ホーム 02【遊びに行く】 02イベントレポート 徳川家に仇をなす妖刀『村正』を触れられるのです&持てるのです!

徳川家に仇をなす妖刀『村正』を触れられるのです&持てるのです!

シェア

名刀 村正・・・
三重県指定文化財に指定されており、
徳川家に仇をなす妖刀として知られる刀。

その村正を作った刀匠 村正が、
桑名で活躍した刀工だったことご存知でしたか??


とある夜、
スーツ姿のオジサンたちと
可愛いスイーツを食べながら村正トーク。
IMG_7284以前から興味津々だったのもあり、
纏めてみた。

▼村正って何??
室町末期に桑名で活躍した刀工
そしてその作となる日本刀の名。

▼現在でも知名度が高いのは何故??
徳川家を滅ぼす「妖刀」で知られているため。

・家康が幼少期に手を切った
・家康が関ヶ原の戦いで手に傷を負った
・家康の祖父・清康が殺害された
・家康の長男・信康が切腹

これ全てが村正
よって徳川は村正を嫌悪し、
徳川家の村正は
全て破棄されたといわれている。

▼実は意外と耳にしている・・
村正は漫画やゲームにも度々登場している。
ファイナルファンタジーやプロゴルファー猿、
logo

妖怪ウォッチでは、
邪悪な妖刀に心を奪われ、
血を求めて彷徨う亡霊剣士として登場。

47583667_p0_master1200
©妖怪ウォッチ

必殺技は、邪悪な妖刀で、
敵全体を斬り付けることらしい。

▼そもそも桑名では刀作りが盛んだったの??

そうでもない
現に、村正以外に
名が通った刀工は出ていない。
IMG_20140801_135003_convert_20140801135318
▼では一体どれ位の価値があるの??
昭和11年に、
コレクターが2059円(現在の500~600万円)で
売った記録があるそう。
これは名刀の値段としては、
最高値というわけではない。

▼じゃぁやっぱりなんでそんなに有名なのよ??
徳川家に祟るという伝説があるから。

▼切れ味はいかほど??
日本金属会の本多光太郎博士が
科学的に調査。
切れ味を数値化する実験で、
村正だけは数値が一定しなかったそう。
つまり、抜群に切れる時もあれば、
全く切れない時もあるといった状態。
まさに妖刀・・・・。

▼刃の特徴は?
大きな波紋が波打っており、
刃の両面の波紋が揃っていること。


ほらほら、どんどん村正に興味が出てきたでしょう。

そこで、ドーン!!

日本刀特別鑑賞会実行委員会により
村正体感~日本刀特別鑑賞会』が開催されるのです。
IMG_7298ぬぅ、かっこいいじゃないか

こんな歴史があったのだよ。
あんな因縁があったらしいよ。
じゃぁ村正がなかったら
今の日本は変わっていたんじゃないの??
わわわ。。

目を爛々と輝かせながら
可愛いスイーツを食べながら盛り上がる
いい年したオジサンとオバサン。
DSC_0019

因みにこの時、
オジサンが飲んでいたのは
ニューヨークオレンジ
そして・・また逢おうよ・・の紅茶
IMG_7285素敵じゃんか。

そんな多くの伝説を残す村正を、
今回のイベントでは
触れられるのです&持てるのです
WS003実際に体感すると、
ぞぞぞっと怖さを感じる迫力があるそう

当日展示される刀剣はこちら。

・刀  無銘  則重(鎌倉)
・太刀 銘   吉房(鎌倉)
・脇差 銘   修理亮盛光(室町初期)
・刀  無銘  兼元(室町後期)
・短刀 銘   村正(室町後期)
・刀  銘   (葵紋)康継於越前作(江戸初期)
・脇差 銘   丹波守吉道(江戸中期)
・刀  銘   信濃國真雄
・村正写し

そしてこの度、
長年、眠っていた
初代村正のお披露目もなされます。
WS001430中見は・・・
当日のお楽しみに☆

その他、
日本画家永都叶千氏が
作刀で重要な工程を想像画で描いた
村正の肖像画 初公開。
wOspiY_spgE75ns1471747242_1471747275

桑名の和菓子屋さんが考案した
妖菓村正”が
販売されるというのもおさえどころ
DSC_9829

更に鑑賞会来場者には
村正ルートマップが配布される。
WS000042

事前予約をすれば、
桑名歴史案内人が無料で、村正の歴史ルートを案内してくれるのだ。
WS000041予約:観光物産案内所
電話:0594-21-5416
※1週間前の事前予約要

何やらもの凄い盛り沢山!!

ちょうど同時期に、桑名市博物館でも
「村正-伊勢桑名の刀工一」という企画が開催される。

最近では
”刀剣女子”という言葉が出来るほどで、
日本刀の美しさに魅了されている人が
急増している模様

キテてます、日本刀ブーム!!

 

 


日本刀特別鑑賞会

詳細&お申込みはこちらまで>>>http://www.showa-print.co.jp/muramasa/


 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で