ホーム 01【食べに行く】 毎月楽しみにしている一華堂の100円ケーキのサービスデー

毎月楽しみにしている一華堂の100円ケーキのサービスデー

シェア

本日100円ケーキのサービスデー

1年前、そう書かれたケーキショップを見つけました。

私は店に立ち寄り、
チーズカップケーキを買って食べました。

「また休憩に来てください」と
オーナーが温かい声を掛けてくれたのが、
とても印象的でした。

ケーキショップの名前は一華堂

@三重県津市

友人から一華堂には、
毎月1日に100円ケーキの日があると教えてもらいました。

私はその頃から毎月のように一華堂を訪れています。

最寄駅は津駅で、
三重大学からは自転車で約20分程のところにあります。

一華堂には興味深い歴史があります。

創業は1936年。
現在は2代目と3代目により営まれています。

津市民の方は、
「一華堂」「三華堂」「九華堂」というケーキショップを
知っているかもしれませんが、
その3店の関係に私は驚きました。

九華堂は三重県桑名市出身の方が開いたお店で、
同市内にある九華公園に因み店名をつけたそうです。

その九華堂で修行した方が開いたのが三華堂

更に三華堂で修行した方が開いたのが一華堂

三分の一ずつの店名。

九華堂と三華堂は、
フランス風のお菓子を出していましたが、
一華堂の菓子は「スイス風のお菓子」をテーマにしています。

一華堂の店主は、
若い頃に二度もスイスへ行き、
お菓子作りを学んだそうです。

美しい山々があるスイスの自然の美しさが、
好きだと仰っていました。

スイス菓子の特徴は、
ナッツと少し歯ごたえのあるカリカリした食感です。

これらは、一華堂のケーキの例です。

おいしいナッツの風味を味わえます。

外のカリカリ感と中の柔らかい感じがとても上品です。

個人的には、
緑茶と一緒にケーキを頂くのは完璧だと思います。

また一華堂の人気商品、
ヨークレスカステラも有名です。

お菓子を作る際、
卵黄のみを使用することが多く、
残ってしまう卵白を使用しようと、
このカステラが生まれました。

毎日食べたい程、このカステラを好きになります。
ファンも多く売り切れていることもあります。

そして今まで余ってしまう卵白を使っていましたが、
今では卵白の方が足りなくなり、
卵白を仕入れる必要がある程だそうです。

私も早速カステラを頂きました。
とても柔らかく優しい味です。

口に入るとすぐに溶け、
子供や幅広い年齢の方々に好かれるお菓子だと思いました。

インドネシア人は、
ケーキやお菓子が好きです。

日本人のように、インドネシアの人々は、
ティータイムで休憩や軽食のためにケーキを食べます。

数種類のケーキを味わいたいので、
ホールケーキよりも、
小ぶりのカットケーキが好きです。

特に好きなケーキはチーズケーキで、
毎月の100円サービスの日には、
必ず選ぶケーキの一つです。

一華堂は基本テイクアウト用のケーキショップですが、
店内にテーブルが1つあり、食べることも出来ます。

私はいつも自分のお茶を持参し、
テーブルで食べています。

この毎月一日に訪れるケーキタイムが、
私の楽しみになっています。

甘い1ヵ月になることを願って♪

<英語>
One year ago I found a cake shop with a written: 本日100円ケーキのサービスデー. I stopped by the shop, bought one piece of cheese cupcake, and eat inside. When I finished, the owner said 「また休憩しに来て下さい」That was a very warm and impressive service for me. The cake shop name is Ikkado. My friend told me that the cake shop named Ikkado always gives a service day in the first day of the month. I think that’s a very good campaign. Since that time, I keep coming to the cake shop every month in the first day. Ikkado is easy to reach. Nearby Tsu Station, it needs around 20 minutes to go there by bicycle from Mie University.

Ikkado has an interesting history. This cake shop was built in 1936 and now the shop is managed by the second and third generation. While the 100JPY service day has been held every month since 1984. Tsu citizen may be familiar with cake shops Ikkado 「一華堂」, Sankado 「三華堂」, and Kyukado 「九華堂」. They surprisingly related each other; the founder of Ikkado worked in Sankado and the founder of Sankado worked in Kyukado. So, they brought the name by: 1/3 from the shop before. The name of the Kyukado cake shop was derived from a park name in Kuwana City; Kyuka Koen 「九華公園」.

While Sankado and Kyukado was with French style of cakes and confections, the theme of Ikkado’s Confections is “Swiss Sweet”. This is because the master now like Swiss and the confections. He went to Swiss twice when he was young and learnt the Swiss sweets in those visits. He said he likes the natural view and beauty of Switzerland with beautiful mountains. The characteristic of Swiss Sweet is the using of nuts and the texture that a little bit hard and crunchy. These are examples of swiss cakes from Ikkado.

When I tried the swiss cakes, I could taste the delicious nut and the texture of the cakes; crunchy outside and soft inside; so classy. For me, I think it is perfect to eat the cakes with green tea.

Other than the 100Y cakes service day, Ikkado is also famous for the castella; Yolkless Castella 「ヨークレスカステラ」. This idea was started by the using the remaining ingredients of making cream for cakes while they only used the yolk. The unused egg whites then used to make the castella. Day after day, people become to like the yolkless castella. The Castella fans make Ikkado needs to produce more Castella. Now, the remaining egg white is not enough anymore to make castella. The master needs to buy egg white from another company; the maker of mayonnaise, Kewpie. I tried the yolkless castella. It tastes so soft and mild. It is melted as soon as it enters our mouth. I think it is can be good for all ages, kids to old people.

As an Indonesian, I can say that we also like cakes and sweets. Like Japanese, Indonesian people eat cakes for deserts or snacks in teatime. I like cupcakes because I can taste several kinds of cakes without buying the whole cake. My favorite cake is cheese cake. It is always be one of my cakes every month in Ikkado. Although Ikkado is a take-out cake shop, there is one table in the shop where I like to spend time eating cake for a while. I always bring my own tea. I am always looking forward to enjoying my cake time in Ikkado every month to start the month; hope it will be a sweet month.


一華堂洋菓子店
住所:三重県津市万町津170
電話:059-225-0001

取材日:2018.11.3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で