ホーム 04【知る】 アーティスト応援イベント 『これが私』展-This is me.- 〜運命の分岐点〜

アーティスト応援イベント 『これが私』展-This is me.- 〜運命の分岐点〜

シェア

このコロナ禍で、影響を受けているアーティスト応援しようというイベントが開催されるとSNSに上がっていて気になったので、早速主催者の方に連絡し、どんなイベントなのか話を伺ってきました。

『これが私』展ーThis is me.ー ~運命の分岐点~。通称『Tim.』(ティムテン)

私のイメージとしては、オンラインイベントは、なんだか難しそうなイメージです。作品を手にとる事も出来ませんし、実際の色なども微妙だったり。(あくまでオンラインサイトでお買い物する時の個人的な感想です。)マルシェなどは、出店者さんとのやり取りもまた楽しい時間じゃないですか?
そんな疑問をいだきつつ、不安な部分に関しても伺ってみました。

なぜオンラインイベントを開催しようと思ったのですか?

新型コロナウイルスの影響で、アーティストもアートを楽しむ方達を取り巻く環境も変わりました。沢山のリアルでの個展、イベント、販売会が延期、そして中止となりました。そんな中、アーティスト達を応援したい。という思いが発端となり、家にいながらショーを観るようなアーティストの個展へ行くようなそれでいて、お気に入りをお買い上げ頂く事も可能なイベントを企画しました。

見どころを教えて下さい!

ショーのような、という拘りから「上質」なものをお届けしたいというキーワードの元、各アーティスト紹介用となる画像をアートディレクション 久保昌美 ハル さんに制作して頂き、各アーティスト紹介用の15秒ムービーをビデオクリエイター Namiko Tatsunokuchi さんに依頼。全30アーティストの紹介シーンも見所の一つとなっています。
イベント当日は、オンラインスペース Remo上で
アーティスト達と会話を楽しんで頂き、その後、SNS上で繋がって頂いたり、今後リアルでお客様と繋がる事が出来るきっかけになり、お客様がお気に入りのアーティスト、作品を見つけて貰いアーティストを応援する。アーティストは自分を応援してくれる人が見つかる、お客様との会話から新しく作品のアイデアやヒントを頂くといった、双方の世界の広がりとなると嬉しく思います。出展者それぞれのテーブルにて作品、こだわり、ストーリーを楽しんで頂き、お気に入りを見つけて下さいね。
(おっ‼︎出店者さんとのやり取りも楽しめるようですね!)

アート作品や服飾系作品展示するだけなく、アーティスト達の「これが私」を感じる作品をたくさんの方に知って、見て、感じて、楽しんで頂く。実際に購入もでき、展示会・販売会・個展・ショー等の要素を取りいれた新しい形のオンライン展示販売会ですので、興味ある方は覗いてみてはいかがですか。

withコロナ時代に入りつつありますが、こういったオンラインのイベントが増えて、身近になれば三重から全国で活躍するアーティストの方が増えていくかも知れませんね。


〈出展者〉
絵、グラスアート、写真、書、花、紋様色彩画、イラスト、服飾雑貨、一閑張り、ファブリックステンシル、糸掛け曼陀羅、アクセサリー、オリジナルキャラクター、編みぐるみ、キャンドル他

【日時】2020.10.10(土) 12:00~16:00
【場所】オンラインツールRemo

【参加方法】
下記URLから無料チケットを
ご入手ください。
https://tim-1010.peatix.com/

【Facebookページ】
https://m.facebook.com/events/612313096375109/

【主催】
ウーマンズフリーパレット東海支部長
COSture デザイナー兼代表 谷脇 節子

ウーマンズフリーパレット副代表 籾山智香

大人のガラス工芸教室 合同会社アトリエKako代表 竹島愛佳

事務局:石井恵理子

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で