ホーム 02【遊びに行く】 全126ミュージシャンの頂点に輝いたのは!? @radio3 MIE MUSIC COMMUNE 2016オーディション

全126ミュージシャンの頂点に輝いたのは!? @radio3 MIE MUSIC COMMUNE 2016オーディション

シェア

レディオキューブFM三重の開局30周年記念事業の一環としてM’AXAにて開催された、音楽オーディション「MIE MUSIC COMMUNE 2016オーディション決勝大会」を取材。

スクリーンショット 2015-11-16 11.51.50全126ミュージシャンの音源審査から、勝ち残ったファイナリストの10ミュージシャン。

11162015IMG_008011152015DSC_0189採点は審査員(ソニーミュージックエンタテイメンメント・レディーキューブFM三重)と会場のオーディエンスの投票形式。
会場は満席以上、155人のオーディエンス。
様々なジャンルのミュージシャンが出演することもあり、オーディエンスのスタイルも様々。
緊張感のあるオーディションライブのトップバッターは、The Trash Box。

The Trash Box

11152015DSC_010711152015DSC_0110安定感のある三重県のPOPバンド。superflyやいきものがかりに通じるような、しっかりとした女性Voと、バンド全体のアクティブなステージが印象的。

絵梨めろん

11152015DSC_0112神奈川県のシンガーソングライター。ギターを初めて半年とは思えない、ポップな明るい落ち着いたステージ。キャリアウーマン風のスーツ姿も印象的。

アズマコーダイ

11152015DSC_0115 11152015DSC_0119地元松阪の歌唄い。ストレートなメッセージ性の強い、観る人を惹きつける迫力のあるステージ。審査員とのやりとりでの、笑いを誘うトークで場を盛り上げていた。

AILACHIC

11152015DSC_0122 11152015DSC_0123

地元松阪のヒップホップグループ。駆けつけたオーディエンスも多く、会場を盛り上げていた。MCふたりの掛け合いが心地よく、トークでもボケツッコミで会場をわかせた。女性DJの淡々とした無表情な存在感も一つの武器として審査員から評価。

笑〜emi〜

11152015DSC_0135 11152015DSC_0139ゆったりとしたサウンドに、とても上手な歌が印象的。歌のインストラクター(先生)をされている。聴き入ってしまう、心地の良い楽曲。

Agorophius

11152015DSC_0155 11152015DSC_0156 11152015DSC_0159三重大学軽音楽部の3ピースバンド。疾走感のあるサウンドと、おもしろいリリック。Agorophiusとは、くじらの原種を意味する言葉。「Ago=アゴ」がポイント!? MCでも会場から笑いをとっていた。

ポテトチッパーズ

11152015DSC_0161 11152015DSC_0177 11152015DSC_0180 11152015DSC_0184名古屋で活動するオルタナティブ系バンド。バンド名から、「レッドホットチリペッパーズ」を連想していたが、リズム隊は近いものを感じた。前衛的で実験的な音楽スタイルは、かつてよく聴いていたWRENCHを想い起こさせた。MCでは未だ見ぬ将来の子どもの運動会の為に、ズーム賞(ビデオカメラ)を熱望(笑)。

山口貴正

11152015DSC_0193 11152015DSC_0194

三重のシンガーソングライター。イケメン!とても言葉のチョイスが丁寧で、温かみのあるリリックと包容感のあるサウンドが特徴的。女性ファン多し。

藤森 愛

11152015DSC_0208 11152015DSC_0225

名古屋で活動するシンガーソングライター。小柄な体格からは想像も出来ないパワフルの声量。この日の選曲は、中島みゆきさんを彷彿とさせるイメージ。心の底から絞り出した声と深みのあるリリックで会場を圧倒させた。

空白の夜

11152015DSC_0269 11152015DSC_0279 11152015DSC_0259

三重のエモ系オルタナロックバンド。女性Vo/Ba(ステージ下手)・男性Gt(ステージ中央)・女性Gt(ステージ上手)という、珍しいフォーメーション。静と動がはっきりしていて、ラウドなサウンドとパフォーマンスの男性Gtと、繊細な女性Gtのバランス、女性Ba/Voでしか表現できない独特の世界観が会場を圧倒した。

