ホーム 01【食べに行く】 01ランチ・スイーツ・カフェ・パン・女子会 津で世界を旅する

津で世界を旅する

シェア

いつの間にか年末になり、すごく冷えてきました。
皆様温かくして、この冬を過ごして下さい。
今回もまた食べ物の記事を書きました。

私はお茶屋さんが大好きです。

津市に来てから「お茶ができる場所」をずっと探し続けていました。

そして、「ティ―コージー」に出会いました。
2017年に初めて行った時以来、毎月通っています。

この店は私にとってとても居心地の良い場所です。
自分との時間でもあるし、友達と行く時もあります。

この事について書きたいと思っています。

普通のお店ではメニューをみて、お菓子やケーキ、コーヒーやお茶を注文して、自分の時間や、誰かとお話しながら時間を過ごすかもしれませんが、ティ―コージーではそれとは全く違う経験ができます。

ティ―コージーは1996年の3月から津市観音寺町にあります(津快楽公園の近く)。

店主のユミさんはこの店を25年間も一人でやってきています。

ここではユミさんが今まで訪れた国や、住んできた街、様々な風景の温度や香り、見たり、聞いたり、感じたりしたものをお茶の時間として紹介しています。
なので、ユミさんにとって、私たちが店に入ったその瞬間「旅人」なんです。

旅人の気持ちを表すため、毎月テーマが変わる店になっています。
店外の風景から店内のディスプレーや、メニュー、茶器、流れる音楽などそのテーマによって変わります。
まるで本当に津を出て海外にいるとか、本の中に入り込んだ気持ちになってしまう、今まで経験した事のない不思議のティ―タイムなんです。

店内で運ばれるのはだいたい4種類のものです。
「おつまみもの、メインディッシュ、デザートともちろん、お茶」です。

全部手作りで、ユミさんが現地の住民たちに教わった物が運ばれてきます。

そして、その月のテーマが分かっていても、出されるメニューはサプライズなんです。
そのため、毎月のワクワク、どきどき感があります。

例えば、今月のテーマは「ロシアのクリスマス」でした。
私はロシアのクリスマスの風景を感じながら、ユミさんが現地で学んだお料理やお菓子を味わいました。

ロシアのX‘mas
ロシアのクリスマス
狼マトリョーシカ
狼マトリョーシカ

始めに出されたのはロシアの伝統的なスープsolyanka(サリャンカ)でした。
温かくて、野菜やお肉を煮込んだものです。

solyanka soup
solyanka soup

次にpiroshki(ピロシキ)っというお肉、卵などが入った揚げパンが出てきました。
食べたことの無いものばかり。
感じたことの無い味がとても美味しかったです。

Piroshki - Salad & Salmon
Piroshki – Salad & Salmon

お茶は甘めのクリスマスティ―でした。
ユミさんがロシアに行った時は初雪でしたので、デザートはバニラアイスとかき氷とケーキが出てきました。おまけにロシアのビスケットも貰いました。

ロシアの初雪をイメージしたバニラアイス&ケーキ
ロシアの初雪をイメージしたバニラアイス&ケーキ
チャーミングティ―カップ
チャーミングティ―カップ
ユミさんrussian version & Merry X‘mas!
ユミさんrussian version & Merry X‘mas!

店内は可愛い飾りがたくさんありました。
マトリョシカや茶器、クリスマスデコレーションもロシアの風景を表していました。

ロシアンデコレーション
ロシアンデコレーション
ほほ笑むマトリョシカ
ほほ笑むマトリョシカ

訪れた方は旅人ですので、ティ―タイムパスポートも貰えます。
そして、テーマについてのスタンプも押して貰えます。
おまけにお店の可愛い犬(コージーちゃん)にも会えます。
来店の際に必ず挨拶しに来てくれるのです。
そして、帰りにもお見送りしてくれる時もあります。

可愛いCozy-ちゃん
可愛いCozy-ちゃん

私はいつか世界を回ってみたいんですが、それをできるまで様々な国のポストカードを集めています。
多分この世界を旅したい気持ちがこのお茶の旅の時間が今の自分にピッタリかもしれません。

Tea Cozy
住所 :三重県津市広明町87-3(津駅西口から約15分)
定休日:毎週金曜日 毎月1日・月末日、予約のみ

<英文・English version>

Travelling the world in Tsu

 It is starting to get colder. I hope you can spend this winter warm. This time, again, I am taking about food. I hope you enjoy it.

I like very much having tea time. When I came to Tsu I kept looking for a place where I could spend some time and that could be refreshing. So I found Tea Cozy (ティ―コージー). Since I found this place on 2017, I try to go every month. I think this is a very comfortable place to spend some hours alone or in company of a friend. I would like to write about this experience here.

The general way to drink tea is looking at the menu and ordering some tea or coffee, a snack or a cake and stay there appreciating that relaxing time. However, at Tea Cozy this experience is totally different. I will explain.

Yumi-san opened Tea Cozy in 1996 at tsukannonjicho area in, near the Tsu Kairaku park and her alone is in charge of the place for 25 years. Here she introduces the costumer the countries that Yumi-san has visited, the cities where she had lived, the temperature and scent of various landscapes that she saw, the sounds and music she has listened to and everything she felt during those times as tea time. Thus, for Yumi-san, from the moment when somebody enters the tea house, this person becomes a “Traveler”.

As she wants everybody to feel like you left Japan and traveled abroad, every month she creates a new, unique theme of tea time. This means that the decorations inside and outside the house changes, as well as the teapots, cups, dishes, music and the furniture display. Every change accompanies the theme of the month. It seems like you left Tsu or even entered inside a book and is diving deeply in another world. For me, this is a magical Tea Time, something I have never experienced before.

The service consists in: an entrance, a principal dish, a dessert and of course, the tea. All the handmade food she serves were learned with local residents (and not in a cooking school or internet). Also, sometimes the menu is not available on her site in advance. Therefore, as the theme changes, the tea time is a surprise. The traveler will not know the menu till going to the shop, which increases the expectancy and curiosity of the costumer for the tea time.

For an example, this month theme was “Russian Christmas”. I was experiencing the Christmas in Russia looking at the decorations and listening to Russian songs, while drinking tea and eating Russian traditional handmade foods and cake.

First, she served a Russian traditional soup called solyanka. It was hot, full of vegetables and meat. It is a little sour, but was very good. Then, she served piroshki. This is a kind of bun filled with a juicy meat mixture. It seems like a doughnut and was delicious. She served it with salmon and salad. The tea was a “sweet Christmas tea” and the dessert was vanilla icecream with shaved ice and a cake. She said when she travelled to Russia it was the first day of snow and had this dessert idea. She also gave a Russian biscuit gift.

The house was full of Russian and Christmas decorations. There were matryoskas, teapots decorations and a charming Christmas tree.

As the costumer is a traveler, they can have their own “tea passport”. Also, when leaving the place, she will stamp it (the stamp also changes monthly). In addition, the costumers can meet the dog (named Cozy) inside the house. She is in charge of saying “hello” to the costumers when somebody comes in. Sometimes, she accompanies you to the door to say “goodbye”.

One day I want to travel the world. Till then, I am collecting postcard from all over the world. Maybe, for me, this desire to “see the world” was a perfect match to this “traveling tea time”.

Lucila

三重大学大学院医学系研究科博士課程、日系ブラジル人です。興味は絵、アート、ピラティスです。得意ジャンルは グルメ、景色、サイエンスです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で