ホーム 01【食べに行く】 年末年始の旅行に向けて朗報!E23 伊勢自動車道 安濃SA(下り)が12月10日にリニューアルオープン!

年末年始の旅行に向けて朗報!E23 伊勢自動車道 安濃SA(下り)が12月10日にリニューアルオープン!

シェア

11月も下旬に入りました。年末年始に向けて旅行の計画を立てている方もいるかもしれません。

旅行の移動手段のひとつとして利用されるのが高速道路。三重県内にもさまざまなSA(サービスエリア)が存在しています。

NEXCO中日本 名古屋支社と、中日本エクシス株式会社 名古屋支店は、E23伊勢自動車道(伊勢道) 安濃(あのう)サービスエリア(SA)(下り、津市大里睦合町(おおざとむつあいちょう))を12月10日(木)6時にリニューアルオープンすることを発表しました。

安濃SA(下り)では、新しい生活様式を取り込んだ「安全・安心」のエリアとして“NEOライフ”をコンセプトに、安全対策の新たな取組みとして、出入口に体温を検測するための「非接触式熱センサー」を設置。

フードコートとベーカリーでは細菌が付着しにくい「抗菌仕様トレー」を導入するなど、これまで以上の感染防止策で、お客さまの安全・安心を確保する予定です。

また、安濃SA(下り)は三重県の中央に位置するため、三重県内各地の特産を活かしたメニューや土産品をご用意して、「お客さま一人ひとりの行き先に応じた新しい商品の販売」を展開します。

ここからはフードコートの店舗を紹介していきます。

うどん・そば『彦べぇ』

写真は、「高虎(たかとら)うどん」  地元の名将、藤堂高虎にちなんだうどんで、肉、天ぷら、きつねの具材を全部のせました。

和洋ダイニング『みくら』

こちらは、「とんてき定食」 、三重のB級グルメで、絶品自家製タレと低温調理の焼き方にこだわった柔らかさが特徴です。

それ以外にも 亀山の家庭料理として広がったグルメで、甘味、辛味、旨味の調和がとれた逸品「みそ焼きうどん」や松阪牛の大判肉をお重いっぱいに盛り付けた「松阪牛大判焼重(期間限定)」 など、三重のグルメが盛りだくさんです。

東海道ラーメン『太光庵(たいこうあん)』

こちらは、「亀山ラーメン」 グルメサイト「ぐるなび」のご当地ラーメングランプリで優勝し、伊勢志摩サミットでも提供された、牛骨と味噌味のスープが特徴のラーメンです。

そのほかにもホットドッグを販売し、毎日焼き立てのパンを提供するベーカリー・テイクアウトもオープン予定です。

またスーベニアショップとして、山崎製パンのコンビニエンスストアとスーベニアショップとの複合型の新業態である「NagisaMart&NYDS(ニューヤマザキデイリーストア)」を新設。

三重県の人気銘菓「笹井屋のなが餅」や、伊勢抹茶をふんだんに使用したオリジナル商品「伊勢抹茶ショコラ」、季節にあわせた和菓子などを取りそろえられます。

他にも、店舗内に「レジャー&スポーツコーナー」を設け、“往路の店”を意識した日常使いの商品や、アウトドアのレジャー&スポーツをよりワクワクさせる商品も。

より快適に生まれ変わった安濃SA(下り)へ、ぜひ一度立ち寄ってみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で