ホーム 02【遊びに行く】 町で暮らす住民と一緒にまち歩き 鳥羽市中之郷 濱口和美さん

町で暮らす住民と一緒にまち歩き 鳥羽市中之郷 濱口和美さん

シェア

三重県の各町で実際に暮らす住民と一緒に「まち歩き」。

今回、ご協力いただいたのは、鳥羽市の中之郷の濱口和美さん。町で育ち、今を暮らす濱口さんはどんな風景を見ていたのでしょうか。

実際に一緒に町を歩いてみると、数歩進むたびに、歴史や驚きが隠れていました。

鳥羽市中之郷でのまち歩きへ出発

鳥羽中之郷 まち歩き出発点 クボクリからの風景

中之郷は鳥羽市鳥羽3丁目にある地域で、江戸時代〜大正時代の建造物も多い歴史あるまち。では、さっそく鳥羽市中之郷のまち歩きへ濱口さんと出かけましょう。

ぞろぞろ井戸端会議 中之郷とお隣の藤之郷の町境

鳥羽中之郷まち歩き スタート

出発点のクボクリを出て、まずは藤之郷方面へと歩いていきました。

鳥羽中之郷まち歩き 中之郷と藤之郷の境目あたり

濱口「町と町って大体、川や水路が境目になってるの。確かここだったと思うんだけど・・・。」

すると、近くの建物にそそくさと入っていく濱口さん。幼馴染を引き連れ外へ出て、さらにたまたま居合わせたお向かいの酒屋さんも合流。

鳥羽中之郷まち歩き 幼馴染登場

鳥羽中之郷まち歩き 中之郷と藤之郷の境目 井戸端会議1

鳥羽中之郷まち歩き 中之郷と藤之郷の境目 井戸端会議2

ここらへんだったよね。
そうそう。
そこの石から斜めに流れとった。
祭りの時はな、よくここで揉めたんさ。

またたく間に井戸端会議がはじまりました。

ぴっちりつまった壁に二度見

お二人とわかれ、少し右に逸れながらもと来た道を引き返していきます。

鳥羽中之郷まち歩き 子どもの遊び場公園への道

鳥羽中之郷まち歩き 子どもの遊び場公園
濱口さんが小さい頃、遊んでいた公園。今も子ども達の遊び場になっています。

ふと、民家の前で立ち止まりました。

鳥羽中之郷まち歩き 建物の壁がくっついている様子2
何気ない家の外壁に注目
鳥羽中之郷まち歩き 建物の壁がくっついている様子1
お隣さんとの隙間がない!
鳥羽中之郷まち歩き 普通の建物の壁
普通は隙間があります。

濱口「後ろは山、すぐそこが海で土地がちょっとしかないでしょう。当時の土地の活用ね。あとね、当時は間口が広いと税金が多くかかったから狭くて奥行きがある建物が多いのよ。」

鳥羽中之郷まち歩き 奥行きがあるのがわかる場所
わかりやすい同地域の別の建物。なるほど・・・確かに奥行きがあります。
鳥羽中之郷まち歩き 4連屋根の建物1
ぴっちりつまった建物で象徴的なお4軒連続屋根のお家がこちら。

子どもの頃の近道を覗き見

4軒連続屋根のお家の裏側に歩いていきます。

鳥羽中之郷まち歩き 4連屋根の建物裏 秘密の抜け道3
何ともノスタルジックな雰囲気の場所
鳥羽中之郷まち歩き 4連屋根の建物裏 秘密の抜け道1
こっちこっちと濱口さん。
鳥羽中之郷まち歩き 4連屋根の建物裏 秘密の抜け道2
ずんずん進んでいく濱口さん。

濱口「こっちは子どもの頃の抜け道だったの。」

大正の火事の痕跡 道幅に秘密あり

出発地点あたりまで戻ってきました。

鳥羽中之郷まち歩き 大正の火事の痕跡

濱口「ここから道幅が変わっているでしょう。実は大正の火事で、焼けてしまった境目がここなの。だから、私の家の糀屋も大正の建物なのね。」

一家にひとつ蔵がある 商売の町の証

濱口「そこにも、そこにもあるのが蔵。中之郷は商売屋さんが多かったから、蔵を持っているところが多いのよ。」

鳥羽中之郷まち歩き 蔵1

鳥羽中之郷まち歩き 蔵2

中之郷には玉屋河岸、稲葉屋河岸(船着き場)、中之郷が鳥羽の台所といわれるだけあって様々なものが運び込まれる場所でもありました。

鳥羽中之郷まち歩き 山中の謎の小屋

-あの建物は蔵・・・ではないですよね?

