ホーム 02【遊びに行く】 物凄いことになってきたよ、映画『クハナ!』。製作発表記者会見までの道のり・・・。

物凄いことになってきたよ、映画『クハナ!』。製作発表記者会見までの道のり・・・。

シェア

今、桑名市を中心に、
三重県を舞台とした映画「クハナ!」の撮影が行われています。

そもそもの始まりは、
秦建日子監督と、地元桑名で発足した映画部とのプロジェクト。
映画クハナ!プロジェクトが立ち上がった経緯についてはこちら

それが今や、ものすっごいことになっています(;゚Д゚)。

まず遡ること、今年の1月。
製作前報告イベントに集まったお客様は・・1000名以上。
IMG_6226

2000名のオーディションから選ばれたクハナキッズバンドの初お披露目は大好評でした♪

イベント後も撮影に向け、練習に励むキッズ。
tumblr_o3c30cTcr11v82yrwo1_1280

指導は、地元の音楽愛好家方々と、
東京から毎週来て下さるジャズピアニスト立石一海さん。

そりゃもうめきめきと上達するキッズバンドに、周囲の大人たちも感動。。

ご飯はキッズのお母様方の手作りで、
これまたとっても美味しいんだなぁ。
IMG_3109

練習の合間で、
地元の方が、クレープや焼きそばを振る舞ってくれることもありました
IMG_3520

2月には制作のプロ達がどっと桑名入りし、ロケハンぐるぐる。
IMG_3179

制作班の宿泊場所も家財道具も、拠点となる事務所も、台本の印刷も、
地元企業や個人様のご厚意によるご提供。
IMG_3749

苦労していた資金集めも、じわじわとご協力が増えてきた今日この頃です。
ありがとうございますm(__)m

撮影期間に入るまで、秦監督と制作班は桑名⇔東京を行ったり来たり

ある日は桑名で演技指導
IMG_3864

ある日は東京でキャライメージの打ち合わせ。
tumblr_o3c223PEBs1v82yrwo1_540

ある日は桑名で衣装合わせ
IMG_3976

ロケ地にしても、衣装にしても、小道具にしても、
監督の頭の中の世界観を共有し、
どんどん具体化していくクリエイター達の凄さを目の当たりにしています
IMG_3190

映画部も、監督や制作班と協力し、地元力大発揮

週次の制作ミーティングでは、どんどんと新しい人が加わり、毎回決めること盛り沢山。
IMG_3227

映画製作を通し、
このプロジェクトがなければ出会えなかった人達との繋がり”も、かけがえのないものです。

バタバタの中でも、ミーティング後にご飯を食べたり、深夜まで頑張っている制作班にお鍋を届けたり、
同じ釜の飯を食べる」っていいですね。
IMG_3251

心が通う大切なコミュニケーション

もちろんこれまで良いことだけでなくトラブルも多発。
もう何度空中分解しかけたかわかりませんもの((+_+))。。

そんなこんなで色々あったわけだけど、
2016年3月14日、
無事に県庁にて映画「クハナ!」の製作発表が出来ました!!
12063297_912131705571306_4167481679656492258_n

記者会見に来たマスコミ関係者の数は、なんと県庁史上・・最多。
IMG_4207

出演者情報も発表されました☆

松本来夢
久志本眞子(新人)
加藤清史郎

*

磯山さやか
山村美智
宮本大誠
ウド鈴木
馬場ふみか
高垣彩陽
咲良菜緒(チームしゃちほこ)

*

《KUHANA! KIDS》
石川立都
伊藤雛乃
佐々木千惺
中西樹希
中西陽菜
藤原そら乃
山下千遥
横井琉衣

*

須藤理彩

*

多岐川裕美

*

風間トオル

新人の久志本眞子さんは三重県津市のご出身。
三重県の鈴木英敬知事もご出演です。

実はまだ未発表のキャストもいるんです。それはまた後々に( *´艸`)

記者会見の中で、秦建日子監督が嬉しいことを話してくれました。
「三重県は絵になる風景がたくさんあって、町を歩いているだけでいろんなシーンが浮かぶ。ひと目ぼれに近い感覚」ですって❤
http://mantan-web.jp/2016/03/14/20160314dog00m200011000c.html

撮影は3月31日まで桑名市を中心とした三重県内で行われ、9月3日にはイオンシネマ桑名で公開。
順次全国展開の予定です。

加えて、4月1日には河出書房新社から映画「クハナ!」の原作小説が発売されます。
tumblr_inline_o45xzyTDrq1u1pafw_250

巻末には秦監督による東海旅エッセイが掲載

『KUHANA(クハナ)!』秦 建日子 著
2016.04.01発売(予定)


最新情報はどんどん更新していきますので、
応援よろしくお願い致します
公式HP
公式Twitter
公式フェイズブック

撮影風景はこちら
http://otonamie.jp/?p=16341

秦監督と映画部部長視点からの制作秘話はこちら
http://otonamie.jp/?p=22205

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で