色んな意味で一度来てみて。レトロという言葉ではごまかせない奥深い素敵スポット。

色んな意味で一度来てみて。レトロという言葉ではごまかせない奥深い素敵スポット。

3195
シェア

さぁ、ようこそ。
IMG_20140818_152555

近鉄・JR・養老線の3路線に加え、
三岐鉄道北勢線の駅も併設された、利便性バツグンの桑名

が、そうとは到底思えないしなびれ~た
DSC_0201もし桑名に観光客として訪れていたら、
改札を出たあたりから何となく『しまった・・』と思い始めるでしょう。

特に駅直結の『桑栄メイト』は中々のインパクト

実は美味しくて良いお店が多いメイトなのだけど、
ノー情報の場合は、テンションがガタッと落ちるはず。

でも、そんなことお構いなしに煽ってくる看板

心ふれあう桑栄メイト
DSC_0204古くて暗い・・・築40年の昭和全開物件。
レトロというお洒落な言葉ではごまかせないレベル。IMG_9808え、手書き?!
DSC_0212

その奥には、懐かしのドムドムバーガー
なんと今や、東海地区に現存している唯一の店舗。
admin-ajax

地下街、たったの3店舗
DSC_0210

わぁ、奇跡の3店舗だった
DSC_0193

常連のファンが多い喫茶ルール
IMG_9796なんでルールかって、
創業時、店名を『エール』にしようと準備していたところ、
同ビルに同名の薬局があることを知り、急遽『ルール』に変えたという歴史付き。

桑名っ子大好き 新味覚
美味しい餃子屋なのだけど、どこか虚無的なキャラクター・・・・
IMG_20140818_153105メニューは餃子のみ。ご飯もありません。お昼時には行列が出来る人気店。

オリジナルの時計??
と思ったら、赤マジックで手書き
IMG_20140818_232008キテるね、手書きブーム。

上層階は居住スペース
超駅近です。いかがでしょう
IMG_20140818_153418

張り紙も秀逸。
『階段に弁当箱等捨てないで下さい。ここはゴミ箱ではありません。』
いくら古くても、ゴミ箱とは思っていないよ
DSC_0198『ここに小便をしないで下さい』
もちろんトイレとも思っていないよ
DSC_0194

『自動ドアをこじ開けないでください』
こじあけたくなるのは、景観的に”自動感”がないからかな。DSC_0213

これは数年前まで貼られていた注意書き。
「女子トイレに不審者が出没します女装しています」
もはやホラー
IMG_20140818_111050この文面の接続詞は逆接で正しいのだろうか。

問題のトイレ
使用中に見上げたら女装男と目が合うなんて、
想像しただけで鳥肌・・・IMG_20140818_153531でもご安心を・・・張り紙効果もあってもう現れていません。

清掃のおばちゃまの話では、
このビルには他にも有名な女装老人がいて、
ロングスカートにロングヘアー、唐傘を持ち、堂々と男子トイレに入っていかれるそう

おばちゃま曰く、粋な感じで綺麗な老人らしい。

へぇ~。。。

そんな事もよりも
清掃のおばちゃまの悩みの種は、誰かのお食事事情

トイレの個室の中で食事した痕跡が多々あり、
過去にはバナナの皮が置き去りになっている日が続いたらしい

ランチメイト症候群かな・・・桑名を憂える

因みに桑栄メイトの外観もイケてる。
DSC_0206なんて言うか、いろいろ賑やか。

新味覚のキャラクターも、
DSC_0207
ドムドムのキャラクターもいます。
DSC_0208

繰り返しになりますが、桑栄メイトには美味しいお店が沢山入っている。
なので、この渋さもまたスパイス。

最後にこちら。
「心ふれあう躍進のメイト」
躍進メイトのコピー
分かってはいるけどやっぱり地下街の看板は3つ
頑張れ、桑栄メイト

躍進に期待☆

福田ミキ
フクダミキ。OTONAMIE副代表。OTONA MASTER。
仕事は東京の企業の社長秘書兼オフィスワークセンター長。数年前から社会人学生でもある。2014年に夫の都合で東京から三重県桑名市にお引越し。涙したのも束の間、新境地に疼く好奇心。外から来たからこそ感じるその土地の魅力にはまる。この記者が登場する記事
※くわブロにて情報更新中

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で