近所を散歩してみた。半径500mの奇跡@津市安濃

近所を散歩してみた。半径500mの奇跡@津市安濃

940
シェア

新緑がまぶしい、最高の天気の日曜日。

DSC_0698溜まった仕事を家でしようかな、と思っていた。

DSC_0498奥さんが、何とか言うアイドルのコンサートに出かけていて子守。

DSC_0495「こんな良い天気に、家にこもって仕事なんて、人生損している。」明日できることは、明日することにして、散歩に出かけることにした。

DSC_0486仕事の都合で6年前に引っ越してきて、最近「実は日本の田舎はすごく良いところなのではないか」と思っている。
子ども達に「探検、行くぞ!」と誘ってみた。

DSC_0487

「散歩、行くぞ!」と言っても、ついてこない子ども達。探検。言葉のマジック。

DSC_0596普段何気なく歩いている道だが、探検なので何かないかな、と探してみた。

DSC_0538よく見ると、かなり古い看板。

DSC_0591

ウバ車を前面に打ち出している。

DSC_0589信用ある中部日本新聞社推選の店とある。昔は電話番号がシンプル。

DSC_0592昔は、傘と履き物と指輪が一緒に売られていたと想定される。ディスプレイの想像が付かない。

DSC_0543

写真 2016-04-24 12 08 39

echoが多い。

ご覧のとおり、かなりのどかな感じなので飲食店などないのではないか、と想像されているのではないでしょうか。

DSC_0547 DSC_0570

奇跡的に焼肉屋が一軒あるんです。焼肉ハウスたくみ。奇跡の焼肉屋と呼ぼう。
今まで一回も行ったことなかったので、行ってみました。

DSC_0559牛肉ランチとホルモンを注文。

IMG_3123

DSC_0569内心「何でこんな田舎にぽつんと焼肉屋があるのかな!?どうなのかな。美味しいのかな…。」と不安。

DSC_0568

検証!いろんな焼肉屋に行くのですが、美味しいことが判明しました。勝手に私の焼肉店トップ3にランクイン!
後日、焼肉店を営む友人に焼肉ハウスたくみのことを聞くと「たくみは旨い!」とのこと。焼肉屋が進める焼肉屋。さすが「奇跡の焼肉屋」。

DSC_0577そしてもう一軒。焼肉屋の前の住宅の敷地内に、駄菓子屋があるんです。たけちゃん。こちらは「奇跡の駄菓子屋」と呼ぼう。

DSC_0579よかったです。

DSC_0573 DSC_0574 DSC_0575 DSC_0571

店内に所狭しと並べられた駄菓子。なつかしい駄菓子から、斬新な駄菓子まで種類が豊富です。

写真 2016-04-24 12 15 44

パッケージ、いいね!

写真 2016-04-24 12 11 16写真 2016-04-24 12 14 47 (1)

かなり日焼けしていますが、売り物と想定されます。

写真 2016-04-24 12 12 01

つちのこ、発見!
これはスクープです。
最後までこの記事を読むと、良いことがあるかも!?

写真 2016-04-24 12 13 19

10円きなこもちの大食い大会も行われているみたいです。参加費10円。結果はけっこう僅差です。

なぜ三位が不在なのだろう。

写真 2016-04-24 12 13 19

「こんなヤツらがランクイン!!」って・・・。
私も参加して「こんなヤツ」って呼ばれたい。

DSC_0613

探検は続く。

DSC_0606

現代アートを感じる、トタンの使い方。

DSC_0633

DSC_0511

DSC_0544

DSC_0677 DSC_0602

DSC_0731

普段何気なく見ている景色なのに、視点を変えるといろんなものが新鮮にまた斬新に目に映る。

DSC_0804

県指定史跡を発見!

江戸時代、登世という女性が養女としてこの地に暮らしたお話しです。一心不乱に病気の親のために働き、身を削った親孝行で生涯を終えたという内容でした。それが藩主から認められたとのことです。
詳しくはこちら

DSC_0807

DSC_0811

そろそろ家に帰ろう。

DSC_0822

戦利品、石。

IMG_3157

写真 2016-04-24 12 36 01

当たったらしい。奇跡!?

写真 2016-04-24 12 25 15

検証!こちらも当たるのか!?

写真 2016-04-24 12 32 20

リアルな設定。

写真 2016-04-24 12 32 32

キックオフ!

写真 2016-04-24 12 33 03

オーレー♪ オレオレオレー♪ We are the champ…。

写真 2016-04-24 12 33 51

タイムアッープ!妙にリアルな得点差で、ざんねーん!

DSC_0881

当たり前のように、夕日が山に沈んでいく。
大切なコトは、一番近くにあるのかもしれません。

あなたの暮らすジモトは、世界に一つしか存在しません。
そこには視点を変えると、魅力的なものがあるかもしれません。

最後まで読んでいただいた、アナタに!
ここでサプラーイズ!!

抽選一名様にナント「奇跡のツチノコ(50円相当)」をプレゼント!

厳選な抽選により、発送をもって当選とさせていただきました。

写真 2016-05-02 21 35 12ご応募は▼こちら▼から!

当選は発送をもってかえさせて頂きました。


私の近所:三重県津市安濃町今徳

yusuke.murayama
村山祐介。OTONAMIE代表。OTONA MASTER。
ソンサンと呼ばれていますが、実は外国人ではありません。仕事はグラフィックデザインやライター。趣味は散歩。昔South★Hillという全く売れないバンドをしていた。この記者が登場する記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
シェア