11162015r1

今回のオーディションには、様々な賞が用意されていた。
まずグランプリには、な・な・なんと、レディオキューブFM三重で、自分達の放送枠が与えられる。さらに3月に予定されている、レディオキューブFM三重開局30周年記念事業のクライマックスの一大音楽フェス、MIE MUSIC COMMUNE2016でのステージ出演権も与えられる。
その他、副賞として、ZOOM賞(ビデオカメラ 提供:ソニーミュージックエンタテイメインメント)や、ソニーミュージック賞(ハイレゾ対応ウォークマン 提供:ソニーミュージックエンタテイメイト)、レディオキューブFM三重賞(オリジナルモバイルバッテリー)などなど。

さて・・・。
栄えあるグランプリは・・・。

11152015DSC_0310

♪ドロル ドロル ドロル ドロル ドロル♪

♪ドロル ドロル ドロル ドロル ドロル♪

♪ドロル ドロル ドロル ドロル ドロル♪

♪ドロル ドロル ドロル ドロル ドロル♪

♪ドロル ドロル ドロル ドロル ドロル♪

11152015DSC_0310

グランプリは・・・

re-DSC_0309

11152015DSC_0311グランプリ、The Trash Box!!!

11152015DSC_0315おめでとうございます!
さっそくインタビュー!

11152015DSC_0328
右前Vo/You25歳・左前Ba/伊藤和孝27歳・右後Dr/森一馬26歳・左後Gt河内孝太23歳

私「バンドを結成されたのは、いつですか。」
伊藤さん「2014年の11月です。」
私「メンバーの方、それぞれのバンド歴はどのくらいですか?」
伊藤さん「前のバンドを入れると5〜6年です。Drの森はバンド歴がけっこう長いですね。」
河内さん「僕も5年くらいですね。」
YOUさん「本格的にバンドはやっていなかったので、がっつりバンドをするのはThe Trash Boxが初めてです。」
私「好きなバンドや影響を受けたバンドはありますか。」
伊藤さん「最初はSuperFlyみたいなバンドがやりたいと集まったのですが、最近ではノラ・ジョーンズとかも好きで色々な音楽を好きで聴いています。」
私「三重県内で活動されているのですか。」
伊藤さん「三重県を中心に名古屋でもライブをしています。自分達がホームと思っているのは四日市です。」
私「因みに、今回グランプリを獲れると思っていましたか。」
伊藤さん「思っていなかったです(笑)。グランプリ獲りたいとは思っていたんですが、実際他のミュージシャンを目の当たりにしたら “皆さん良い演奏されているな…” って。何か賞が頂ければ良いなと思っていました。」
私「音源はどこで手に入りますか。」
伊藤さん「実はまだCDがなくて、12/13に初CDを出します。」
私「音源を出す前にグランプリ!素晴らしいスタートですね。因みにYoutubeなどにはアップされていないのですか。」
伊藤さん「今回とは違うオーディションですがアップしてあります。http://youtu.be/_AAdDATWH4Y からぜひご覧下さい。」
私「バンドとして目指すところはどこですか。」
伊藤さん「始まったばかりなので方向性は定まってませんが、無限大ですね(笑)。」
森さん「やっぱり、多くの人に聴いてもらえるバンドになりたいですね。」
私「今は三重を中心に活動されていますが、将来的に東京などに拠点を移そうと思いますか。」
伊藤さん「そうですね〜、あれがあれば(笑)。」
私「あれが、あればね(笑)。あとお伝えしたことはありますか。」
伊藤さん「ここM’AXAで12月に、忌野清志郎さんのバックバンドやハイロウズでDrをされていた、大島賢治さんと山川のりをさんと一緒にライブをさせていただきます。」
私「今回のグランプリの副賞でレディオキューブFM三重で放送枠をゲットされました。楽しみですね。」
伊藤さん「楽しみです。個人的には以前やっていたバンドでもFM三重さんで放送枠をいただいていたので、また出来ると思うと本当に楽しみです。今のバンドメンバーは趣味などみんな違って個性があるので色んな方に聴いていただけたら良いなと思います。」
森さん「私も、ラジオ放送枠は以前やっていたので楽しみです。」
河内さん「いや、僕もね〜・・・(笑)」
森さん「嘘付け〜(笑)」

The Trash Boxの今後のスケジュール
・12/13 初CD発売 自主企画ライブ @四日市Club CHAOS
・12/27 Live with 大島賢治・山川のりを @M'AXA

キラキラ煌めいているミュージシャンを観ていて、三重発のメジャーアーティストが出る日も遠くない!と思える楽しい時間でした!

11152015DSC_0308

因みに、ZOOM賞(ビデオカメラ)を熱望されていたポテトチッパーズは、見事にZOOM賞を獲得(笑)。未だ見ぬ将来のお子さんの運動会が楽しみですね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で