ホーム 01【食べに行く】 三重の最高峰ランチと日本酒の饗宴♪

三重の最高峰ランチと日本酒の饗宴♪

シェア

皆さんご存知!志摩市賢島にある志摩観光ホテル!!

伊勢志摩サミットの会場にもなったベイスイートです!!

遡って2月15日に贅沢なランチ会に伺ってきました!!

超久々の投稿…

三重の利酒師 S50.TAKEUCHIです!!

ランチに行ってきました!!

・・・と言っても、もちろんお仕事です!!

「NHKプロフェッショナル」でも特集された志摩観光ホテルの樋口総料理長と夢のコラボが実現!!

毎月、三重県の食材にスポットを当て一日だけの特別メニューで開催される

「伊勢志摩ガストロノミーランチ賞味会」と言うイベントです。

一つの食材にスポットを当ててメニューを造られるそうなのですが、
今回は三重総集編としてメニュー構成されました。

テーマ食材は日本酒、料理に使用する日本酒の提案と、
当日のゲストスピーカーとして御指名を頂きました!!

まずはフレンチレストラン「ラ・メール」横にあるゲストラウンジで御参加の皆様に
三重県の日本酒について紹介。

この日は約50名のお客様が参加されていました!

おはなしの後はいよいよランチスタート♪

生憎の雨模様でしたが、英虞湾を一望できるレストラン!

メニューが乗っているプレートは四日市萬古焼。

志摩観光ホテルのために特別に作られた飾り皿なんだそうです!

本日のメニューはこんな感じ!!

↓  ↓  ↓

■伊賀の酒「半蔵」の酒粕と志摩産フレッシュ苺の甘酒

アルコールが飲める方は四日市「タカハシ酒造」さんが醸すスパークリングにごり酒の「伊勢の白酒(しろき)」で乾杯!

ノンアルコールのお客様にはこちらの甘酒が振舞われました。

この甘酒・・・・

はっきり言って、驚愕の旨さ!!!!(ビビりました。笑)

フレンチの料理長が苺を使って作った甘酒。

お隣の御夫婦と「これ買って帰りたいですね!」と盛り上がりました。


■伊勢志摩ジビエと南伊勢の柑橘「はるみ」

四日市「タカハシ酒造」さんの「伊勢の白酒」を使用したジュレソース

臭みを全く感じない鹿肉と柑橘のフレッシュな風味!

そしてなにより、今回のテーマ「日本酒」を使ったジュレで頂きます!


■三重県産さまざまな貝 レモンの香り

鮑やあさり等、旬の会をふんだんに使用!

川越「早川酒造部」の「天慶 純米吟醸」を使った泡のソースで!


 

■コンソメロワイヤル 伊勢海老 地鶏

コンソメのロワイヤル??

洋風の茶わん蒸しの様なお料理なんですが、出汁が濃厚!!

伊勢海老、地鶏の旨味がギュ~っと詰まっています!


■鰆 伊勢志摩備長炭焼き 柚子風味

ジューシーに焼かれた鰆をリゾットの上に。

粕漬けにした鰆は本当に風味豊か♪

淡い色合いに見えてしっかりとした味わいに仕上がっています!


■松阪牛もも肉とサーロイン 日本酒風味

もう、言うまでもないですね。(笑)

名張「瀧自慢酒造」の「瀧自慢 純米酒 神の穂」を

煮詰めて造られたソースも絶品!!


■柑橘と日本酒のサヴァラン

ラストのデザートは爽やかな柑橘の味わい!

ケーキは日本酒が浸み込んだ滑らかな味わいです!


ちなみにお食事と一緒に出されたパンも酒粕入り!

発酵バター、あおさバター、鰹バターの3種のホテルオリジナルバター!

志摩市波切の「かつおの天ぱく」さんの波切節のバターが最高です!


御馳走様でした!(役得役得。)

ペアリングにも日本酒がセレクトされていましたがお酒の画像が全くないのは御愛嬌。(;^_^A

今回のテーマは「三重県の日本酒」と言うことで、フレンチにふんだんに日本酒を取り入れて頂きました。

「三重県の日本酒」と言っても本当に色々あるんですが、シェフとの打ち合わせの中でせっかくなので、より三重県に特化して知って頂ける様に三重県だけの酒米「神の穂」はどうですか?と提案させてもらいました。

三重県の食と酒。

食の宝庫「三重県」を堪能できるランチ会でした!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で