨のはずが綺麗な朝日をみせてくれたのだ。

四国の空の予報は雨だったが、どうやら歓迎されているようだ。爽やかな陽射しと一緒にいくつかのポイントをチェックする。海部そして生見。

_IMU1095-2
四国までのロングドライブだと、普通は時間も長く感じてしまうものだと思っていたが、車に乗った女子がハンドルを離さない状態になってしまい、もう生見についた。

今回、内妻の干潮時を狙う事にした。

_IMY1825-2
雨上がりのサーフポイント、そして登ったばかりの朝日。遠くの山にかかる霧雲が四国らしさを感じる。

海に入る前に三人にお願いしたサーフィンテクニックがある。それは波に力のある場所から離れてしまった後、戻ってさらにライディングを続けるための必須テクニックで、方向転換のひとつ「カットバック」だ。

 

 

Cut Back

_IMY2039-2_IMY2038-2_IMY2040-2

_IMY2042-2
セットで腰程度の波でも、注文をだしたテクニックをきちんと見せてくれる辺りは、さすが武知実波プロだ。


_IMY2044-2 _IMY2045-2 _IMY2048-2

サーフィンへの思いを胸を張って語る彼女たちの大切な原点。その波に乗る力のある場所がどこなのかを知りたかったからだ。

_IMU1171-2
ローカルエナジーサーフボードは父親のシェイプによるものだ。シェイパーとの信頼関係で言うならばこれ以上の繋がりはないだろう。

海の上でも自分と人を比べたり、また時には誰かを傷つけてしまったりする。そんな躓きで海から距離を置きたいと思う時がある。だが、サーフィンのない世界は狭くて小さな所だという事を実感すると、やはり海に戻ってくる。そしてサーフィンなんだと。

_IMU1194-2
これから撮影が終わる約一時間だけ晴天がつづき、その後はどしゃ降りとなる。



サーフィンでは、波に乗り続けるために方向転換も必要となる。それはまた生きる事にも通じる。

 

_IMY1800-2
当たり前の事だが、光がなければ波を見る事も出来ない。当たり前の事がとても大切である場合がある。
_IMY1809-2
人の歩みは、後に続く者に道をつけるためなのかもしれない。

サメに襲われたベサニー・ハミルトンの話には、彼女を支え続ける家族や、周りの人の愛が込められている。今の状況だけで自分の全てを決断してはいけないと語っているようだ。人の力の源に戻ること、その繰り返しによって人は生きて行くという事を教えているようだ。もう少し深く掘り下げよう。

_IMY1801-2
朝日の光が眩しいのは、希望と関係があるのかもしれない。

例えば波よりサーフボードが進み過ぎたら揚力を失う。すると方向転換すらできなくなり、波が追いついて来るのを待っていなければいけない。逆に波の力ある場所で方向転換ができれば、サーフボードが深く入り、綺麗な水しぶきを描きターンして行く。サーフィンは綺麗なターンの繰り返しによる美しさが評価されるのだ。

_IMY1963-2
力ない波を乗り繋ぐ武知プロ。四国は知られていないポイントブレイクが予想以上に多い。

波を捕まえ乗りこなす事も、また投げ出してしまうのも自分次第だが、同じように人も繋ぎながら生きて行く。それは卑しさでなく、また弱さでもない。サーフィンのカットバックは、乗り続ける強さのしるしである。波の力が途切れないうちに戻ってくる事で、サーファーは波に乗り続けているのだ。

 

台風1号のうねりが届く

ちょうどこの記事を書いている時、南のうねりが届きだした。待っていたかのように彼女たちから連絡が入る。私は浜島町の南張海岸にカメラを持って向かった。

_IMY2476
7月8日金曜日、台風一号が石垣島に接近しつつ台湾方面に向かう位置。南張には南うねりが届く。

これだけ台風が少ない年は珍しく、久しぶりの波を待っていたかのように浜島の海には多くのローカルサーファー達が来ていた。

_IMY2372
今日おろしたてのサーフボードだが、サイズのあるセット波はダンパーが多く、板の本領を知るにはまだ物足りないと言う。

そして今回の記事に台風の1号の波を付け足そうと撮影していた。すると私の後ろにある気配を感じた。振り返ると伝説のサーファー記事のあの人が海に入ろうとしていたのだ。何かの巡り合わせだろうか。この日、山本マナ、佐藤友香、そして予定していなかったワハさんと、同じ海に入りサーフセッションとなった。

 

 

サーファー女子に聞く

_IMU1202-2
内妻ポイントはこじんまりとした南向きのビーチブレイクだ。伊勢で言うとジャンと同じ方向のウネリをキャッチする。
_IMY2332
スピンが得意ですと言っていた佐藤友香プロ。台風のウネリが届いたことで記事に間に合った。それにしてもスプレーがよく飛んでいる。

3人にサーフィンを続ける力の源を教えてもらった。すると佐藤友香プロは「リーバサーフとファミリーの皆さん」,そして「師匠との出会い、シェイパーとの出会いなど全てが自分の力です。そして尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです。」と話す。

 

