ホーム 03【お店へ行く】 どこにでもある雑貨屋さん!?いやいや、違うんです。気持ちが違うんです!@松阪

どこにでもある雑貨屋さん!?いやいや、違うんです。気持ちが違うんです!@松阪

シェア

近道しようと思って迷い込んだ道で偶然見つけた雑貨屋さん。image1

お家を改造して作ってあるようなお店。玄関をくぐると…
image4

テーブルや椅子が置いてあるフリースペースが!

不思議なお店だな…

と思いながら2階の売り場へ上がるとそこにはたーくさんのワクワクする雑貨が!特にキッチン雑貨好きの私にはたまらない!
image5

奥に進むと「いらっしゃいませ♪」と、明るい声が。image6

店主の大西さんが迎えてくれました。何回かこのお店に通うようになり、少しづつ大西さんともお話するように。
お店の名前は大西さんが昔乗っていた黄色い車の名前とのこと。
このお店のオススメ商品は?と聞くと
「ん〜特にないけどね、主婦でも手が届くくらいの物をねって考えるのよ、他のお店みたいにオシャレな物は置けないけど…」
image7

ほんとにどの商品もリーズナブルでついつい買っちゃおっかなっていう可愛いお値段ばかり。image8

下のフリースペースはどうして作ったんですか?

「元々は荷物置き場だったんだけど、勿体なくてお部屋みたいにしようと思ってラグを敷いたら、あ、お客様に使ってもらったらいいんだ!と思って。私、椅子集めるのが好きでどんどん買っちゃうのよね。」と、可愛い椅子をご披露♪
image9確かに店内にはいろんな椅子が。

image10

そして、元々なぜこのお店を始めたかというと、ミャンマーに孤児院を建てるための資金を集めるためだったという!孤児院を建て、経営をしていたが、なんとも毎月高額な資金が必要であり、泣く泣く孤児院はたたんでしまったのだ。
image12

現在は、ミャンマーの商品が売れたら寄附にあて、更にミャンマーでの移動図書館活動に向けて動いているのだという。

image1 2…大西さん。凄すぎます。尊敬します。
キラキラ笑顔の大西さんの思いは壮大なものだったのですね。

ミャンマーのポーチ
ミャンマーのポーチ
可愛いナフキン。これもミャンマーの商品。
可愛いナフキン。これもミャンマーの商品。

ますますこのお店が好きになりました。
「商品を買ってね、なんてあんまり思ってないの。ランチの後とかによってもらって、下のフリースペースでお茶して癒されてくれたらいーなーって」
あー、なんて温かいお店なんだ。

そうそう、今はクリスマスグッズも充実。

綿の花が詰まった瓶を購入。
綿の花が詰まった瓶を購入。

黄色いパンダ

image15松阪に来たときには、愛のある雑貨に、大西さんに会いに行ってみてはいかがでしょうか?優しい時間を過ごせますよ♡


黄色いパンダ
住所:松阪市田村町472
TEL:0598-21-7544
営業時間:open10:00〜close16:00
定休日:日曜・月曜


 

 

 

 

 

nanachiro

nanachiro。OTONAMIE公式記者。三重に産まれ三重で育った30歳。出掛けること、写真を撮ること、郵便局を巡る事が好き。常にカメラを持ち歩き綺麗な風景などを見つけるとついつい寄り道。食べる事も大好きで産直市場に通い詰め、好きな気持ちが爆発し、野菜ソムリエ資格取得。好奇心旺盛なパワフル女子です。得意ジャンル:写真(風景、親子写真、夫婦写真など)・郵便局巡り(貯金してご当地スタンプをもらう)。この記者が登場する映像

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
シェア