食べたらわかる、チャーミーなスープってやつが@桑名

食べたらわかる、チャーミーなスープってやつが@桑名

5330
シェア

駅前のラーメン専門店『ちゃーみーすーぷ
IMG_2356.jpg美味しいとは聞いていたものの、
中々行く機会がなかった怪しげなお店

提灯もボロボロ
IMG_2371.jpg営業しているのかもわからず、
扉に手をかける。
・・・・開いた。

ガムテープでバリバリに補修された椅子に座る
IMG_2358.jpg

常連さんらしき男性客が結構入っている。
IMG_2363.jpg

人気NO.1の台湾ラーメン(¥650)を注文。
IMG_2357.jpg

待っている間に、
お店のママさん(?)にお手洗いの場所を聞く

どうやらが遠いらしく、一回スルー
再度ボリュームを上げて聞くと、やはり聞き取れなかったよう

最終的に
「お手洗いどちらですか」を大声で4回言うという辱めにあってしまった(/ω\)きゃぁ

そして結局、
店内にお手洗いはなく、向かいの桑栄メイトね。

きたきた、台湾ラーメン
IMG_2359.jpg

そして普通に出てきたチャーハン
IMG_2360.jpg頼んでなくとも、
ここではサービスで、チャーハンが付くらしい。

台湾ラーメンのスープを、浸して食べると完成するチャーハンだそう

じゃぁ、あのメニューは何なんだろか
IMG_2368.jpg

あ、美味しい
IMG_2362.jpgスープがとてもシンプルでさっぱり
昔ながらの醤油ラーメンという感じ

店主に話しかけると、
厨房から出て来てくださった。

ご自身を「おじさん」と連呼していたので、
私も「おじさん」と呼ばせて頂こう。

店名「ちゃーみーすーぷ」の由来を伺うと、
「そんなん見た通り、魅力的ってことやろ」
との事

確かに、ちゃーみーなスープだった

普段、ラーメンのスープは飲まないのだけど、
さっぱりしているので、
ついつい飲み干しちゃったもん
IMG_2365.jpgなんと塩は一切使用していないそう。

またチャーハンにも、おじさんのこだわり。
食べ終えた後のお皿がサラッとしている。
「ダジャレと違うよ」と店主( *´艸`)
IMG_2364.jpg油ギトギトではなく、
優しくヘルシーな中華がこだわりとの事

話の途中、
お客さんが財布忘れたと戻ってきた。

おじさん曰く、
つい最近も50万円入った封筒を
忘れていったお客さんがいたそう。

50万円!?

いつ頃の話が聞くと、
10年以上前だった。

おじさん、それ最近て言わないよ。。


元ボクサーという経歴を持つおじさん。
料理人になってからは、
日本橋のデパートの中華屋さんで働いた後、
27年前に、このちゃーみーすーぷを始めたそう

司厨士1級の認定証の横に、創業当初の写真。
若い。
IMG_2366.jpgなぜか「いらっしゃいませ」2回。
遺影にするらしい。

「おじさん自慢のスープ飲んでってや」と厨房に入れて下さった。

朝5時から
豚15キロ、鶏5キロを炊き丁寧に取ったスープ。
IMG_2369.jpgこれを飲むと、
翌日お肌から、色んなものが出るという。

え?色んなもの!?

透き通ってる
IMG_2370.jpg美味しい
さっぱりとして、全身に染み渡る。
コラーゲンたっぷりだわ

こういうシンプルで美味しいスープを作れる中華職人が最近減っていると嘆いていた。

おじさんのおススメは、
体調が悪い時に、このスープにご飯と卵入れて食べること。

「しんど過ぎて病院も行けない時は、ここまで食べにおいで」
と優しいおじさん。

おじさんありがとう(;_;)
優しさが沁みるので、ツッコミはしないでおくね。

お店が混みだしたので、そろそろ行こうかな
ファンが多いのが納得のお店。

ごちそうさまでした。

 

ちゃーみーすーぷ☆
 住所:桑名市有楽町63
 電話:0594-22-4951
 時間:11:30~14:00、18:00~21:00
 定休:木曜日
福田ミキ
フクダミキ。OTONAMIE副代表。OTONA MASTER。
仕事は東京の企業の社長秘書兼オフィスワークセンター長。数年前から社会人学生でもある。2014年に夫の都合で東京から三重県桑名市にお引越し。涙したのも束の間、新境地に疼く好奇心。外から来たからこそ感じるその土地の魅力にはまる。この記者が登場する記事
※くわブロにて情報更新中

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で