ホーム 02【遊びに行く】 02ナイト 絶景300円。缶コーヒー片手に見下ろす光の城にロマンチックが止まらない@四日市

絶景300円。缶コーヒー片手に見下ろす光の城にロマンチックが止まらない@四日市

シェア

無機質で人工的な工場地帯。

間近で見ると、
その巨大なパイプやタンク、メタリック感に、
思わず圧倒される。

そしてそれらは
陽が落ちるとともに、
近未来を感じさせる幻想的な一帯へと変化する。

 

萌え風景を探して走ったフルムーンイヴ

ここは、
工場夜景の聖地とも呼ばれる四日市コンビナート

月が真ん丸に満ちる前夜、
衝動的に車を走らせた。

美しい人工美の撮影スポットは、
インターネット上にも、
親切な地図が出ているのだけれど、
なんとなく自分の目で見て、
ここ!」という風景を探したかった。

しかし、この日、
いまいちピンとくる場所には行き着けなかった。

 

王道だけど穴場だった!!うみてらす14

そういえば、四日市港ポートビルの展望フロアって行ったことない

意外に未訪問な王道スポットってあるけれど、
自分にとってポートビルもそうだった。

四日市港開港100周年を記念し、
誕生した四日市港ポートビル。

高さは100Mで、
三重県では1番高いビルらしい。

その14階の展望展示室「うみてらす14」は、
入場料 大人300円(中学生以下無料)

”ふーん”程度の気軽さで、
いざ入ってみたらすごかった。

四日市コンビナートの工場夜景が、
近景パノラマで楽しめるのだ。

しかも想像以上に空いてる!!

※夜間開館は土日祝日のみ

 

いいじゃんポイント①特等席だらけ

え!なにこれ、めっちゃいいじゃん!!!
とテンション上がったポイントを順に紹介しよう。

まず窓辺にある
ロマンチックなツーショットカウンター。

円卓も設置されており、
とにかくどれもこれも特等席

ドリンクスペースには自販機があるので、
120円の缶コーヒー片手に
高層ビルのおされBarばりのロケーションを楽しめる。

因みに、四方に設置された双眼鏡は無料。

 

いいじゃんポイント②暗幕が借りられる

受付にて、
夜景撮影用の暗幕を無料で借りることができ、
三脚OKのスペースも多い。

枚数限定

暗幕を頭からかぶり、
バズーカのようなカメラを構えた人達が、
ずらり並ぶ光景は異様でちょっと面白い。

お隣同士、
情報交換やテクニカルなアドバイスが、
行われていたりもした。

何故か窓に吊られていた人形。違和感はありまくりだった。

 

いいじゃんポイント③模型やゲームが侮れない

館内には、
港の歩み・役割・働く・親しむという、
4テーマのブースが設けられている。

幕末から明治初期、
伊勢湾内最大の商業港として栄えた四日市港の歴史や産業等、
子供にもわかりやすいようにかかれているから大人も安心。

船の模型やゲームには、

夢中になってしまうはず。

 

いいじゃんポイント④目の前に花火!!

夏の週末に開催される、
長島温泉の花火が、
目の前で観ることが出来る。

涼しい館内から
夜景と花火のコラボレーションが楽しめるから、
超おすすめ(各日20時から約30分間)

私が行った時には、
突然始まった花火にお客さんから歓喜があがり、
カップルの距離が縮まる瞬間を間近で見た。

おめでとう!!

※花火の開催日程は長島リゾートHP参考

 

いいじゃんポイント⑤マジで恋する10分前

煌びやかな夜景に
更に浸れる貴重な10分間がある。

それは夜間開館日の閉館10分前。

室内がライトダウンし、
大スケールな光城が一層浮かび上がるのだ。

「まるで光の宝石箱や~!!」
思わず叫びたくなる圧倒的美しさ。

もう四日市コンビナートにキュン死にしそう。

 

420円…いや、プライスレス。

気軽に訪れたポートビルだったが、
なにやら目一杯魅了されてしまった素敵空間。

入場料300円と缶コーヒー120円。
そして、感動はプライスレス。

参考までに
四日市観光協会HPに掲載されている工場夜景マップ。
とてもわかりやすいのでおすすめです↓↓
よっかいち工場夜景マップ

 

Photo by y_imura


四日市港ポートビル「うみてらす14」
住所:三重県四日市市霞二丁目1-1
電話:059-366-7022
開館:10時~17時/土日祝日は21時
休館:水曜(祝日開館)/12月29日~1月3日
入場料:高校生以上 300円/中学生以下 無料

福田ミキ

フクダミキ。OTONAMIE副代表。OTONA MASTER。
仕事は東京の企業の社長秘書兼オフィスワークセンター長。数年前から社会人学生でもある。2014年に夫の都合で東京から三重県桑名市にお引越し。涙したのも束の間、新境地に疼く好奇心。外から来たからこそ感じるその土地の魅力にはまる。この記者が登場する記事
※くわブロにて情報更新中

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で