ホーム 01【食べに行く】 燻った日々に、心に沁みるひとときを。

燻った日々に、心に沁みるひとときを。

シェア

三重県津市にある「大門」という街は、ひと昔前は津市でも有数の歓楽街・繁華街として栄えた地である。
現在はかつての繁栄は見せておらず、いわゆる「シャッター商店街」と呼ばれてしまうようなひっそりとした佇まいだ。
夜の大門に繰り出せば、灯りがついている看板はスナックばかり。
とても大人数で宴会をしに、また1人でしんみりとした酒を飲みに来るような場所には見えないというのが正直な感想である。

 


 

しかし、そんな大門にも足を伸ばしてみれば「あ、こんな店があったんだ」と驚かされることが多々ある。今回紹介する「燻製酒場 煙人」もその一つだ。

 

観音公園の横、大門商店街の入り口にあるカウンターのみのこじんまりとしたバーである。
「燻製酒場」「オールスモーキーフード」という言葉のとおり、フードメニューはすべて燻製されたものが登場する。
しかしながら、店内に足を踏み入れるカウンターを目指す前に必ずこの一角に目を奪われるだろう。

店内に大型バイクが置かれているのである。
その存在感たるや、まるで個人のバイクガレージに迷い込んでしまったかのように思える光景だ。しかもオブジェとしではなく、オーナーが日常的に乗っているバイクであるため、エンジンももちろんかかる。
(ちなみにオーナーに頼めば跨らせてもらえる。記者が過去にいった時はエンジンもかけてくれた)

 

なんだかとんでもない店に来てしまったのではないか。
入る店を間違えてしまったのではないか。
そう不安になってしまう方もいるかもしれない。
前もって言っておくと、記者も初めて煙人に訪れたときはそんな印象であった。が、一度行ってしまえばその雰囲気、オーナーの人の良さ、燻製の味わいにたちまち虜になってしまうから安心して欲しい。
雰囲気に躊躇してしまうかもしれないが、カウンターに目を戻せばここがバーであることを思い出せるだろう。壁に並ぶ数多くの酒瓶、そしてメニューに書かれている文字たちは注文されるのを今か今かと待っているのだ。

席に着くとオーナーの田中祥平さんから「何にしよ?」と声がかかる。
ドリンクメニューはないので、目の前の酒瓶から飲みたいものを探す。
ちなみに最近記者が気に入ってるのは、オーナーからオススメされたウィスキーの「ジャックダニエル」をコーラで割った「ジャック&コーク」だ。
ウィスキー系のドリンクが豊富にあるので、若干大人向けだろうか。
が、カクテルも作るので、女性でもお酒に強くない人でも大丈夫とのこと。

本日フードで注文したのは「燻製たまご」「燻製ソーセージ」「燻製カレー」の3品。
注文が入ると店内に広がる燻製された独特の香りがさらに濃くなり、食欲を刺激する。
作ってもらっている間にオーナーに燻製について伺ってみた。

「燻製はすべて手作り。桜のチップを使って60度までの温度で3時間かけて燻製することがこだわり」
と話すオーナー。見かけ以上に気さくで話しやすく、フードを作ってもらっている間も終始笑いの絶えない時間を過ごす。

1品目の燻製たまご。
一見するとただの半熟たまごに見えるが、食べてみるとしっかり燻製されている。半熟でとろっとした黄身にもそれを包むぷりぷりの白身にも燻製の風味が浸透しており、これだけでお酒が1杯飲めてしまう。

2品目の燻製ソーセージ。
燻製されたソーセージの上に乗るはオーナーこだわりの「アリゴチーズ+フライドオニオン+フライドガーリック」である。ソーセージだけでも美味しいのに、その上に程よい味わいのチーズとオニオン・ガーリックの風味がとんでもなく美味しい一品。この日同行した方も絶賛する、オーナーも一押しのメニューだ。

3品目の燻製カレー。
「カレーが燻製?」と一瞬頭上に?マークが浮かぶかもしれないが、食べてみるとなるほど納得という味。50時間以上かけて作る「燻製の水」を使って作るカレーはとても濃厚。オーナーが常に改良を続けているので、味はその時々によって変わるとのことだが、記者は過去何回か頂いているが、常に美味しい燻製カレーである。

 


 

今回頼んだフード以外でも「燻製たくあん」「燻製スペアリブ」など、頼んでみたくなるメニューがずらっと並んでいる。
どのフードも燻製と素材が絶妙にマッチしているので、ぜひ全メニューを味わって欲しい。

店は21時から翌3時まで開いているので、2次会は1人でのんびりと飲みたい、残業で遅くなったから愚痴りながら飲みたい、そんな方は是非とも訪れて欲しい。
燻った日常にウィスキーを片手に心に沁みるひとときを。

そして「大門」という地はこういった店が点在しているので、今後はこのような店から大門の魅力を、そして津市、三重県の魅力を伝えていきたいと思えたひとときであった。

 


オーナーの田中祥平さん。
とっても気さくで話しやすいお方なのでご安心を。

 

燻製酒場 煙人

住所:津市大門31-30

ノラ

他県から転勤で三重県津市に引越してきました。津市を中心にバイクであちこち訪れています。楽しいところ、美味しいところ、ステキなところを紹介できればと思います♪
得意ジャンル:バイク旅で訪れる各地の道の駅やお店関係、近所の居酒屋やバーなどのグルメ関係などなど!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で