ホーム 02【遊びに行く】 シリアスからコメディまで。そして「ジャッカル」並みの体当たりまでやっちゃうの!?カメレオンを越える変幻自在の演者水野祐樹さんが四日市に来日したのでお会いしました!

シリアスからコメディまで。そして「ジャッカル」並みの体当たりまでやっちゃうの!?カメレオンを越える変幻自在の演者水野祐樹さんが四日市に来日したのでお会いしました!

シェア

<四日市映画祭 会場前にて水野祐樹さん近影>

 

 

いきなりですがあたくし、映画のメイキングが好きで、ちょくちょく見たりしてるのよ。
知的好奇心が抑えられないのよ!

で、動画とかで見てると、画面に映る構図だったり、光で雰囲気や感情を表現したりするスタッフの職人技に感嘆したり。脚本家のストーリー展開の巧みさに憧れたり。一つのことに向かって全員で取り組んでる姿に感動したりするわけです。
だからといって、裏方の方々だけが素晴らしいわけじゃないのよね。
それを演じる方も、凄い方ばかり。
色々な仕草の研究や特訓を経て、しかも撮影現場ではそれを涼しい顔でやってのけたりする。
メイキングではヘラヘラと笑ってたのに、カチンコが鳴るとガラッと顔つきまで変わってしまう。
そう、役者さんって方も職人なのよねー。

さる11月初旬、四日市で映画祭が行われまして。
遥々、兵庫県から舞台挨拶にいらした俳優様がいらっしゃったので、直撃してみました。

<Q1>
まず最初に、OTONAMI講読者の方々へ、自己紹介をお願いします。もしよろしければ、略歴の紹介もお願いします。

<A1>
水野祐樹です。
CM「ユニバーサルスタジオジャパン クリスマス編メイン」
映画「オードリー」勝又悠監督 宮本先生役
映画「MADGIRL〜怒りのデス・ノート」鴨田役
映画「ミズノの帰還」佃光監督 ミズノ役
映画「未来世紀アマゾネス」友松直行監督 田中役
映画「ブレインウォッシュ」越坂康史監督 西堀役>
映画「何も成し遂げず死ぬこと」山口まさかず監督 白神役
など他多数出演しました。

<映画 ミズノの帰還 より>

 

 

<Q2>
定番な質問で恐縮です。俳優に憧れたのはいつ頃でしょうか。

<A2>
高校の頃から、劇団に所属して、再現VTRなどに出演してから

<Q3>
俳優というと、自分のイメージを崩したくないからと、役柄が似かよったものに出演する印象があります。ですが、ニコラス・ケイジばりに仕事を選ばないようにお見受けしてしまうのですが、そんな風にスタンスを決めたきっかけはなんでしょうか。

<A3>
スタンスを決めた訳ではないですが、オファーいただいた作品に出演していたらたまたま(笑)
泣く泣くスケジュールの都合で参加しないこともありますが・・・。

<Q4>
今年も四日市☆映画祭に星野 零式さん製作総指揮の『鉄ドン』が戻ってきましたね。

鉄ドンでは『特攻隊長』の名誉ある役職を頂いていますが、この鉄ドンに参加したいきさつを教えてください。

<A4>
今年も四日市☆映画祭参加できて嬉しいです。
ABC鉄ドンの時に「F」公募してると聞いてFUJIYAMA撮って参加したのがきっかけです。

(補足説明:ABC鉄ドンは、AからZまでのアルファベットがタイトルに入ることがテーマとなって製作されたオムニバス映画です)

<鉄ドン舞台挨拶(左)星野零式さん(右)水野祐樹さん>

<鉄ドン舞台挨拶(左)星野零式さん(中央)佃光さん(右)水野祐樹さん>

 

 

<Q5>
鉄ドンではかなり体当たりの演技が多いですが、鉄ドンの作品を演じる時、あわせて監督をする時に心がけてることってなんでしょうか?

<A5>
鉄ドンでは面白い作品には拍手、つまらないものには「金返せ、金返せ」の怒号が飛ぶように作ってます

<映画 マイルド鉄ドン アホな子 バカな子 マヌケな子より ほら貝>

<四日市映画祭 鉄ドン前説中。鉄ドン知ってる人~と聞いてる最中です。十分知っていても、知らないフリをするのがお決まりになってきています>

 

<Q6>
いくつもの映画にドラマにとご出演されてますが、撮影風景を知らない人が聞いたらびっくりするような現場の裏話とかってありますか?

<A6>
映画「オードリー」のクライマックスの学園祭のシーンで、16歳47人エキストラさんお願いしたが、47歳が16人きました(汗)

<Q7>
「宮田バスターズ(株)」がじわりと人気が上がってますね。短編映画だったのに、長編化も計画があるとか。存じない方のために、紹介をお願いします。

<A7>
宇宙生物駆除を業務とする中小企業を描いた異色SFムービーです。

<Q8>セット丸ごと造形物という、ワクワク止まらないパワーフレーズが飛び出しておりますこの映画ですが、撮影現場ってどんな感じでしたか?

<A8>
出演シーンではないですが、電信柱も車もオフィスも造形物でワクワクでした。前作で家の屋根を実際にぶち破っており、その家に前のりして泊まりました(笑)

<Q9>
ちなみに、「宮田バスターズ(株)」は東海地方での上映遠征しますか?

<A9>
色々映画祭で上映していただいておりますが、東海地方の遠征は、未定ですねー。長編で是非行きたいですね。

<Q10>
三重県のお隣、和歌山県で紀州藩初代藩主 徳川頼宣紀の特集をやってました。その番組内で、合戦シーンに出演されてました。足軽の甲冑姿でしたが、撮影はどうでしたか?

<A10>
夏の川に実際入り撮影してたんですが、水に濡れて夏でも震えるほどでした。
撮影は楽しく無事終了しました。

<Q11>
これから、こんな役をやってみたいという希望はありますか?
また、こんな作品を作ってみたい、という夢がありましたら教えて下さい。

<A11>
お父さん役とかやりたいですね。
今、次回鉄ドンネタ構想中ですねー。

<Q12>
直近の出演作品の上映予定の告知をお願いします。

<A12>
11/29 神戸インディペンデント映画祭「ミズノの帰還」
11/30 神戸インディペンデント映画祭「宮田バスターズ(株)」

公式URL:https://www.mizunoyuki.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
シェア

この記事のFacebookいいね!数

57