ホーム 02【遊びに行く】 約500年の水面に映る紅葉を見よう!@津市美杉町

約500年の水面に映る紅葉を見よう!@津市美杉町

シェア

朝晩、冷え込んでまいりましたが、日中は秋晴れ日和が続いていますね。
私の住む三重県津市美杉町の山々の景色も、カラフルに彩られてきました。秋も本番!これから紅葉シーズンですね^^
そこで、今回は美杉町の多気地区にある北畠神社をご紹介したいと思います。知る人ぞ知る!?紅葉の名所でもあります。
大きな大きなイチョウの木は毎年、真っ黄色く染まり、一面に黄色いじゅうたんが敷かれます。

DSC_0826

ちょうど七五三の時期にも重なり、娘たちも着物お構いなしに、はしゃぎまくっておりました。

reDSC_0887-681x457
※写真は昨年に撮ったものです。

同敷地内には、1936年に指定名勝及び史跡文化財として指定された氏館跡庭園があります。今から約500年前も前、第7代当主北畠晴具の義理の父細川国光が北畠氏に嫁いだ際に創られたと言われています。
その歴史ある北畠氏館跡庭園が11月13日・14日・15日の3日間に渡りライトアップ(終了しました)されます!
今回で3年目となる庭園のライトアップ、今年のテーマは「寂庭の宴」

IMG_6932今年のテーマである「寂庭の宴」は、後に信長に滅ぼされる北畠氏の数奇な運命を思い、来場者に歴史的背景を含めて感じて頂きたいとの思いで開催されます。

006

日中の庭園も素晴らしいですが、
ライトアップされた庭園はまた別の表情を見せてくれます。

北畠神社ライトアップ 
※写真提供 境光司さん

どこまでも深く静まり返った水面に、映し出された紅葉が庭園内を鮮やかに彩る眺めは素晴らしいですよ。
是非とも、年に一度のこの機会に、約500年の水面に映し出される紅葉を見に、北畠氏館跡庭園ライトアップへ(ライトアップは終了しました)お越しください。

この記事は、「北畠氏館跡庭園ライトアップ事業実行委員会」の事務局長を務める奥野さんにもご協力を頂きました。

remiDSC_0001そして最後に、奥野さんからこんな言葉を頂きました。

「温古知新」
意味は(古きを敬い、新しきを知る)という事だそうです。
心に染みる言葉をありがとうございます。

開催場所:三重県津市美杉町上多気1148番地
開催日:11月13日14日15日(雨天中止)(ライトアップは終了しました)
開催時間:午後5時30分から午後8時30分
関連情報:レッ津ゴー旅ガイド

また、近隣には赤目四十八岳や香嵐渓もあり、紅葉廻りの締めくくりとしてもオススメのスポットですよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で