ホーム 02【遊びに行く】 Jリーグに最も近づいたヴィアティン三重の2020年を振り返るー桑名市博物館での展示から

Jリーグに最も近づいたヴィアティン三重の2020年を振り返るー桑名市博物館での展示から

シェア

2020年、Jリーグ入りに近づいたチームがあった。

「ヴィアティン三重」は、2012年に発足したサッカーチームである。2020年シーズンは、JFL(J1から数えて4番目のリーグ)で最終節までJ3昇格の可能性を残し、最終節に勝てば昇格というあと1歩のところまでたどり着いた(最終順位6位)。

愛知、岐阜に続き、Jリーグに所属するチームが三重県から誕生する。その期待は2020年の三重県をサッカーを愛する者を熱くさせた。

2020年12月8日(火)から13日(日)、桑名市博物館でパネル企画展「Go through!~ヴィアティン三重 2020年の軌跡~」が開催され、1年間の激闘を振り返る機会が持たれた。

今回の記事では、パネル企画展の様子を見ながら、2020年のヴィアティン三重の闘いを振り返っていく。

「シーズン開幕」

コロナの影響でシーズン開幕戦は、7月19日(日)までずれ込んだ。

初戦の相手は、テゲバジャーロ宮崎。場所はこけら落としとなった朝日ガスエナジー東員スタジアム。ヴィアティン三重と同じく、Jリーグ入りが可能な百年構想クラブ同士の開幕戦となった。

Jリーグ入りを目指す両者の闘いは、お互いに負けられない意地のぶつかりあいとなり、スコアレスドローでの決着となった。

2戦目は、リーグ4連覇中の王者 Honda FC。

運動量豊富に動き回り、相手にペースを握らせないまま迎えた38分に、佐藤が待望のチーム初ゴールをたたきこんだ。後半、同点には追い付かれたものの、王者相手に接戦を見せ、次戦に向けて希望を持たせる試合を演じた。

「初勝利」と「連敗」

3戦目は、同じくJリーグ加入を目指すFC大阪。

試合が行われたのは8月末ということもあり、35度を超えるコンディションのなか、前半に古川と塩谷の得点でリードを奪う。

後半に1点を返されたものの、守備陣が奮闘し、今シーズン初勝利を飾った。

4戦目は、MIOびわこ滋賀。シーズン初となる観客を入れてのゲーム。

サポーターの前で勝利を飾るべく、塩谷の得点で先生を奪うものの、後半終了間際に立て続けに初の敗戦。サポーターの前での勝利とはならず、初の敗戦となった。

5戦目は、松江シティFC戦。

悪い流れを断ち切るべく臨むものの、序盤から相手の猛攻に合い、前半に2失点。後半には選手交代から流れを取り戻し、塩谷の3試合連続得点も生まれたが、同点には一歩届かず。

悔しさの残る初の連敗となった。

一進一退の中盤戦

6戦目は、同じ東海地方を拠点とするFCマルヤス岡崎。

スタメンに新戦力を起用し、思い切った顔ぶれで臨んだこの試合は、先制点を許す者の、望月、森主、古川の得点で一気に相手を突き放す。

反撃にあったものの、見事に逃げ切り、ホームでのめでたい初勝利となった。

7試合目は、ヴェルスパ大分。ホームで連勝を目指したが、課題のセットプレーから先制点を許す。

積極的に攻撃を進め、勝利を目指すも、カウンターから追加点を許し、万事休す。ホームでの連勝とはならなかった。

8試合目は、奈良クラブ。J3クラブライセンスを持つ両者は、勝ち点でも並び、互いに負けられない一戦となった。

前半終了間際から相手ゴールに迫る場面が増える者ものの、味方のクリアミスから失点。

後半の猛攻も実らず、シーズン折り返し地点で順位を13位まで落とす、痛い連敗となった。

なんとしてもホームで連敗を阻止したい9戦目は、東京武蔵野シティFC。

前半からパスをつなげ、順調に得点を重ね、3得点を記録。守備陣も相手の攻撃を防ぎきり、ホームで完勝を遂げることができた。

10戦目は、ホンダロックSC。勝ち点で並ぶ相手との闘いは、セットプレーが勝敗を分ける戦いに。

FK・PKから失点し、2点を追いかける試合となったが、85分に野垣内が1点を決め、後半ATにPKを獲得する。しかし、PKは失敗となり、勝ち点1を逃す形となった。

念願の3連勝

11戦目は、ラインメール青森。昇格に向けて負けることのできない一戦は、先制点を許すものの、後半開始早々に古川のゴール、62分には塩谷のゴールで逆転。

アウェーで上位に食い下がる貴重な勝ち点3となった。

12戦目は、三重ダービーとなる鈴鹿ポイントゲッターズ。

序盤から激しい試合となったが、71分に塩谷が先制点をゲット。三重県選手権の雪辱をエースの一撃で果たし、久しぶりの連勝となった。

J3昇格に最も近づいた残り2戦

13戦目は、ソニー仙台FC。

強力な相手に対して、体を張ってゴールに向かっていくヴィアティンイレブン。78分に古川が得点し、最後まで守り切った。

今シーズン初めての3連勝となり、上位に迫る勝利となった。

14戦目は、いわきFC。ともに負けるとJ3昇格の可能性をほぼ失う試合は、意地とプライドのぶつかり合う激闘となった。

CKからエース塩谷が得点を奪うものの、1点を取り返され、その後も猛攻を受けるもなんとかしのぎきった。なんとか勝ち点1を奪い、最終節に希望を残した。

15戦目、最終節は、高知ユナイテッドSC。

他チームの結果がすべてヴィアティンにとって好条件となり、勝利のための1点を目指すもゴールが遠く、一瞬のスキを突かれ、まさかの失点。

最後まで猛攻をしかけるも、無情のタイムアップとなった。

Jリーグに最も近づいた今シーズン、今期の悔しさと期待は来季に持ち越しとなった。

最終結果は、6位。「ヴィアティン三重」は、ファン、サポーターに最後まで希望を持たせてくれたのである。

2020年の闘いは、このメンバーで繰り広げられた。

なかなか勝てない時期は、サポーターも辛い思いをしたが、なにより選手たちが一番苦しい思いをしただろう。

今季はコロナの影響で、第1節から第15節が中止とされ、選手もモチベーションを保つのが大変だったはずだ。そのなかで、最後まで希望を持たせる闘いをしてくれた選手たちには、感謝の一言しかない。

2020年、掴みかけた夢の続きは、2021年に持ち越されることとなった。

2021年の開幕戦は、3月14日に行われる。ホーム開幕戦は、3月21日にFCマルヤス岡崎を相手に行われる予定だ。

2021年の「ヴィアティン三重」の闘いが、もうすぐ始まる。その始まりを三重を愛するものとして追い続けていきたい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で