ホーム 02【遊びに行く】 02イベントレポート 花とコップと、ものづくり

花とコップと、ものづくり

シェア

2019年6月3日から7月6日まで
四日市近鉄百貨店2階、近鉄四日市駅南改札口「チャオプレッソ」さん横、マツモトキヨシさん前方のスペースにてCreateur Laboさんが期間限定ショップをオープンしています。

 

改めまして・・・
Createur Labo クレアトゥールラボ さんと、お読みくださいませ。

なんかパッと見、品川っぽい!けど近鉄四日市駅構内。お隣は近鉄四日市南改札出てすぐのチャオプレッソさん。

 

Createur Laboさんは、厳選されたクリエイターを集めた期間限定のセレクトショップです。短日開催のマルシェとはまた違う感覚で、お店に通って欲しい。ワークショップに参加して欲しい。そして、今後は様々な地域の空き店舗を一定の期間利用することで、地域の活性化やその地域の作家さんとの出会えるセレクトショップとして日本だけではなく世界にも進出したい。と、藤田さんはおっしゃっていました。代表は桃乃雑貨店 藤田さんとAmorino Connectionの及部さん。今後は東海地域を始め多くの地域で代表のお二人とお二人のオススメするクリエイターさんと出店される予定だそうです。

ちなみに今回が第一回目の開催ということで、なんと!取材が入ったのは、なんと私が第一号!!!(ドキドキしました)


今回は、桃乃雑貨店の藤田さんとAutumn flowerのハナムラさんのお二人が取材を受けてくださいました。

桃乃雑貨店の藤田さんは、
日本はものづくりの国なのに、雑貨屋さんには日本製の雑貨が置かれていない事が多い。日本の伝統工芸品をもっとたくさんの人に知ってもらいたい!使ってもらいたい!!藤田さん自身が全国の伝統工芸作家さんへ直接伺って桃乃雑貨店オリジナルの商品を作って販売されています。今回出品されている商品をご紹介しちゃいます。

薄いガラスのように見えるのに・・・
ぐにゃりと曲がる!食洗機対応!!割れない食器
機織り機で織られる包丁用布巾
新潟県燕市のカトラリー中央パネル右の細長いスプーンは、ご飯用とのこと

私はどうしてもこのご飯用スプーンで親子丼と卵かけご飯が食べたくなり2本購入。しかしながら人気商品のため売り切れなので後日また買いに行きます。こうやってすぐ買ってしまうけど、このスプーンは後悔しない自信がある。さらに、こちらのカトラリーはユニバーサルデザイン(つまり軽くて使いやすい)です。

カトラリーは全て桃乃雑貨店ロゴ付

続いて、Autumn flowerのハナムラさんにお話しを伺いました。

「忙しい方やお花は敷居が高いと感じている方にも、気軽にお花を手に取っていただき、暮らしに取り入れていただきたいという思いで作品を作っています。取り扱っている物は手入れが不要で、置くだけ、吊るすだけで長く楽しめるものばかり。お花の扱いに自信がない方でも安心です」
と、ハナムラさん。

すでに流行から定番のアイテムとなりつつあるハーバリウムですが、ハナムラさんの作る作品は他には無い鮮やかな色合いや高いデザイン性が高評価され、これまで名古屋駅タカシマヤゲートタワー、新宿ルミネ、埼玉の大宮ルミネにも出店されたそうです!実力派!!!

キラキラしてるし、おいしそう
1年ほど前東京の会社で開発された、ウェルカムボードとしても人気急上昇中の「カレイドフレーム」も四日市初上陸!(多分)

ハーバリウムは、ワークショップも週末には開催されますので、ぜひご予約を!

そして我が家のトイレのドアに飾るミニブーケを購入しました♡
(最近、お友達が我が家に来てくれることが増えたので「ブーケのドアがトイレだよ」って言いたい。)


そしてそして、代表であるAmorino Connectionの及部さんのブースもご紹介いたします。

折り紙じゃない織り紙がコンセプト。
何枚もの折り紙を織り込んで作品を作っているそうです。

紙に見えない・・・かわいすぎる!これが織り紙。

指を使って織り込んでいくので、学校や老人ホームなど様々な施設からワークショップの依頼が来ているそうですが、人気すぎて依頼になかなか追いつかないとの事。確かにこれは人気出ますよね。うんうん。こちらも今回はワークショップがあるそうです!やったね!

ワークショップで使う織り紙たちが出番を待っています
これがお花の原型。もちろん及部さんのオリジナル。

日本でも世界でもきっとこのお花はプレゼントとしてもワークショップとしても楽しんでもらえるアイテムになるんだろうなぁとお花に囲まれて妄想してました。


最後に、藤田さんに聞いてみました。
及部さんと藤田さんが互いに共感し合い大切にしている事は何ですか?と。

ものづくりの「楽しさ」「大切さ」を広げていきたい

との事でした。
藤田さん、私は感じましたよ!!!早くご飯用スプーンで卵かけご飯食べたい!!!(涎垂)

 

 

何気ないスプーン一本を変えるだけでも、生活が変わる。
そのささやかな美しさを、四季や美しい日本語があるこの日本に住む私たちはもっと繊細に贅沢に味わっていいと思う、39歳です。
モノに溢れている今、一生大切にできるモノや人との出会いをぜひ
Createur Labo クレアトゥールラボ さんで楽しんでください。

商品や出店者、営業日時の詳細、ワークショップの詳細やご予約はCreateurLaboさんのホームページをご覧くださいね。

最後に写真をいくつか載せておきます。
他の作家さんの作品もセンス良くて、見るだけでもうっとりしちゃいますよ。
写真をクリックすると商品の説明が出ます!

私が1時間程度滞在していた間に、割れないコップがバンバン売れてました。
すげーーー!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で