ホーム 02【遊びに行く】 伊勢居人〜伊勢で暮らすディープな人たち〜NO.02 中上浩和

伊勢居人〜伊勢で暮らすディープな人たち〜NO.02 中上浩和

シェア

伊勢(いせいじん)≒異星人」。それは伊勢で暮らす特徴あるディープな人たち。そんな伊勢居人の方々の伊勢の暮らしや仕事に迫ろう!というコンセプトの基、書いていきます!

伊勢居人NO.02は、中上浩和さんです!

伊勢市駅の南口から新道商店街を抜け、県道を渡ったところに伊勢高柳商店街という商店街があります。

通称「高柳商店街」。伊勢山田のまちの中でも非常に歴史のある商店街です。特に、高柳商店街で有名なイベントが、6月1日(木)~7月2日(日)夕方5時~夜9時の1,6,3,8のつく日と毎週土曜日に開催される「高柳の夜店」です。様々な露店が並ぶ伊勢の夏の風物詩とも言われています。大正2年に始まり昨年の平成28年には第100回を迎えました。平成29年度は百年夜店の新たな1年のはじまりとして、第101回高柳の夜店を今年も開催しました。

 

その高柳商店街に、「propeller」という子供服店があります。Jam・グラグラ・X-girl・Stages・HAKKA KIDS などブランドにこだわった人気の子ども服を取り揃えており、さらにレディースOKIRAKUも充実しているため、お子様と一緒にファッションを楽しむことができます。

  

さて、そんな中上さん、平成29年9月19日の本日、高柳商店街の一画に「健康麻雀サロンつばさ」をオープンしました!子供服の運営から、麻雀サロン!?さて、そんな中上さんを掘り下げていきましょう!

伊勢居人NO.02中上浩和(なかがみ ひろかず)

Q01_伊勢でのお仕事・活動は何をされていますか?

有限会社キダヤ洋品店 子供服ブランド取扱店「propeller」と、今日オープンしたばかりですが、「健康麻雀サロンつばさ」の運営も始めました。

 

Q02_それはどんな内容の活動(仕事)ですか?

「propeller」は、伊勢でしか買うことができない、当店にしかない子供服の「ブランド品」を扱ったショップです。propellerのコンセプトは”子どもの未来は、世界の未来”。子どもが明るく元気に楽しす過ごす、そんなライフを送ってもらうためのアイテムを揃えています。

「健康麻雀サロンつばさ」は、「飲まない、賭けない、吸わない」(賭けないは当たり前)をなくした健康を目的とした麻雀サロンです。健康を謳うからには、雀卓も手摘みのものを使用し、指先を動かすことで、脳の体操にもなる。そうやって、高齢者や主婦の方が、もっと気楽に麻雀に触れ合ってもらって、更に高柳商店街を利用してもらうようになってもらったら嬉しいと思っています。

  

Q03_どうしてその活動を行っているのですか?

「propeller」は、家業を継承して、今でも新しいことに挑戦していきたいと模索している最中です。インターネットが一般化した世の中では、なかなか手に入りにくいブランドアイテムも、簡単に手に入る時代になってしまった。子供服を売っている店を洋品店ではなくブランド店として見てもらうように取り組んできたが、これからもっと工夫が必要となってくると考えています。

「健康麻雀サロンつばさ」は、propellerの運営をしていく中で、何か新しいことをやりたいと、長い間考えていたのですが、昔、ピンボールがあるBarがあったのを思い出して、ピンボールがありなら、雀卓があるBarというのもありなのでは?と思ったことがきっかけでした。そんなざっくりとしたイメージを持って、色々な知人、友人に相談していたところ、「今、高齢者の間では健康麻雀が話題となっている」という情報があったことから、健康のための麻雀サロンを開こう!という結論になりました。

 

Q04これまでどんな暮らしをしてきましたか?

18歳以降は、子供服の家業で丁稚をしていましたが、東京に修行に出て、色んな人にであって、価値観が変わりました。特に、子供服屋=洋品店でなく、子供服屋=ブランド店という発想は今でも大切にしています。

Q04-2これまでに出会ってきて、自分の人生に大きな影響を与えた人はいますか?

東京の修行でたくさんの人に出会って、その全てが人生に影響を与えて来ましたが、しいて挙げさせてもらうなら、「藤原ヒロシ」さんかな。さっき言った、洋品店でなくブランド店という考え方も彼からの影響でした。

Q05.伊勢の暮らしを通じて、思うこと、感じることはありますか?

今、私は伊勢高柳商店街振興組合の専務理事を努めているのですが、高柳商店街は今閑散としています。なんとかして全店開けることが目標で、イメージとしたら百貨店が横に広がったイメージ。高柳商店街の特徴は、きれいなアーケードと、道幅が広いこと。この空間を有効活用して、イベント等を定着できないかと考えています。

Q05-2伊勢で、今の自分の役割はどんなことだと感じていますか?

高柳商店街のことが常に頭の中にあります。特に、今日「健康麻雀サロンつばさ」をオープンしたことから、ここを中心として、地域の日がより簡単に繋がり、触れ合うことができる場を作りたいと思っています。これまでは、ずっとpropellerのように子どものことばかりに着目していましたが、地域の繋がりを作るには、高齢者にも目を向けないと。伊勢のまちにも独居老人はいるし、女性が持っている麻雀のハードルも下げたいと思っている。18歳以上であれば、誰でも楽しめるし、麻雀のルールがわからなければ、授業もやっているので、自分の役割は、地域が楽しく元気にすることだと思います。

Q06.最後に、そんな中上さんの伊勢に関係する面白い方をご紹介下さい。

なんといっても、うちの商店街には、奥田宗吾というリーダー的な存在がいますし、他にも、ITの分野で高柳の活性化に取り組んでいる中瀬さんも面白いと思います。ちょっと尖った感じの方では、マサイ燃料店の正井さんかな?自身の庭に音楽で盛り上がれる庭を持っていて、イベントを開いたりしているし。ちょっと伊勢とは外れるかもしれないけど。

雀卓は6台完備!最大で24人の方が麻雀を楽しむことができる。

  

販売用冷蔵庫の中は、コーヒーとお茶、フルーツジュースしか置いてない!!

健康麻雀サロンつばさ

営業時間:午前9時から午後7時

ご利用料金:お一人様3時間1,000円、6時間1,800円、9時間2,500円

定休日:木曜日

住所:三重県伊勢市曽祢1-14-16 高柳商店街内

電話:0596-25-1638

ということで、伊勢居人第2号は、取材日が「健康麻雀サロンつばさ」がオープン日だった中上さんでした。これから、麻雀サロンがどれだけ盛り上がっていくのか非常に楽しみです。高齢者だけじゃなくて、18歳以上なら誰でも遊ぶことができるので、伊勢にお住まいの方は、是非遊びに行ってみて下さい!!第3号も、ご期待ください!

 

チシマタカヒロ
千葉県出身。採用につき伊勢市に平成28年に伊勢に移住。現在、伊勢市中心市街地活性化協議会タウンマネージャー。伊勢市の外宮周辺を楽しく元気にするお仕事。元設計事務所で、デザインやアートが趣味。サッカー観戦も好き。 得意ジャンル:伊勢市、まちづくり、建築、アート

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で