ホーム 01【食べに行く】 昔話の「おむすびコロリン」のおにぎりはまん丸かったと思う。

昔話の「おむすびコロリン」のおにぎりはまん丸かったと思う。

シェア

ここのお店のおにぎりはちょっと変わっている。

そう、まん丸い。おにぎりがまん丸いのだ。

これも丸い。

これも丸い。どれもこれもまん丸だ。

まん丸いおにぎりは、土鍋炊きの伊賀米、塩は南伊勢町の真珠塩を使用している。

そこに、鳥羽産の海苔を巻いて美味しくいただく。

パクっとひと口に頬張れば、米粒がふわっと優しくほどける。美味い。

そういえば、なぜここのおにぎりは丸いのだろう?

お店を何度も利用しているが、不思議と考えたことがなかった。

・・・

・・・

なぜ、おにぎりが丸いのか…そんな些細な疑問よりも、おにぎりを頬張って飲む温かい汁モノが何故こんなにも心を落ち着かせるのか、そのことに関して真剣に向き合うべきではないか。

そうそう、私としたことがお店の名前を伝え忘れていた。

ここは鳥羽なかまちにある、おにぎりカフェ うさぎのしっぽ。

そう、うさぎの…しっぽ。

そうか、うさぎのしっぽか。

おにぎりカフェ うさぎのしっぽ

Cafeなのでコーヒーやデザートもあるよ

公式Instagram

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で