ホーム 00夏 我が家の郷土飯『じふ』。カツオだし香る、港町のお茶漬けが簡単で美味しい!

我が家の郷土飯『じふ』。カツオだし香る、港町のお茶漬けが簡単で美味しい!

シェア

ご無沙汰しております。
尾鷲に暮らすsawaです。中3と小5の子育て母です。

郷土料理と書いていいのかわかりませんが、東紀州や地元尾鷲で揚がった魚を使ったいつもの食卓=郷土飯を紹介していきたいと思います。

さて、今はなんといってもカツオです。
昨年は水揚げが少なかったのですが、今年は揚がっています。

新鮮なカツオは、臭みもなく最高に美味しいです!

スライスしたカツオの生節

尾鷲はカツオの生節(なまぶし)が有名です。

お刺身の切り方がへたくそなのは、目をつむってください(笑)

でも、生で食べられる時期はお刺身で頂きたいですよね。
そしてカツオのお刺身を食べたあと、夕食のシメにはこれ!
いやいや、私にとってのメインはこっちかもしれない。

そう、我が家の郷土飯じふ』
市外の知り合いからは「え!じふってなに」と聞かれることもあります。

尾鷲市に生まれ育った私は、これを『じふ』と呼んでいます。
しかし、おとなりの紀北町では『じふ』は、魚のすき焼きみたいなものらしいです。
他にも『茶じふ』といってお茶をかけるところもあります。
ちなみに私はお湯派。
あ〜おなかすいたな~。。。

我が家の『じふ』の作り方はとても簡単。
あたたかいごはんの上にお刺身を並べる。
しょうがのすりおろし、大葉、みょうがやネギがあればそれものせます。
アツアツのお湯をかけてお醤油を垂らし、最後にごまをふります。

簡単ながらカツオの出汁が効いていてどうまい!(尾鷲弁・とてもおいしい)
ぜひ、お試しあれ!
さらさらと、あっという間にご飯一膳食べ切れます。
私はいつもおかわりしたくなるのですが、そこはぐっと我慢です(笑) 

 


 

我が家の郷土飯『ジフ』のレシピ
・カツオなどの新鮮なお刺身(できれば旬のもの)
・薬味たっぷり(しょうが、大葉、みょうが、ネギなどお好みで)
・お醤油
・いりごま
・アツアツのお湯
・あたたかいごはん

 


       

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
シェア