山中にポツンと建った小屋を指差して、濱口さんに尋ねます。

濱口「何だと思う?・・・わかんないよね。あそこはお茶屋さんだったの。

小屋の正体は、茶葉を量り売り販売をしていた元お茶屋さんでした。

生まれ育った糀屋さんにある レトロな階段棚

濱口さんが生まれ育ち、現在も暮らしている老舗のお豆腐屋 糀屋さんにっ立ち寄ります。糀屋さんの昔ながらの製法にこだわった限定豆腐は、販売日にすぐに完売になります。

鳥羽中之郷まち歩き 糀屋入口の年季のある店
入口からすぐのところにあるレトロで年代物の棚。

濱口「その棚も小さい頃から本当に変わってないのよね。隣にあるのは階段棚で、うちにもあるけどお隣さんから譲り受けたものなの。

鳥羽中之郷まち歩き 糀屋さんの階段棚
奥の間にある、今も現役の階段棚

濱口「隙間をうまく使う知恵よね。ちなみにここは私のおもちゃ入れだったのよ。今は違うけど。」

鳥羽中之郷まち歩き 糀屋作業場
糀屋さんの作業場を抜けて、
鳥羽中之郷まち歩き 糀屋裏庭の石垣2
裏庭に。見上げると古い石垣が残っています。

当時の遊び場 慈眼山 金胎寺(じがんざん こんたいじ)

鳥羽中之郷まち歩き 中之郷会館
以前は鳥羽信用金庫だった中之郷会館
鳥羽中之郷まち歩き 笹月
以前は銭湯だったお食事処 笹月さん

糀屋さんを後にして、中之郷のお隣の錦町の境目を山側に登っていきます。二手道に差し掛かり、右側の道を見つめる濱口さん。

鳥羽中之郷まち歩き 映画館があった場所
二手道の右側の道。

濱口「こっちは鳥羽城があったころの旧道で、昔映画館があってね。小さい頃は商売屋の家だから親が忙しくて、子どもひとりで映画館に放り込まれて一日中映画をみてた。市川右太衛門とか。市川右太衛門ってわかる?北大路欣也のお父さん。」


階段を登り、慈眼山 金胎寺(じがんざん こんたいじ)に辿りつきました。子どもの頃の濱口さんにとって金胎寺は自宅の真裏にある、思い出深い遊び場でした。

濱口「ここでね、よく小さい頃に糀屋の従業員さんとバドミントンをして遊んだのよ。親は仕事で忙しかったから。糀屋の裏庭から斜面を駆け上がって金胎寺に行ったりして・・・何か懐かしいね。

鳥羽中之郷まち歩き 金胎寺 境内1

金胎寺の境内から鳥羽の町並みや島々も望むことができます。濱口さんは、子どもの頃から何度も見てきた風景。

鳥羽中之郷まち歩き 金胎寺から見える鳥羽の風景

濱口「昔も今も、ここからの鳥羽の風景が好き。海も見えて、いいと思わない?」

鳥羽中之郷まち歩き 金胎寺から見える糀屋の屋根
境内の階段を降りると見える、糀屋さんの屋根。
鳥羽中之郷まち歩き 金胎寺の階段 謎の小屋に舞い戻る
帰り道には、行き道に見上げた元お茶屋さんの小屋にたどり着きます。

私たちが希望を持てる鳥羽なかまちに

濱口さんは実は鳥羽の町づくりを推進する重要人物で、合同会社なかまちのメンバーでもあります。

中之郷や藤之郷、赤崎など、町の住人が一体となり「鳥羽なかまち」と呼んで、これまでに町づくり活動を進めてきました。

鳥羽中之郷まち歩き クボクリにて濱口さん

例えば、町全体で取り組むイベント「鳥羽なかまちマーケット」の開催やコワーキングカフェスペース「クボクリ」を運営・管理しています。

濱口「今度ね、9月末頃に空き家を活用できることになって、シェアハウスにできないかとみんなで話し合っているの。鳥羽の町に興味を持ってもらえたら気軽に来られる、キーになるような場にしたいなって。」

鳥羽なかまちには、一人暮らしで90歳近い方がたくさんいます。濱口さんも仲間も、危機感は常に抱かれています。

濱口「みんな仕事もあるし、お金もかかってくるし、とっても大変よ。それでも、新たな人が住んでくれて、また鳥羽の町を賑やかにしてくれる。そんな希望を私たちは持ちたいの。

鳥羽中之郷まち歩き 鳥羽なかまち クボクリキッチン花清水 豆乳ごまちゃんぽん2

鳥羽中之郷まち歩き 鳥羽なかまち クボクリキッチン花清水 豆乳ごまちゃんpん1
お昼にいただいたクボクリキッチン 花清水さんの鳥羽ちゃんぽん。

濱口さんとの鳥羽市中之郷のまち歩きを終えて

金胎寺で「懐かしいね。」とふと呟いて微笑む濱口さん。

そして、鳥羽の町のこれからを見据え、仲間と新たな取り組みを進める濱口さん。

まち歩きで巡った鳥羽市中之郷と濱口さんの過去の記憶は、現在から、そして、新たな未来へと続いていきます。

今回歩いた鳥羽市中之郷まち歩きのルートとポイントのご紹介

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で