ホーム 04【知る】 検証!全身真っ赤なメリーさんはホントに実在したのだろうか!?@津市

検証!全身真っ赤なメリーさんはホントに実在したのだろうか!?@津市

シェア

みなさんは「津市のメリーさん」をご存知でしょうか?わたしが小学生くらいのときにウワサでは聞いたことがありました。

Mie_kaikan全身真っ赤な衣裳で、三重会館前(23号線・百五銀行新社屋近く)のベンチに座っていて、一日中なにをするでもなくそこに居るというウワサ。

しかし、私は見たことがないのです。
以前とある本を読んでいて「全国各地でメリーさんの都市伝説があるが、ほとんどの場合ホントに見たかどうかを突き詰めると、見ていないという結果になった。」と書いてあったのを思い出しました。小学生くらいのときに見たような記憶が、実はただの妄想だったのに集団的作用でホントに見たかのような記憶になることがあるらしい。

横浜メリーさん

写真は横浜の全身真っ白なメリーさん。この方は実在した方で、映画や演劇にもなっています。そこで津市のメリーさんをネットで検索したのですが、写真が一枚もありませんでした。

「津のメリーさんは実在したのか!?」電話調査で検証してみました。


人アイコン-01OTONAMIEのoguさん。わたしと同じ歳(37歳)でメリーさんが出没していたとされるエリアの小学校を卒業。

人アイコン-05

私が勝手に肉博士と思っている、焼肉七福の稲垣良介さん。私と同じ歳で津市の話に詳しい。

人アイコン-03OTONAMIEのヤスビーさん。私より年上で津市(旧久居市)で育ったので何か知っているかも。

人アイコン-04

ピザポテトや枝豆をお箸で食べる、友人のケンちゃん。津市で生まれ育ったネイティブ。わたしより一つ年上。

人アイコン-02

OTONAMIEのだの親父さん。おそらく津のことは知り尽くしているかなと思い聞いてみました。


それでは調査の開始です!

人アイコン-01

oguさん「そのようなウワサは聞いたことがない。」
おっと!いきなり迷宮入り・・・、かと思いました。

人アイコン-05

稲垣良介さん「小学生か中学生のときに見たことがある。“メリーさんキレイですね”と言うと、1,000円もらえるというウワサもあった。松阪にも二人居たらしい。松阪の方々は国道23号線をひたすら歩いていたらしい。」
そのウワサありました!

人アイコン-03

ヤスビーさん「小学生か中学生のときに見た。おばあちゃんだった。全身真っ赤な衣裳だった。バス停に座っていた。」

人アイコン-04

ピザポテトを箸で食べるケンちゃん「おった!小学生かその前くらいのときに見た。赤いニット帽のような帽子を被っていたと思う。とりあえず全身赤い衣裳。インパクトがあったので覚えている。小森のおばちゃまのような雰囲気。パーマで茶髪だったと思う。垂れ目だった。」
かなりイメージがつかめてきました!

人アイコン-02

のだの親父さん「三重会館の前のベンチに座っていた。毎日のように目撃していた。多分津市に暮らしている40代後半から60代の方なら、目撃した人は多いと思う。しゃべりかけたらしゃべってくれるらしい。むかし、夕方に偶然大門で見つけて、どこに行くのかなと見ていたら乙部の方に向かっていた。」

検証:津市のメリーさんは実在した!

スマホやデジカメがない時代、写真が残っていないのが残念ですが見たかったなと思います。
いろいろな方に聞いていくと、わたし世代(30代中盤)が、メリーさんを目撃したボーダーラインみたいです。

ここでのだの親父さんから追加情報が!

改装前の三重会館という古い建物があり、入口のバスの待合室があり、頭の先からつま先まで真っ赤な衣装に身を包んでいました。そして顔は真っ白に塗られ更に目の周りの黒いアイシャドウ、1年365日夕暮れまでずっとベンチにたたずんでいました。
いろんな“うわさ”もあったと記憶しています。「娼婦である」「好きだった人の帰りをずっと待っている」「戦争で亡くなったご主人、子供を待っている」などなどです。三重会館の改装時には、津市役所のロビーにいたとも聞いています。ただその時は赤色の容姿ではなかったと聞いています。

なるほど。横浜のメリーさんは娼婦だったらしいです。ちなみに名古屋には黄色いメリーさんが居たとか居なかったとか…。

全国各地にご当地メリーさんのウワサ。でもメリーさんと同じ名前で呼ばれていたのは何故なのでしょう。気になりまくって眠れない。

ひつじが一匹・・・ひつじが二匹・・・ひつじが三匹・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で