武知実波プロは「家族、そしてこの阿南です。」と話し、自分が満足する全ては、サーフショップを経営する両親のおかげだといつも感謝していると話してくれた。

_IMY1989-2
誰もが苦戦していた内妻の波だが、人が多くいてもセット波を逃さず捉えるあたりで男子はすでに負けている。

そして山本マナさんは「家族、そして大好きな昼川駐車場とそのみんな! 昼川の唐揚げ定食が私の一番のごちそうです!」と嬉しそうに話した。

_IMY2248
南張のレギュラーにテイクオフする山本。今日の波は肩が切れたミドルサイズの乗れる波であった。

世界中、波さえあればサーフィンは共通の言語のように、人に感動や勇気、夢を与えてくれる。そして伝説を受け継ぐ若者が次々と現れる。

_IMY1808-2
朝日が逆光となる生見ビーチは東向きのポイントであるため、国府の浜と同じ朝の匂いがした。

サーフィンはよく人生に例えられますが、波に乗り続ける限り、やがて彼女達もソウルサーファーと呼ばれる日が来るのです。

 

 



Special thanks

VW鈴鹿

さて四国内妻でのサーフィンが終わってから武知実波プロのオススメのレストランに向かう事にした。まるで廃墟の映画セットのようなロケーション。今回お借りしたVW(フォルクスワーゲン)のパサートヴァリアントと記念撮影してみた。HP http://www.automall

_IMY2069-2
雨にも濡れ海から上がった三人。朝からいい笑顔だ。
_IMU1308-2
撮影NGとは知らず一度だけシャッターを切った。店内はアンティーク調でどうやら自作のようだ。
_IMU1237
雨にぬれた廃墟、そしてパサートヴァリアントと三人の美人サーファー。あと言葉はいらない。

 

_IMU1311-2
キーもカッコよかったので。

実際二日間、彼女達は「四国がこんなに近く感じれるってすごい!」と言いながらドライブを楽しんでいた。フォルクスワーゲン鈴鹿様、車の提供ありがとうございます!

_IMY2116-2
初めて車と対面した時は、わぁカッコいい!と声が出ました。
_IMU1297-2
オシャレなお店に関心を持つのはさすが女子だ。

ところで車のトランクはご覧の通り。

_IMY1830-2
人が四人乗ってサーフポイントを駆け巡ったが、疲労感が少なくもっと遠くへ行きたくなる車だった。本当によく積めました。

サーフボード2枚とボディーボード、カメラ機材にギター!ギターは山本マナさん所有の物で本来海で弾いてもらう予定が雨で流れたので、LESサーフショップで弾いてもらった。

_IMY2081-2
山本マナのギターシーン、おまけの動画で少しだけみれますよ!歌ってます。

 

LESサーフショップ

_IMY2098-2
左から店長石川雅史さん、武知和一さん、実波さん、由紀子夫人、写真に入っていないが弟の虎南さんの四人家族だ。

武知実波プロの徳島大学サーフィン部の話や、ご家族の方とサーフィン談義、そしてギターを弾いたりと楽しい時間だった。オーナーの和一さんが話すサーフィン文化からオリンピック競技として一歩進んだスポーツとしての捉え方、それを実践する実行力、ともに尊敬できるサーファーだ。LESサーフショップ http://www.lessurf.com/home.html

 

リーバサーフとファミリーの皆さん

13632880_1018065404979903_86675684_o
皆さんとの集合写真。

佐藤友香プロのサーフィンの原点であり力の源!またの機会に掘り下げた取材をしたいと思っていますので、その際は何卒よろしくお願いいたします。リーバサーフ http://www.le-ba-surf.jp

13616196_1018088878310889_1530917113_o
佐藤友香プロからのコメント「この写真は師匠とボードのシェイパーと所属プロライダーの先輩の方々です。」

 

昼川駐車場

_IMY1775
実に、娘のきよみちゃんのクラシックの生演奏が時々聴こえて来るのだ。

そして国府の浜の昼川のみなさん、ありがとうございました。ここに訪れると先代のおじいちゃんのウエストポーチから出してくれる釣り銭の姿が思い浮かびます。これからも変わることなく続いていってほしい場所です。

最後にここの「唐揚げ定食!」は、グルメとして食べにくる価値があるんですよ!

_IMY1748-2
1日に二回このからあげ定食を食べる事もあるという山本さん。かなりのファンだ。

 

【profile】

_IMU1145-2
“Mana Yamamoto” seaside surf shop CM Rider 大阪在住のサーファー、フリーモデル、時にブロガー。 ダイビングや乗馬、船舶の免許を保持。
_IMU1162-2
“Tomoka Satou” JPBA公認pro スポンサー SUMカスタムボディボード,マキシムウエットスーツ,LE-BA SURF
_IMU1117-2
“Minami Takechi” JPSA公認pro . JPSA選手会長 , スポンンサー LESサーフボード . patagonia . ocean&earth . elmar

vw2

今回、車両提供や取材旅費などをご協賛いただいたフォルクワーゲン鈴鹿店では、ご来店時にサーファーと証明できる写真、またはvwsuzukaのInstagramをフォロー、またはLINEをフォローで、サーファーにも嬉しいVWオリジナルのタオルや、キーホルダー、ボールペンなどのVWグッズが必ずもらえるキャンペーンを開催中です。
また、アンケート(すべての方が対象)にお答えいただくと、グルメギフト券が毎月抽選5名の方に当たるキャンペーンも開催しています。
お店ではOTONAMIEプチ展示会も併催しています。
詳しくは、フォルクスワーゲン鈴鹿(tel059-370-5588・HP) まで。


おまけの動画

 


 

 

y_imura
yoshitugu imura。OTONAMIE公式記者。サーファーからフォトグラファーに、海に持っていったギターでミュージシャン活動もする(波音&Ustreet )ドブロギター奏者。伊勢市在住。
この記者が登場する映像