ホーム 01【食べに行く】 POLLOCK COFFEE。三重で伝説の大坊珈琲監修の手回しロースター。

POLLOCK COFFEE。三重で伝説の大坊珈琲監修の手回しロースター。

シェア

日だまりにいるような。

そんな感覚になるコーヒー店。

窓から電車を眺めると、日々の喧騒と程よい距離を感じる。
ゆったりとした時間に身を置くと、自身が充電されていくようだ。

四日市の霞ヶ浦駅。

歩いてほど近くにPOLLOCK COFFEEはある。

私はコーヒーに詳しくない。

メニューをしばらく眺めていると、店主がどんなコーヒーが好みなのかを訪ねてくれた。
苦めが好きだと伝えると、グアテマラとブレンドをおすすめしてくれた。

コーヒー好きなら知っている人も多い、伝説の喫茶店大坊珈琲
POLLOCK COFFEEは大坊珈琲監修の手回しロースターを使っているとのこと。
どんなお客さんがここに訪れるのだろう。
店主の金森さんにお話をうかがった。

金森さん:いろんな方がお見えになりますが、パソコンを開いて仕事をする人もいますよ。

お店は飾った雰囲気ではないし、かといってシンプルなだけではない空間。落ち着いた気分で仕事ができそうだ。

店内では萬古焼の作家である岡井翼さんがご紹介する、器の展示販売もしている。

フードメニューはホットサンドやベイクドチーズケーキのみ。
そう、よけいなものがない。
けど、ゆったり過ごすには必要なものがある。
それはこのお店のデザインにも出ていると思った。

金森さん:グラフィックデザインは四日市の増田満さんにお願いしました。

尖っているのではなく、まるみのあるスタイリッシュなデザインと空間。

金森さん:近所のおばあさんやコーヒーを飲めない人もこられます。

このお店はいろんな人がそっと身を寄せ、羽根を休める場所。

本棚を眺めていて、ふと気になる一冊があった。

Jackson Pollock(ジャクソン・ポロック)。
20世紀を代表するアメリカの抽象画家。
キャンパスを床に置いて、絵具缶から直接絵具を滴らせる独特のスタイルは、ドリップ・ペインティングと呼ばれた。

あ!なるほど。

金森さん:Jackson Pollockが好きで。

このお店の名前は、POLLOCK COFFEE。
店内はドリップされ、滴るコーヒーの香りに包まれていた。

 


 

POLLOCK COFFEE
四日市市羽津中1丁目-7-20
hp http://pollock-coffee.com
Instagram https://www.instagram.com/pollockcoffee/

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で