ホーム 01【食べに行く】 地元食材にシェフが魔法をかける。物語を紡ぐ場所。ギャラリー&オステリア 絲とmichi

地元食材にシェフが魔法をかける。物語を紡ぐ場所。ギャラリー&オステリア 絲とmichi

シェア

 津市にあったオステリア・ミチが伊賀市に移転、ギャラリー&オステリア、『絲とmichi』として、2021年にオープンしました。築60年の一軒家をみずからリノベーションしたお店は、元の家のよさを生かした素敵なつくりでした。しあわせな家の記憶のおしゃべりが、どこからか聞こえてきそうな暖かい雰囲気です。住宅街にこっそり現れる、おとなの童話のおうちみたい。

 

<11月のある日のメニュー>

soup ふき

物語のイントロダクションのようなワクワクするスープ。

里芋とゴルゴンゾーラ

デザートと見まごうようなタルトの上に里芋とゴルゴンゾーラという初めての組み合わせ。

zuiun椎茸の包み

地元伊賀市の瑞雲ファームの椎茸を使った一品。そば粉のクレープに包まれた肉厚でしっかりとした椎茸に柚子の香りがほんのり。

蛸の煮込み

まるでおでんのふりをした蛸。紫キャベツのザワークラウトとパセリソースでイタリアン。

燻製鰯とフェンネルのスパゲティーニ

とよさ豚のロースト セージのクリームソース

完全自社配合した飼料で育てられた伊賀市のブランドポーク、とよさ豚のロースト。とよさ豚は「ひとと同じご飯を食べている」そう。庭のセージを使ったソースが甘みのあるお肉にぴったり。

自家製パン

竹炭入りのパンは庭の大きな石をモチーフにしている。パンにも物語が宿っている。

ティラミス

珈琲or紅茶

茶菓子

 素敵な器で提供されるのは、自家製の野菜や地元の素材を生かし、アイデアと、不思議な魔法がかかったような料理の数々でした。

 ていねいに編まれた物語を読むような時間を過ごすことができる、そんなお店です。

絲とmichi

住所:〒518-0836伊賀市緑ヶ丘本町1709-2
TEL:059-223-1168

※予約制のため、お店にお問い合わせください。

<7月のある日のメニュー>

とうもろこしのスープ/ファーマーズキタガワのエコスイート/ファームの景色’茄子と無花果/ボンジョルノのフレッシュトマトスパゲティーニ/とよさ豚のロースト シェリービネガーと珈琲スパイス/ナッツとドライフルーツのカッサータ/酒粕とパイナップル/珈琲or紅茶/茶菓子

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で