ホーム 01【食べに行く】 #わたしのご近所 香肌峡ルート166をゆく ~松阪市飯南町編~

#わたしのご近所 香肌峡ルート166をゆく ~松阪市飯南町編~

シェア

 

松阪市を通る国道166号線。道沿いをエメラルドグリーンの櫛田川が流れ、香肌峡県立自然公園にも指定されており、バイカーやサイクリストに人気の国道です。

その国道からローカルな道に入ると、地元住民により大切にされている日本の原風景や、ディープなお店が点在しています。

まずは棚田100選にも選ばれたこともある、松阪市飯南町深野地区の「だんだん田」と言われる棚田です。毎年、棚田まつりが開催され賑わいますが、普段は地元住民にしか会わない静かな絶景スポットです。

稲の成長段階により、見る景色が大きく変わります。

5月はまだこんな感じです。

棚田を更に上がっていくと、「白猪山」という山があります。地元小学校の校歌でも歌われるこの山は819.7mの小学生でも上ることのできる山です。ご家族連れでいかがでしょうか。

頂上に行くまでの景色。

子供でも登れます。(滑りやすいので注意)

深野地区からさらに奥へルート166を走ると、地元住民が愛してやまない、お食事処の「つる一」さんがあります。

地元の小学生がたこ焼きやポテトを買いにやってきます。

ついに、つるいちラバーズが待ちに待った夏が来ました!そう、冷やし中華解禁です!冷やし中華にメロンの破壊力をご覧ください。(※スイカや違うフルーツの場合もあり)

胃袋満足のこのボリューム。

冷やし中華にメロンという組み合わせ!

お客さんからは4月あたりから「冷やし中華まだ?」と問い合わせがあるのだそうです。テイクアウトもOK。松阪市テイクアウト支援商品券をお持ちの方は、つる一さんでもご利用頂けます。店主に会うだけでも価値アリです、飯南町のお父さん、お母さんといった感じです。

つる一

松阪市飯南町粥見3698-1

tel:0598-32-7480

日曜定休

 

胃袋が満たされたら、同じ粥見地区相津峠にある「感謝の丘」で、夕日を眺めて癒されてみてはいかがでしょうか。

次回はルート166を更に西へと走ります。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
シェア

この記事のFacebookいいね!数

159