ホーム 02【遊びに行く】 手ぶらでこいよ、青い鳥に。@伊勢市

手ぶらでこいよ、青い鳥に。@伊勢市

シェア

「そう、伊勢市駅前ね。手ぶらでおいで。じゃっ」

OTONAMIEではお馴染みy_imura氏。
Ustreetのメンバーでもある彼からかかってくる電話は
大抵いつもなにかしらの含みがある。

NHKのど自慢の予選を前日に控えた金曜日の夜。
不覚にも連日続いた過労が祟り
扁桃腺炎になってた僕は仕事を休んで病院をハシゴしてた最中。
そんな折にもなんとかライブをこなし
文字通りの病み上がりでHP残量は決して多くなかった。
そんな折に彼からの誘い。時刻は21時を少し過ぎている。
明日予選落ちたらあの人のせいにしてやろう。そうしよう。

夜のJR伊勢市駅前。うちから徒歩10分ほど。

JR伊勢市駅まではうちから自転車で約3分ほど。いたって近い。
21時13分の時点で、y_imura氏はこの建物の入り口で
カメラ片手に僕の登場を待っていた。笑顔には矢張り含みがある。

「そうそう、ここの3階。連れて来たかったんだよ」
この青光りしてる入り口。この存在自体は知ってた。ずっと前から知ってた。
なんなら店の名前も、そして何があるのかも知ってる。
ただ実際に自身の足で踏み込む勇気がなかっただけだ。

うーん、この感じ。深い。

うーんこの

ふう。ついにこの店に足を踏み込む時がきたのか。
電話の主は、にやにやしながら僕のスナップを撮りつつ
ついてこいよと言わんばかりに颯爽と入店してゆく。
ならば応えよう。記事起こそう。どきどき。お邪魔しまっす。

がちゃりっ

・・・おお。

青光りする玄関から雑居ビルの2階を抜け3階のドアを開けると
この写真そのまんまの世界が広がっていました。
この距離を移動中に非現実感への導入はバッチリ。
うん。ディープだ。本当そのまんまの世界だここ。


ドラムがあったり

アコギやエレキが壁一面にところ狭しとかけられ…

ほええ。


ふーん・・・・

でもあれだな。楽器弾けたり、歌いたい!って人からしたら
ここ、めっちゃ面白い場所だな。だって全部あるんだもの。

Mr.病み上がりことogurock、
ここいらで静かにじわじわテンションが上がって参ります。

そんなわけで。
すっかり僕の興味の対象となったオーナーさんにお話をお伺いしました。
質問攻めの刑に処す!とばかりにお伺いしました。
そして喋りすぎたので簡潔にまとめるとこんな具合。

「青い鳥」オープンして既に12年目。
ここにある楽器はオーナーご自身の私物であったり、
気心知れた常連さんがお店に預けてあるもの。
いつでも誰でも弾いてもらえる様にメンテナンスされ
高級な楽器は置いてないものの、どの楽器もちゃんと”即戦力”の状態。
どんな高級な楽器でも音を出さない事には何の価値もない。という考えは
僕もオーナーさんもまさに一致。どの楽器もちゃんと生き生きしてます。

青い鳥の由来は、かつてオーナーさんのお父様が所属していたバンド
「青い鳥楽団」からきているそう。楽器を持つ父の背中を追う中で
音楽好きな人たちが自由に楽しく過ごせる場所を作りたいとの思いを乗せて、
この青い鳥を羽ばたかせたようです。

喋れば喋るほど、オーナーさんの優しさや音楽に対する探究心が垣間見えます。
今まで懐疑心全面に押し出してこの階段を登らなかった僕が恥ずかしい。

折角なので僕もちょろっと楽器を持たせてもらう。
どの子もいい感じです。チャッティングバードのエレキとか懐かしいなあ。
よくGIGSとかバンドやろうぜの通販とかで小物とセット販売されててたなー。
ネックも細身で、コキっとした素直な音。とても弾きやすい。
コンプかませてジャズコーラスに繋いだらファンクとか全然イケるな。



たまたまカウンターに友達のミュージシャンがいたので、
ちょっとセッションしてみたり。照明もなんだかよりDEEPになってます。
こうゆうのが自由にできるお店って田舎じゃ結構レアです。

青い鳥、普段は木曜〜土曜の夜営業。
月末などにミニライブが開催される日はワンドリンクで楽しめます。
通常営業の日は、なんとドリンク代すらフリー。行くっきゃない。

こんな人間味溢れるお店こそ、大事にしたいもんです。
世の流行とは全くもって一線を画す、ブレない鳥の翼は青い。

マスター、またお邪魔しますね、手ぶらで!

 

そうそう。実は僕、今年一年かけて
三重県や全国のいろんなお店をギター片手に旅しようと思ってます。
そこで、この記事を一読くださった方にお願い。
「こんな店あるよ!ogurock行ってみてよ!」
なんて場所があれば、ぜひ教えてください。お気軽に。
なるべく、できる限り行って見ちゃいます。
そしてあわよくばあなたもいてください。楽器持って。
全ては、全国に散らばっているであろう新しいドキドキを探すため。
全ては、全国にまだまだいるであろう、まだ見ぬ面白い仲間たちに出会うため。
というわけで次回は三重県の北勢某所に行く予感。。。!
もちろん、y_imura氏に誘われて。笑

今年のogurock、攻めの体制で参ります。何卒!

 

青い鳥
〒516-0073
三重県伊勢市吹上1−3−12
グリーンポイントビル3F

おまけ動画もあわせてどうぞ!(撮影by y_imura氏)

ogurock

ogurock。OTONAMIE公式記者。

伊勢市河崎在住のしがない路上アーティスト。
道端から見た普段の伊勢を、その景色のまま
お伝えできればコレ幸いです。みなさま何卒。
この記者が登場する映像

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
シェア