ホーム 01【食べに行く】 通りの1本外れた所に発見、町の中華料理店@津新町

通りの1本外れた所に発見、町の中華料理店@津新町

シェア

町の人に教えてもらったお店。

津新町駅前を通る伊賀街道を、途中で曲がって入ったところ、
この辺りには時々来るが、教えてもらうまで知らなかったそのお店があった。

「中国茶屋 美山」

昔ながらの町の中華料理屋さん、といった雰囲気で、
入ると夫婦で出迎えてくれた。

外もそうだったが、お店の中も、なぜか初めてじゃないような、
何度か来ているような、そんな居心地の良い空間だった。

壁にちょこちょこ貼ってあるメニューに気移りする。

個人的にラーメンがとても好きで、お目当ての中華そばも見つけたが、
特製チャーハンや天津飯、餃子も、全部食べたくなる・・・。

1人でなかったことを幸いに、最終的に、食べたいものは一通りテーブルに並んだ。

久しぶりに見つけた、回せるタイプのテーブルだった

この日は天気が良く、6月にしては暑い日だった。

壁の張り紙にはハイボールの文字。

ビールも合うだろうなと思ってしまった。餃子とか特に。

無性に飲みたい。

が、時間はまだ昼、そして自転車で来ていた。

諦める。

早く食べたい。

少し急いで写真を撮り、テーブルを回しながら順番につまんでいく。

中華そば・・・美味しい。そして懐かしい。

さっぱりとした細麺で、スープに少し甘さもあって、どんどん食べたくなる。

小さい頃、時々夜更かしして、家族で家の近くを通る夜泣きそばを
家に持ち帰り食べることがあったが、それを思い出した。
(今考えると、なぜ家で食べられたのか?器はどうしていたのだろうか・・・)

餃子も羽付きで、サクッとしている。タレにつけてパクパク食べられる。

マーボー飯はピリッと辛い。甘さも相まってクセになる。
五目そばは野菜とスープの濃さがよく合って、どれを食べても必ず美味しい。

「カレーチャーハン」なるものもあり、
チャーハンに主張の強そうなカレーを入れてしまったら
単純にカレーライスになってしまうのでは、と思ったが
食べてみるとなるほど、「カレーチャーハン」だ。

カレーとチャーハンが絶妙のバランスで、合う。

そして全体的に好みの少し濃いめの味つけで、
カレーチャーハンやマーボー飯はピリッと辛い・・・とても良い。

やはりビールが飲みたかった。

食後、お母さんに少し話を聞いてみた。

お店は33年続いているそうで、今はお2人でお店を切り盛りしているとのこと。

平日のお昼には出前も行っており、店内には岡持ちも見つけた。

周りに会社もあり、出前にも行くので、休日の方がかえって落ち着くという。

常連のお客さんを相手に、ゆっくりと続けていきたいということだったので、
もしこの記事を見て、行こうと思い立った方は、お2人のご負担にならないよう、
休日に行くことをおすすめする。

ビールを片手に、という方は、歩いて行ける距離だと思うので電車で。

 


中国茶屋 美山
・住所:三重県津市西丸之内3−6
・電話番号:059-227-7972

取材日:2018/06/03

やま

大学生。

食べることと1人カラオケが好きで、

好きな食べ物はつけ麺とビール。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で