ホーム 01【食べに行く】 今日は何つくろう?ご飯を作りたくなる八百屋さん。なかこう青果店リニューアル!@伊勢市

今日は何つくろう?ご飯を作りたくなる八百屋さん。なかこう青果店リニューアル!@伊勢市

シェア

 

ところ狭しと並べられた野菜たち。

おおきな白菜、キャベツ、人参、玉ねぎ・・ん?これはなんだ?と、見たことのない野菜も。

その場でかぶりつきたくなるような真っ赤なりんご、旬を迎えるいちご、色とりどりの果物もたくさん。

手にとってみると、どの野菜も果物も新鮮。ぷりぷりつやつやしていて、

「これを使って、今日は何作ろう・・!」とわくわく。

ここにくると、いつも家でごはんを作りたくなる。

そんな八百屋さん、なかこう青果店を取材させていただきました!

 

お話を伺った、中村雅美さんと中村日衣子さん。

 

創業は大正5年。

ご主人の中村雅美さんは3代目。高校卒業後からお家の仕事である八百屋さんを手伝い始める。それからこの道一筋でお仕事されてきたそう。

おじいさんが八百屋さんを始めようとした時、伊勢にある八百屋さんはたった1件だったそう。そこへ丁稚奉公に行き、後になかこう青果店を開店。

市内に何件かある八百屋さんは、みんなその八百屋さんで修行をした方が開いたお店だと聞きました。

枝分かれ的に増えていったのね。知る人ぞ知る伊勢の歴史・・・!

そんな話をしてくれた日衣子さんはいつも元気で明るい笑顔が素敵な方。この道ウン十年の大ベテランかと思いきや・・お店を手伝い始めてまだ1年もたっていないそう。

八百屋さんの仕事を手伝い始めた理由を伺いました。

昨年春頃、日衣子さんは娘さんの出産に合わせて(その時勤めていた会社で)休暇を取得。

世の中は新型コロナウイルスの影響が広がり始め、移動に制限がかかりホテルに卸されるはずだった食材が市場でたくさん余ってきていた。いいものだし変わった野菜もあるし、仕入れてはみたものの・・・どう売ろう。

また同じ頃、知人からイタリアン料理に使うような少し変わった野菜も仕入れ始めたので、その2つを宣伝するためにと、インスタグラムを始めた日衣子さん。

 

そこからお店に若い客層のお客さんが増え始め、日々忙しくなっていきます。インスタグラムの効果!すごい!

そのタイミングで近くにあった八百屋さんがお店を閉めることになり、お得意先さんを受け継いだら、配達先も増え、忙しさはさらに加速!

お休みしていた仕事に戻ることなく、そのまま仕事を辞め、お店に立つことを決意。そして夫婦2人でやるなら、いっそのことお店をもっと明るくリニューアルしよう!と一念発起し計画は進みます。

でもインスタのフォロワーはじっくりゆっくりしか増えず、違和感を感じていると・・・「ユウカちゃんのインスタ見てきました!」と、いうお客さんからの声を多く聞くように。

ユウカさんはお2人の姪。カメラやメイクなど色んな方面で活躍されている方です。

そうです、お店のインスタを見て来る方より、実は姪のユウカさんのインスタを見て来られていた方の方が多かったのです。(例にもれず、筆者の私もその1人でした。笑)

でも、日衣子さんのすごい所はその勘違いに気づいても、ええい!とお店のリニューアルをすすめたところ。

きっと、その行動力も人を惹きつける魅力の一つですね。

 

リニューアルされたお店は、外観のおおきな「なかこう」の看板はそのままにコンクリートの天井に、白い壁、カウンター前の青い棚がアクセントとなり、まるでカフェのよう。

照明に照らされた色とりどりの野菜は、まるでスポットライトを浴びているみたいにぴかぴか。その奥には一際目立つ冷蔵庫が!

 

店内奥には小さなキッチンスペースと、更に奥に進むと4畳程のイベントスペースも。ここだけみると、もはや八百屋さんのイメージが覆ります。

キッチンスペースを稼働させる準備もただいま進行中!

イベントスペースを使用したい方の募集もしているそう。

 

続いて、お野菜について大ベテランの雅美さんに伺いました。

お店に並ぶ野菜については「いいもの」しか仕入れないと決めている。と、きっぱり。

やっぱり毎日の生活の中でも大切な「食」の部分だからこそ、安物買いはしないそう。その代わり、スーパーで販売するものの倍近い価格を出すこともしばしば。でも、そこは妥協しないという。

愛情込めて育てられた野菜や果物は、雅美さんの目利きにより、今日もなかこう青果店にやってくる。

仕入れの時点でよいものを選んでくれているから、野菜の事が何もわからない私でもぴかぴかつやつやしてるのは感じるし、美味しいものが食べられるというわけ。

また色んな農園や農家さんから直接仕入れることも最近は多いそうで、その日も午前中に仕入れてきた、pomonaファームさんのトマトや一曜菜園さんのベビーリーフなどがたくさん並んでました。

どこで作られているか、顔が見えるって安心。

 

八百屋さんの1日は早い。

朝は5時には市場へ。仕入れは市場とお店が休みの日以外ほぼ毎日。

お店は7時半頃から動き出す。

まずはパートの方と共に飲食店に卸す野菜の仕分け。

学校など数件の配達を終わらせた雅美さんもお店に戻り、そのまま伊勢市内へ再び配達に。

お店のピークタイムは日によって変わり、午前中に近所の方が来る日もあれば、お昼ご飯を食べ損ねる勢いで午後にお客さんが集中する日も。

夕方にお店を閉めるまで、1日があっという間だという。

 

そんな忙しい毎日だけど、八百屋さんを手伝いはじめてよかった事ありますか?と、日衣子さんに伺うと

「すべて! 楽しくて、おもしろい!人と接するのも好きだし、自分で考えて自分で動けることが楽しくて・・ノンストレス!雨の日や風の日も、仕事行くのが全然苦じゃないの!」と。すごすぎる〜!

そして値札のところでちょくちょく名前を拝見する「奥野さん」についても聞かせてくださいました。

こんな感じ。気になってたんです。

奥野さんはベテランの野菜農家兼なかこう青果店で働くパートさん。

日衣子さん曰く、たくさんの引き出しを持っていて、人の3倍は働かれるというスーパーウーマン。

日衣子さんが雅美さんと仕事のことで口論になりかけていると、なにも言わず日衣子さんの背中をトンっ!として、言い過ぎな事に気付かせてくれたというエピソードも。 素敵な伝え方。

そんなピカイチベテラン野菜農家の奥野さんと、この道一筋経験豊富な雅美さんに、日々指南を受けながら頑張る八百屋初心者の日衣子さん。

なかこう青果店の魅力は野菜だけにとどまりませんね!

色んな人に来てもらえたら。と話すお2人。

 

そして新しくなった店舗は、野菜の他に色んな調味料も販売する予定。

他にもイベントスペースを使って洋服や雑貨なども販売できたらと考えているそうで、まるで小さなマルシェが行われるみたいにわくわくできそう。直近のイベントは1月17日。パン屋さんとのコラボレーション企画が開催予定。

これからの展開に目が離せない、なかこう青果店。

イベントや、オススメのお野菜など、詳しくはなかこう青果店のインスタグラムをチェックしてください。

今回の写真はOTONAMIE記者で、蕎麦屋から転職した異色のカメラマン 古市真崇

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【なかこう青果店】

伊勢市常盤2丁目6−21

0596−28−2305

@nakakou_seikaten

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
シェア

この記事のFacebookいいね!数

28