ホーム 01【食べに行く】 二見のアットホームなカフェ 2KOTI(ツーコティ)でコーヒーとスイーツの新しい美味しさ発見!

二見のアットホームなカフェ 2KOTI(ツーコティ)でコーヒーとスイーツの新しい美味しさ発見!

シェア

その日、二見方面をドライブしていた私たち夫婦。

「ここ、もうやってないけど・・。よくライブさせてもらったり、お茶しにきてたり、お世話になった場所なんさ〜」と、旦那さんが、お家のような可愛い外観の建物の前を走りながら説明してくれた。

こんな場所にカフェがあったのか〜と、思ったのが、3年ほど前のことである。

 

”KOTI”はフィンランド語で「おうち」

第2のお家のように、ゆったりくつろいで過ごして欲しい。

その前につけた2には”コーヒーとお菓子”のペアリング。

”2人ではじめるお店”そんな決意をこめて2をつけた。

お店の名前は「2KOTI(ツーコティ)」

 

2人は、rinaさんとnonさん。

出会いは高校の時。出席番号は1番違い。

一緒にカフェを開くくらいの仲だから、最初から意気投合したのかと思いきや、班はいつも別々で一緒お菓子を作ったのは最後の卒業制作の時。

卒業後は同じ専門学校へ進学し、

休みの日にカフェめぐりをする中で「好き」が似ていると感じた2人。

 

その後、2人は別々の場所で別々の某大手コーヒー会社で働き始める。

nonさんは関東を転々としながら、いくつかの店舗の立ち上げに関わり、三重に帰ってきてからは、知人の紹介で鈴鹿にある”coffee uno”さんで働きつつ実家の喫茶店も手伝いはじめる。

rinaさんは三重で、レストランとの掛け持ちをしながらサービスや店舗運営について学びつつ経験を重ねる。nonさんが帰ってくるタイミングで知り合いのカフェに転職し、再びお菓子作りをはじめる。

再び2人が三重に揃い、コーヒーとお菓子、それぞれの準備が整ってきた。

目を引く、可愛らしい白くまのロゴはrinaさんの手描き。

 

実は記事を書いている私、以前rinaさんと一緒に働いていた事がある。

いつも人にやさしくて、一生懸命。夢のためにバイトもかけもちし、季節の変わり目にはよく風邪をひきそうになりながらも働く頑張り屋さん。

夢と現実と間でもがいたり迷ったりしている姿を近くで見ていたし、nonさんが帰ってくる!という過程も途中で聞いたりしていたから、2人の行く末を勝手に心配していたのだ。

椅子や雑貨も可愛い、ナチュラルな雰囲気の店内。

 

そんなある日、私達夫婦は知人から二見のあの場所が違う形で再開するかも!と聞く。

何やら若い女の子が2人でお店を始めるかもしれない。と。

 

・・・あ!

 

2人が始めようとしていた場所は、旦那さんがお世話になったあのお店だったのだ。

大人になると、こんな嬉しい偶然もありますよね。

世間は狭い。

 

 

2人が店舗オープンに向けて本格始動したのは今年3月。5月のオープンに向けて準備を進めるも、コロナウイルスの影響によりオープン延期を余儀なくされる。

その期間、どう過ごしてましたか?と尋ねると

意外にも「お店やるの、今じゃないのかもね!」と、ちょっと開き直っていたそう。

でも2人で過ごす時間が増えたことで、お店の名前やメニュー、やりたい方向性についてしっかり話す事ができた。また、それまでは休日が合わずに、週1程度しかお菓子の試作ができていなかったのがこの期間にたくさんできたんです。と。

その時間があったから、お店をオープンしてからのトラブルやいざこざ。「こんなはずじゃなかった!」を少なくできたんじゃないかと思います。

すべての時間は、きっと2人にとって必然。

全てのタイミングがうまくいったから、今ここにいる。

 

美濃焼のマグは縁の厚みや大きめの持ち手など、nonさんのこだわりが随所に。

社会的な状況が落ち着いたら、

お家でコーヒーを楽しめるようなセミナーや、少し夜遅い時間の営業も視野にいれている様子。

楽しみにしています。

 

ここからは2KOTIのコーヒーとお菓子についてご紹介。

テイクアウトも可能なドリンクには、季節のフルーツを使ったクリームソーダや、さっぱり飲める2種類のエード(グレープフルーツとキウイ/レモネード)

エスプレッソを使用したドリンクは、アメリカーノやチョコバナナエスプレッソシェーク(気になる・・!)

店内で暖かいカフェラテを注文すると、可愛いラテアートも描いてくれます。

ラテアートができるとこ、ついつい見ちゃいます。

 

そしてドリップコーヒーは

・浅煎りのフルーツブレンド

・中煎りのミルクバターブレンド

・深煎りのチョコレートブレンド

なんとも美味しそうな名前のブレンドコーヒー3種は、coffee unoさんで焙煎してもらっている。

もちろん、販売もしてます。

 

そんなそれぞれのコーヒーにはよく合うスイーツがある。

爽やかなレモンソース香るレアチーズケーキにはフルーツブレンドが

バターをたっぷり使ったタルトにはミルクバターブレンドが

濃厚なチョコレートケーキにはチョコレートブレンドが

それぞれ単品で味わうよりも、ペアリングコーヒーと味わう事で口の中の風味の広がり方が変わる。

2KOTIのスイーツはすべて、どれかのコーヒーに合うように作られている。迷ったらぜひ、2人に聞いてみて。

季節のフルーツタルト、この日は無花果。

 

その中から、2人が口を揃えておすすめのミルクバターブレンドとザクザクシュークリームをいただきました。

シュー生地には発酵バターをたっぷり使い、その上にクッキー生地をのせて焼き、オーダーが入ってから再び生地を空焼きし、中にたっぷりのカスタードクリームを詰めるというこだわり。

お家で食べるシュークリームは、どうしてもクリームの水分で皮がしっとりしがち…お店で食べるからこその、ザクっとろっと感を堪能して。

それに合わせるはバランスのとれたミルクバターブレンド。

穏やかな酸味と、後味にまろやかなコクが残る味わいがシュークリームのバター感とカスタードのなめらかさとひとつになる心地よさ。

個人的に、このぷりぷりなカスタードとぼてっとしたフォルムがたまりません。

 

フレンチとワイン、和食と日本酒など

ドリンクとフードのマリアージュにはいろんな組み合わせがありますよね。

でも、知識がないとハードルが高くなりがち・・

2人は「2KOTIのコーヒーとスイーツを通して、ドリンクとフードの新しい楽しみ方や可能性を、色んな人に気軽に楽しんでいただきたい」と語ります。

左がrinaさん、右がnonさん。こだわりを語りだすと止まりません。

今日買った深煎りのコーヒーにはどっしりしたチーズケーキを。

頂きもののフルーツケーキにはこっちの浅煎りコーヒーを。と、組み合わせを考えて選ぶことができると、きっと楽しいですよね。

自宅でのコーヒータイムをより豊かにするため、

まずは2KOTIで至福のペアリング体験、いかがですか?

 

【 2KOTI  coffee&cake 】

伊勢市二見町茶屋572−3

0596−43−3489

11:00ー17:00(16:30LO)

10月から日・月曜日CLOSE

来店前にinstagram(@2koti_)をチェック!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
シェア

この記事のFacebookいいね!数

79