ホーム 01【食べに行く】 01ランチ・スイーツ・カフェ・パン・女子会 あどけなくて大人っぽい。間借りで走り出した若いパティシエールによるライブスイーツ「MAGARIパフェ」

あどけなくて大人っぽい。間借りで走り出した若いパティシエールによるライブスイーツ「MAGARIパフェ」

シェア

目の前で織りなされるデザートのコース。

ソレとコレを組み合わせちゃうの?!

驚きのマッチングを魅せるパティシエール。

食い入るように見る観客。

一体どんな味がするのだろう…(ごくり)

 

お客さんは目の前の限定6名。大人の甘い時間。

あどけない表情と大人っぽいデザート。

そのギャップがもうたまらないと、
ファンをじゎじわと増やしているのが、
この日、限定6名のお客さんにデザートを披露した、
パティシエールの水谷みきさん。

有名ケーキ屋やカフェでの修行を経て、
現在は歴史あるレストラン兼結婚式場にて、
チーフパティシエとして勤務。

時間さえあれば、
食材を求めて産地に足を運び、
新作を開発する日々。

そして最近独立に向けて展開を始めたのは、
勤務先や知り合いの店舗などを間借りし、
お客さんの目前でデザートを振る舞うライブスイーツ

屋号は「MAGARIパフェKIMI」

今回、彼女が間借りしたのは、
夜になるとオープンするBENIYAFACTORY

コーヒーにこだわり抜いたR20のカフェである。

夜景を一望しながらの、
優雅で甘い時間がスタートした。

 

驚きから始まったデザートのコース

水谷さんのライブスイーツは、
旬の果実を使ったデザートのコース

こだわりは、
素材そのままの味わいを活かしつつ、
もっと美味しいその先を、
味・食感・温度・見た目・香りなどから追及すること。

まず一皿目に出てきたのは、
嶺岡豆腐と桃のすり流し。

水谷さん:「嶺岡豆腐とは江戸時代に徳川吉宗将軍が、牧場で”豆腐が食べたい”とわがままを放ち、牛乳で作らせた豆腐のことだそうです。すり流しとは日本の伝統料理のひとつですね」

そんな説明を入れながら、
生姜の泡と紫蘇の花を乗せていく。

意外な組み合わせで魅せるのも、
水谷さんの得意技。

新しい世界を広げる瞬間を探るようで、
ゾクゾクするのだとか。

続いて二皿目は、
スペインの伝統スイーツであるクレマカタラーナ。

表面をバーナーで炙ると、
キャラメルの香ばしい匂いが漂う。

更に芳醇さを出すため、
パイナップルとマンゴー、
オレンジの果汁と一緒に煮詰めたジャムが添えられる。

フレッシュな果実の香りに、
焦らされる時間もまた心地よい。

あー、今すぐその果汁かぶりたい!

香りがすごい!見えた!

お客さんのリアクションや質問に笑顔で応えながらも、
器用にナイフを操る姿はさすが。

更に更には、
キウイとマンゴーとラム酒のアイス、
甘みを爽やかに惹き立てるライムとピスタチオが乗り、

白ワインのゼリーを被せたら、
二皿目が完成。

なにこのsummer感!!

まるでジェリーフィッシュ

ヒラヒラプルプルがたまらない!

もうずるい!!

焦らされたお客さんたちから拍手があがる。

自然と始まる撮影タイム。

涼しげで可愛い!」と王道アングル。

やだ、ちょっと恥ずかしいやつ」とローアングル。

photo by お客さん

作られていく工程を見ていた分、
味わいにも表れる立体感

 

ラストは最高級コーヒーとのマリアージュ

コースはいよいよラストプレートへ。

間借り先である、
BENIYAFACTORY一押しのコーヒーとの、
マリアージュを考えたデザートだ。

パッションフルーツ×バスクチーズケーキ×2種のチーズムース

今回、セレクトされたコーヒーは、
どこまでも透き通るような酸を味わえると、
世界一の評価を得た最高級豆である、
パナマ エスメラルダ農園ゲイシャ『Private Collection

そして完成した、
コーヒーとのマリアージュプレートがこちら。

最高のコーヒーにこれ合せてきたかー

客席から漏れるため息。

驚きからスタートした甘い時間は、
深い納得で締められた。

 

実店舗を持たない飲食店のスタイル

場所に捉われないスタイルで、
ライブスイーツを展開し始めた水谷さん。

彼女のように、
今、世界中で広がりを見せているのが、
ミニマムなコストで運営できる無店舗型の飲食店

固定の実店舗を持たず、
シェアキッチンなどで調理を行い、
UberEatsなどのデリバリーサービスを通じて営業をおこなう”ゴーストレストラン”や、”イベント出店”をメインに営業するスタイル、依頼主の指定した場所に出向いて料理をする“出張料理”などが挙げられる。

水谷さんの場合も、
開業資金や家賃などの固定費を抑えることで、
営業スタイル・ライフプランを、
模索しながら進められる運営が可能となっている。

また対面式の接客も、
ストーリー性の演出や客層に寄り添うケアなど、
身の丈に合っているようだ。

一方、仕込先の問題、機材の搬入出、
冷蔵庫の共有環境、毎度の集客などなどハードルもたくさん。

とはいえ、
走り始めた水谷さんを応援する声は多く、
この日も称賛と共に、
温かく厳しいアドバイスも飛び交い、
懸命にメモを取る水谷さんの姿が印象的だった。

最後に、
間借り先にて腕を振るう面白さについて聞いてみた。

水谷さん:「まずは場所によって層の違うお客さんと出会えること。同時に場所を問わず自分のデザートを求めて足を運んでくれるお客さんが視えること。そしてその場所だからこその意味あるメニューを考え、間借り先の方とアイディアを出し合って、可能性が広がることも面白みだなと感じています。これからもっと色んなスタイルでの展開も考えていきたいです」

走り始めたフレッシュなパティシエール。

間借りというスタイルだからこそできる、
自由で斬新な挑戦。

今後の展開が楽しみだ。

 


MAGARIパフェKIMI情報は、
Instagram「kimikiri0724」にて要チェック!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
シェア