ホーム 01【食べに行く】 01テイクアウト・お取り寄せ 絶滅危惧種として存続が危ぶまれている”たぬきケーキ”を捕獲せよ!@潮騒

絶滅危惧種として存続が危ぶまれている”たぬきケーキ”を捕獲せよ!@潮騒

シェア

いまや絶滅危惧種の”たぬきケーキ”

昭和40〜50年にかけて大流行した、
たぬきケーキをご存知だろうか。

たぬきケーキとは、
たぬきの形をしたバタークリームのケーキ。

かつてケーキといえば、
主流はバタークリームだったが、
時代の共に生クリームへとシフト。

その流れでたぬきケーキも減少し、
今や絶滅危惧種として存続が危ぶまれている。

私が幼い頃も、
近所のケーキ屋に生息していたが、
いつしか姿を消していた。

それでも記憶の片隅に居続け、
時々、無性に食べたくなるのだ。

懐古の念を抱くなか、
再会は不意に訪れた。

い…いた…。

会いたかった…YES…。

 

変わらぬ味を守り続けてきた潮騒

再会を果たしたのは、
三重県志摩市、
近鉄鵜方駅の近くにある欧風洋菓子店「潮騒

ケーキ=バタークリームの時代から、
変わらぬ味を守り続けてきた、
創業は約60年の老舗である。

懐かしのバタークリームを求めて、
遠方からのお客さんも多いという。

店名は、
先代が営まれていた喫茶店のお名前を、
引き継がれたそう。

昭和の時代に一世風靡したたぬきケーキ。

こちらが潮騒版。

ビジュアルに、
各店の差はあるもの、
鼻がシュッと上がっているのは共通な気がする。

店員さんに伺うと、
仕上げに指でキュッとつまむのだそう。

カットするとこんな感じ。

ジャムの入ったココア生地のスポンジ。
その上にバタークリーム。
周りはチョコレートでコーティングされている。

まったりとしたバタークリームと、
程よくパリパリのチョコレート。

意識高めの横文字系ケーキにはない、
素朴な味わいが絶妙。

25年以上ぶりとなる再会に、
喜びを噛みしめた。

 

会えるのは、たぬきだけじゃない。

ショーケースには、
たぬきの他にも、
ファンキーな動物がいる。

この日会えたのは、うさぎとパンダ。

ひよこなどもいるらしい

パンダケーキは、
どこか小学生の、
手作りバレンタインを彷彿させるビジュアルだが、
味は保証のラズベリーレアチーズタルト。

他にもレトロ感満載の、
バタークリームケーキ群など、
常温OKなので手土産にはもってこい。

因みに、
奥にうっすら見えるのが潮騒のご主人(86歳)

 

魔法の味から地物のクッキーなどなど

潮騒を語る上で人気商品の、
魔法の味アーモンドパイははずせない。

その名の通り、やみつきになる人多数

100層以上の生地から成るアップルパイや、

地物のあおさを使ったクッキーなども、
根強い人気。

とれたてのあおさを、乾燥&パウダーにして生地に練り込んでいる

また合点だったのが、
アーモンドパイなどの人気商品には、
堅めバージョンが用意されていたこと。 

これは、
サックリ食感では物足りず、
しっかりとした歯ごたえを好む、
ベテラン層向けのバージョンなのだそう。

なんとなく合点。

時代を越えた美味しさに出会える、
欧風洋菓子店『潮騒』

たぬきケーキに昭和魂をくすぐられた方は、
ぜひ潮騒で捕獲くださいませませ。

取材日:2018.11


欧風洋菓子店 潮騒
住所:三重県志摩市阿児町鵜方1669-1
電話:0599-43-0416

福田ミキ

フクダミキ。OTONAMIE副代表。OTONA MASTER。
仕事は東京の企業の社長秘書兼オフィスワークセンター長。数年前から社会人学生でもある。2014年に夫の都合で東京から三重県桑名市にお引越し。涙したのも束の間、新境地に疼く好奇心。外から来たからこそ感じるその土地の魅力にはまる。この記者が登場する記事
※くわブロにて情報更新中

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で